バトルして、ガンではないと分かりました

皆さんにご心配をおかけしましたが、
検査の結果が分かって、
ガンではないことが分かりました。

ご心配をおかけして、すみませんでした。

そして、皆さんに励ましていただけて、
ここ数日の不安を乗り切ることができました。

貴重なお時間を割いて、
コメントを寄せてくださった皆さん、
どうもありがとうございました。


検査の結果、甲状腺に嚢胞が出来ていて、
血液が溜まっていることが分かりました。

その中に結節という小さな塊もありましたが、
いずれにせよ良性で、
手術なども必要ないそうです。

ただ、嚢胞がかなり大きく、
しかも大きくなり続けているので、
針を刺して中身の体液を出すことになりました。

・・・と、この結果を貰うまでに、
また一波乱ありました。


一昨日、会社を休んで結果を聞きに行ったのに
結果が出ていなかったことを書きました ↓

その時、ドクターにこう言われました。

「検査後、24~48時間で結果が分かるので、
結果が出たら、秘書が連絡をしますので、
アポイントを取ってください」

昨日の午後3時の時点で、
検査後48時間が経っていました。

でも、秘書から連絡はありません。

4時くらいに、しびれを切らして
秘書の直通番号に電話してみましたが、出ません。

午後5時少し前に掛けても、やっぱり出ません。

仕方がないので、病院の受付に電話したら、
「秘書に連絡するよう、伝えますね」
と言われたのですが、この時点で、
気持ち的にかなり追い詰められていた私は、
堰を切ったように、こう言いました。

「この方は、折り返しをお願いしても、
一向に折り返しが来ません。
だから、こちらに電話したのです!」

「あら、それはおかしいわね。
彼女は割とすぐに折り返しているはずだけど?」

「いいえ、昨日のアポイントを取った時も、
何度も電話しましたが、応答せず、
やっと誰かが出たと思ったら、
そのままワンギリされたのです!

その後、『忙しいから後で電話する』という
一言だけ携帯にメッセージが入り、
折り返しの電話は来ませんでした」

「え、そんなことが? それは、酷いわね・・・」

「ええ、私も酷い対応だと思います。
今日も何度も掛けていますが、繋がりません。
留守番電話にも繋がらないので、
折り返すようメッセージを残すことすらできません」

「分かったわ。今から私が電話して、
あなたに電話するよう伝えます」

「よろしくお願いします」


その電話の後、20分くらいしたら、
秘書から電話がかかってきました。

「お元気ですか?」みたいな、
一般的な挨拶もなしに、
いきなり言い訳を切り出してきました。

「検査の結果は、まだ出てません。
今日も1日中催促していたけれど、
結果は出ていないから、どうしようもありません」

「でも、ドクターは『24~48時間で結果が出る』
と言っていました。
そして、すでに48間以上経っています。
今、結果が出てないのはおかしいですよね?」

「でも、あなたは違う病院で検査をしたから、
その病院に何度も連絡をしているのに、
結果が出ていないのよ」

「違う病院だとしても、
別に郵便でやり取りしているわけではないでしょうし、
電子データではないにしても、
バイク便などを使えば、結果は手に入るはずですよね?」

「でも、今日ずっと1日中催促しているの。
それに、私はあなたに折り返したでしょう?

私はとても忙しくてずっと働いていたのに
1日中(All day)催促していたのよ。

今だって、こんな遅くまで働いて・・・」

怒涛の如く耳に入ってくる言い訳を聞きながら、
私の頭は妙に冷静になり、
こんなことを考えていました。

「この人、絶対に1日中催促なんてしていない。
きっと1回くらいは催促したかもしれないけれど、
実際、『1日中催促し続ける』なんて不可能だもの。
自分を正当化するために、嘘をついている!」

そう思ったら、無性に怒りが込み上げてきました。

例えば検査結果をチェイスするのを忘れたとか、
実際に検査結果が出ていなくて、
48時間という約束が守れなかったなら、
それについては、責任をもって謝罪するべきだと思います。

でも、彼女は「自分に非はない」と、
子供のように幼稚な言い訳をし続けていました。

ちなみに、追い詰められたイギリス人は
こうやって、窮鼠のように言い訳するのが常套手段です。

相手に反論の余地を与えないよう、
とにかく自分を正当化する屁理屈を並べ立て、
相手に口を挟む隙を与えないのです。

私は、「またかぁ・・・」と うんざりしながらも、
この人は「秘書として働くには未熟なんだな」と思い、
諦めて聞いていました。

でも、何も言わずに聞いている私のことを
御しやすいとでも思ったのか、
さらにこんなことを言い出したのです。

「私はきちんと折り返した」

「電話をワンギリなんてしていない」

この言葉を聞いたときに、
いきなり冷たい水を掛けられたような、
衝撃が走りました。

この人、嘘をついている!!

