診察料金表を渡す病院

せっかくイタリア旅行をキャンセルしたのに・・・

と、ガックリしてしまったものの、
今日 行った病院は
日本の大病院とは違った意味で、
驚くほど立派でした。

例えば、待合室はこんな感じで、
ナース・ステーションさえなければ、
ちょっとしたホテルのロビーみたいな雰囲気です。

6A47036E-6264-4E2A-A5B4-56FACCD8E6EE.jpeg

しかも、イスに座って3分も経たないうちに、
看護婦さんがやってきて、こう聞いてきました。

「本日は、どちらの先生とのアポイントですか?」

「N先生ですが、30分以上も早く着いてしまったので、
ここで待たせてさい」

「分かりました。では、N先生に電話して、
早めに診察室に入れるか、聞いてみますね」

そして、そう言われて1分もしないうちに、
「N先生のところへご案内します」と言われました。

看護婦さんは、私だけでなく、
待合室にいた全員に同じ質問をしていました。

こんなきめ細かなサービス、
さすが有料の私立病院だと思いました。

でも、たった一言で3万円は
あり得ないと思いますが・・・ ↓

ちなみに、こちらが受付で渡された
問診表ならぬ、診察料金表です。

E32FA25D-7C53-49F2-857A-9B01AB7DE27B.jpeg

「これだけかかるから、覚悟してね」ということらしく、
この書類を渡されたときに、
「保険会社が払わないことになったら、自分で払うこと」
という誓約書への署名を求められました。

さすが高い料金の病院です。
回収し損ねないよう、
きちんと手を打っているのですね。



この病院は広く、とても清潔で、
患者さんたちも生活に余裕のありそうな人たちばかりでした。

病院内の廊下はチリひとつ落ちていないし、
壁には絵画が並び・・・

F0F9765B-AC17-46B2-B87F-0647B0FF2E6C.jpeg


病院内には、立派なクーポラのある教会もありました。

3E4678E0-21FE-4E40-8790-DAAC12F6A450.jpeg


教会内には、前ラファエラ派っぽいモザイク画が
何枚も飾られています。

3283A81F-F605-4F45-B9A9-B9910708212F.jpeg


何もかもが規格外と言いますか、
普段行っている診療所と雲泥の差があり、
本当に驚きました。

きっと政治家はお金をもっていて、
はこういう病院しか知らないから、
一般病院の問題点を身をもって感じることなく、
診療所の質が改善されないのかもしれません。


とはいえ、病院がいくら立派でも、
先生がいくらしっかりしていても、
アポイントをとった秘書がいい加減な人で、
今日は丸1日無駄にしてしまったので、
この病院に対する印象は決して良くないのが、
残念です・・・

この記事へのコメント

  • ミルモ

    イチイさん(^o^)/

    何かホテルみたいな病院だね、お金持ちだけ行ける病院ですね(..)ぼったくりすぎだね。見た目だけ良くて肝心な所が駄目な病院だ。私みたいなのが行けないね、死んじゃうな!Σ( ̄□ ̄;)日本で良かったって思ってしまいました。病院はね。いちよう、お金無くてもみてくれるしね。・・・体調にはどうかな、ご飯食べられるかな?食欲無くても何かお腹に入れて下さいね。寒くなってきてますよ、風邪引かないようにね。今雨が沢山降ってますよ、寒くて長袖着てます(^_^;)・・・(^ー゜)ノまたね。
    2018年09月20日 13:19
  • イチイ

    ミルモさん、ありがとうございます。
    イギリスの医療制度は日本と少し違っていて、しいて言うなら医者が病院のスペースを借りて治療している感じです。だからドクターは個人営業で、秘書も彼が個人的に雇っているので、その病院の職員ではないようです。病院が良くても、中身がダメだと意味ないですよね。
    今日はいろいろとありましたが、気持ちが軽くなったので元気です。野菜を中心に、食事もしています。こちらも寒くなってきました。ミルモさんも体調には気を付けてくださいね。
    2018年09月22日 07:37