そう思ったときに、
いろいろな考えが頭の中をめぐりました。

当事者であって、
事実を知っている私に対して、
どうしてこんな嘘をつくの?

私の勘違いだとでも言いたいの?

それとも、私が外国人で、
大人しく聞いているから、
バカにしているの?

などなど・・・

彼女が嘘をついている理由が、
理解できなかったのです。

でも、ひとつだけ、
自分の中で確かな感情がありました。

それは、「自分を正当化するために、
人を丸め込もうと嘘をつくなんて、許せない!」
という、強い怒りでした。

私が大人しく黙っているのをいいことに、
私を丸め込もうとしている・・・? と思うと、
さらに腹立たしい気持ちになりました。

そこで私は、怒涛のように話し続ける秘書に対して、
大きく息を吸ってから、ゆっくりとこう言いました。

「少しお待ちください。

あなたは『折り返した』と言いますが、
何か勘違いされていませんか?

先日は、私が何度もメッセージを残したのに
折り返しが来ないので、午後6時過ぎに、
私が、電話したのです。

あなたが電話してきたわけではありません。
覚えてらっしゃらないのですか?」

すると、相手は一瞬黙った後、こう続けました。

「でも、今日は こうして折り返したでしょう?
それに、検査の結果はまだ出ていないのよ。
ただでさえ忙しいのに、1日中催促したのよ!

だから、検査の結果が分かったら、
こちらから電話するわ」

「検査の結果が出るのは、いつですか?」

「そんなの、分からないわよ。
結果が出た時が、そのときよ」

「でも、ドクターは『最長で48時間』
と言ってましたよ?」

「でも、出てないものは、仕方ないでしょ!」

「では、明日の夕方、検査の結果が出ていても、
出ていなくても、私に電話を頂けますか?」

「だから、結果が出たら電話するって言ってるでしょう!
なんで、結果が出てない場合も
電話しないといけないわけ?」

「それは、あなたの仕事ぶりを信用していないからです。

あなたは『折り返した』と嘘をつきました。

こちらが掛けた電話に対し、
応答しないだけでなく、
ワンギリをしました。

しかも、何度かけても
留守電にすら繋がりません。

プロフェッショナルとは言えない行為を
ごく普通に行っている人の言葉を、
どうしたら信用できるというのですか?」

「そんなの、信用してもらうしかないわよ!」

「あなたが、どのように思うかは関係ありません。

私は、私が受けた経験から、
あなたの『電話する』という言葉が、
信用できないのです。

あなたがどう思おうと、
それはあなたの自由です。

でも、私がどのように思ったかということを
あなたが変えることはできません。

純然たる事実として、
あなたは『折り返す』という言葉を守りませんでした。

これは、私が受けた経験であり、
変えることのできない事実です。

そのような経験を受けた私は、
あなたの『折り返す』という言葉を
信じることはできません」

何も言えずに黙っている秘書に、
私はこう続けました。

「では、もし明日中にあなたから電話がなかったら、
明日の夕方、私のほうから電話して、
本当に検査の結果が出ていないのか、確認します。
それで、宜しいですね?」

すると秘書は「分かりました」と不服そうに言いながら、
電話を切りました。


ここまでが、昨日の出来事なのですが、
今日の朝、9時過ぎに秘書から電話がかかってきて
「検査の結果がでました」と言われました。

「やっぱり出てたんじゃない…」と思いつつ、
ここでも、バトルが開始されました。

というのも、検査の結果を伝えるから、
「今日の午後1時に来い」と言うのです。

上司にもこちらの事情を説明しているので、
無理をすれば、それも可能かもしれません。

でも、あまりに急すぎるので、
夕方では無理か聞いたのですが、
ダメだと言われました。

そして、今日の1時に行けなければ、
来週火曜日のアポイントになる、と言うのです。

そもそも、この秘書の仕事ぶりを
まったく信用していない私は、
こう聞いてみました。

「では、電話で結果を教えてもらうことは
できないのですか?」

すると「確認するから、お待ちください」と言われ、
しばらく保留にされた後、
それでOKだと言われました。

応用が利かないといいますか、
頭が固いと言いますか・・・
どうして、いつも私から代案を提案しているのだろう?と、
彼女の通り一遍な仕事ぶりに呆れてしまいました。

そして、午後1時過ぎに
ドクターから電話がかかってきました。

結果は先に書いた通りですが、
もう一度病院に行って、
嚢胞内の体液を抜いてもらうことになりました。

ドクターとの電話の後、
すぐに保険会社に電話をかけて、
この体液を抜くという医療行為について
支払いがなされるのか確認したところ、
問題なく許可されました。

というわけで、来週の月曜日に病院に行って、
体液を抜いてもらってきます。

ちなみに、この来週月曜の予約は、
私が自分で病院に電話をして、予約をとりました。

ドクターが、例によって「秘書が連絡する」と言ったので、
昨日からの腹立たしさも相まって、
「彼女のことは信用できないので、自分でやります」と、
考えるよりも先に口に出していたのです。

あ、しまった・・・と思ったものの、
今さら言った言葉を消すこともできません。

でも、ドクターは「すみませんでした」と謝りながら、
放射線科の電話番号を教えてくれました。


今回のことでは「ガンかもしれない」と焦っていたため、
かなり強引に、いろいろなことを主張してきました。

そんなふうに強く張する自分は嫌なのですが、
でも、もしそれぞれの場面で強引に主張しなかったら・・・?
と考えると、きっとまだ結果を知ることができず、
不安な週末を迎えていたことと思います。

今回のことで、前にNさんが言っていた、
「この国は、『言った者勝ち』だから」という言葉を
身に染みて理解したような気がします。

黙っていたら、後回しにされてしまう。

黙っていたら「御しやすい」と舐められて、
無責任な対応をされてしまう。

日本によくある「察する」という言葉は、
この国の辞書には存在していても、
その行為自体は存在しないのだと思います。


IMG_8564_800x600.jpg


この記事へのコメント

  • こゆきん

    イチイさん、お疲れ様でした。
    ガンでは無かったとわかって本当に良かったです(^O^)

    しかし、この秘書の無能ぶりには辟易しますね。
    イチイさんが、冷静に相手に言い返すシーン、
    めちゃくちゃカッコイイと思いました。
    日本人特有の、遠慮なんてしてる場合ではないですね。
    自分の命は自分で守らなきゃ!
    2018年09月22日 12:36
  • ミルモ

    イチイさん(^o^ゞ

    癌で無くて本当に良かったよヽ(*´▽)ノまずは一つ解決しましたね。後すこしの辛抱ですよ。ほんとうに良かった(^-^)それにしても酷い対応ばかりで、むちゃムカつくね(`□´)本人にとっては大変な事なのにね。此からのためにね、勉強したと思いましょうね。イチイさんの勝ちだL(‘▽‘)/あと少し頑張りましょう。イチイさんは強い人ですよ、これからも何が有っても大丈夫です。死を覚悟した人間はね、日常の生活してて起こる出来事に負けません。その時は苦しくてもね、ちゃんと解決出来ます。いまのイチイさんは素晴らしいんです。また同じような時は、どんどん自己主張しましょうね。言わないとしない国なら、とことん言いましょう。でも国が変われば人も考え方もまるで違いますね。そんなイギリスで暮らしているイチイさんはやっぱり凄い(*^▽^*)今回は色々大変だったね、気持ちも少し楽になりましたね。身体も心もゆっくり休めて下さいね。・・・(o・・o)/~またね。
    2018年09月22日 13:30
  • ミルモ

    イチイさん(^-^)

    神社の神様にお礼を言いに行ってくるね(^_^)v・・・またね。
    2018年09月22日 13:34
  • BlueDal

    ガンでなくて良かったですね!
    秘書とのバトル・・・ガンガン文句言って、患者があれこれ提案しないと話が進まないのは酷い・酷すぎます。
    不安を抱えた患者相手の仕事なのに、誠意どころか仕事する気なし。これで賃金がでるなんて、信じがたいです。
    イチイさん、そこまで冷静に抗議して事務手続きを進めるって凄い能力だと思います。
    日本しか知らない私には、到底考えられないことです。
    治療、うまくいくといいですね。
    2018年09月22日 17:01
  • ミツミ

    こんにちは。
    ガンではないとのこと、本当に良かったです。
    中途半端なことは言えないと思い、はらはらしつつもコメントを控えておりました。
    一安心ですね。
    でも、秘書の方とのやりとりは本当にお疲れ様でした。。私なら発狂していたと思います。理路整然と対応されてすごいです。

    お家の件は残念ですが、ご縁のもの。
    お家については、そういう仕事をしているひとが近くにいるので聞いていると、うまくいくときは驚くほどスムーズにコトが運びます。
    私のときもそうでした。
    経験は力です。
    今回のことを糧に、本当にぴったり相性のよいお家が見つかるといいですね^_^
    2018年09月22日 19:50
  • ミルモ

    イチイさん(^o^)/

    気分はどうかな(^_^)のんびり出来てますか?ゆっくり寝てね。・・・(^ー^)ノまたね。
    2018年09月23日 17:56
  • たま

    理路整然と論理的に説明して相手に納得させることができましたね、良かったですね。自己主張する方法がわかりましたね。よかったですね。
    日本人のように相手の応対待っているよりも行動起こさせるように説得させることが重要ですね。行動起こせてよかったですね。ガンでなくてよかった。でも中年以降ホルモン減少して更に病気になりやすい体に変わります。気をつけてね!
    2018年09月23日 19:51
  • うりこ

    イチイさん、こんばんは。
    ひさびさにコメント書きます。

    ガンで無くてよかったー!と言う感想と、その秘書はダメだろって感想と。。。
    こう言う書き方すると反感を買いそうですが、経験上、「わたしは忙しい」って自ら言ってしまう人って・・・側から見るとそうでも無いのに本人が思ってるだけってパターンが多い気がします。
    本当に忙しくて仕事をテキパキこなしてる人って、忙しいとはあまり言わないかな・・・。忙しいとか大変とか時間がないとか考えずにとりあえず片付けるのが優先されるから、わたしって忙しい!なんて感じてる周りに吹聴するような無駄なことはしないんではないかなと。
    なので、忙しいとか言い訳しないで、示した納期や約束通りに(もしくは早めに)回答を出してしまいますね。
    何でかというと、次の仕事があるから片付けられるものはしのごの言わずに片付けた方が楽なのを知ってるから。
    長引いて遅れるほど、立て込んできて自分の首が閉まるのでね(´Д` )

    イチイさんが何とも無くてよかったですし、バシッと秘書の人に言われてよかったですよ!
    普段から何でもかんでも強く意思を示す必要は無いと思うんですが、おかしい時はおかしいとちゃんと正せるのは素敵だと思います。

    ガンじゃ無くて本当よかったです^ - ^
    2018年09月23日 21:56
  • たま

    理路整然と論理的に相手を説得できましたね。自己主張の強い国ですから黙っていても何もしませんから大変ですね。とにかく朗報が聞けてよかったですね。でも中年以降はホルモン減少して病気になりやすい年代に突入していきますから油断大敵ですよ!
    とにかく良かったですね!
    2018年09月24日 05:06
  • イチイ

    こゆきんさん、ありがとうございます。
    実は、最初は面倒だと思って黙っていたのです。でも、嘘に嘘を重ねていく彼女の言葉を聞いて、許せない!と思ったのです。遠慮していたら、必要なものは手に入らない国だということを、改めて学んだような気がします。おっしゃるとおり、自分のことは自分で守らないと、ダメになっていくだけのような気がします。
    2018年09月24日 05:44
  • イチイ

    ミルモさん、ありがとうございます。
    はい、一番の懸念事項が片付いて、ほっとしました。心配をおかけして、すみませんでした。酷い対応が多くてムカつきますが、怒っても結果は変わらないか、かえって相手の機嫌を損ねてしまい、さらに酷い目に遭う可能性すらあるので、今回はラッキーだったのかもしれまえせん。死を覚悟・・・というほどでもないかもしれませんが、「あと1年以内に死んだら…」と考えた時に、やりたいことや、これまでの自分の生き方に納得していないことに気づきました。今はゆっくりやすんで、元気がでてきたら、いろいろとやってみたいと思います。
    2018年09月24日 05:46
  • イチイ

    ミルモさん、ありがとうございます。
    神社の神様に、私からもお礼を言いたいです。祈ってくださったミルモさんの優しさ、とても嬉しいです。ありがとうございます。
    2018年09月24日 05:47
  • イチイ

    BlueDalさん、ありがとうございます。
    はい。本当に良かったです。秘書にしてみれば「大勢いる患者の一人」で何の感慨もないのかもしれませんが、私にとっては死活問題だと思っていたので、食い下がりました。ここまでしないと、日本並みのサービスを受けられないことには、ため息しか出ません。
    ここにきて学んだのですが、カッと怒りを感じたとしても、感情的に怒っても何の解決にもならないどころか、かえって相手に「こんな起こるなら、何もしてやらない!」と思われて意地悪されることに気づいたのです。そのため、理論的に反論の余地がないよう落ち着いて話すほうが解決の早道だと学びました。上手な英語で言えたわけではないのですが、冷静に、理論的に、ということを心がけたら、なんとかうまくいきました。治療は簡単みたいなので、もう治ったような気でいます(笑) 本当に健康って素晴らしいと思いました。
    2018年09月24日 05:50
  • イチイ

    ミツミさん、コメントをありがとうございます。
    ご心配をおかけして、すみませんでした。はい、一安心どころか、十くらい安心したような気になりました。健康でいるうちに色々とやってみたい、健康でいられるように気を付けなくちゃ、という気持ちを再確認したような気分です。
    家の件は…今でも時々思い出しては、「あんな弁護士、信用しなきゃよかった!」と頭をガンガン壁にぶつけたい衝動に刈られます。でも、もう過ぎたことは変えられないので、嫌でもなんでも次に向かって進むしかないとも考えています。「経験は力」・・・そうですね。次回は絶対にもっと良い弁護士を使って、弁護士が使えない場合には自分が動くようにしようと思います。私の家、早く見つけたいです・・・がんばります。
    2018年09月24日 05:52
  • イチイ

    ミルモさん、ありがとうございます。
    今日は、チーズケーキを作ってみました。考えてみたら、こちらに来てから自分でお菓子を作ったのは初めてでした。甘党なのもありますが、イギリスのケーキはどうしても甘すぎるので・・・ お料理を楽しめるのも久しぶりな気がします。病気でないと分かって、本当に目の前が明るくなりました。
    2018年09月24日 05:54
  • イチイ

    たまさん、ありがとうございます。
    最初は、何も言わずに黙っているつもりだったのです。でも、黙っているのをいいことに、嘘を重ね始めた秘書の不誠実さに怒りを感じたのです。これまでも色々な目に遭っていますが、その時々に苦労して乗り越えてきたからこそ、こうやって理論的に反論できるようになったのだと思います。そう思うと、苦労も無駄じゃなかったと思えます。
    中年以降は病気になりやすいのですね。気を付けます! たまさんを見習っての野菜ジュースと筋トレは日課になりましたが、まだまだ出来ることがあると思うので、がんばります。
    2018年09月24日 05:56
  • イチイ

    うりこさん、ご無沙汰しています。お元気でしたか。コメントをありがとうございます。
    言われてみれば、本当に忙しい人は「忙しい」などと言っている時間がもったいないと考えているような気がします。仕事を黙々と片づけていかないと、どんどんたまっていくので、文句を言う暇があったら仕事をするぞ!という気合のようなものを感じます。
    今回のことで、私という人間は「言い訳をする人」があまり好きではなく(好きではないけれど許容範囲)、「嘘をつく人」は許せないのだ、ということが分かりました。何を当たり前のことを・・・と思われるかもしれませんが、これまで人に合わせて生きてきたので、自分のことがよく分からなくて流されてきたので・・・こうして、また一つ自分を発見できたのも良かったです。
    2018年09月24日 06:03
  • 灰色バスタオル

    イチイさん こんにちは
    検査の結果が良くて本当にほっとしました。
    異国の地で一人で、忙しくお仕事をしながら
    とても不安だったと思います。私のコメントが少し遅くなって
    しまいましたが、ブログ楽しみにしています。
    では また
    2018年09月24日 22:43
  • イチイ

    灰色バスタオルさん、ありがとうございます。
    本当に不安でした。でも、そんな中でも励ましてくれる人がいてくれることが、支えになりましたし、新たな発見でもありました。ご心配をおかけして、すみませんでした。これから、頑張っていろんなことをしていきたいと思います。これからも、お時間があったら覗きにきてくださると嬉しいです。
    2018年09月26日 02:19