ヘレン・アリンガムという画家

先日、水彩画を買いました ↓

1つは届いたのですが、
まだ写真を撮っていません。
額を買って来るまでは、
もともとのパッケージに入れておこうと思い、
まずは額を注文しました。

そして、私も水彩画が欲しいな・・・
と思うきっかけになったのが、
ヘレン・アリンガムとうい女性が描いた、
こちらの水彩画です。

A2FD6CEE-6510-4F1A-9EB1-8D9A92DB6200.jpeg

イギリスの田舎の風景で、
エニシダやヒースが咲いているので、
おそらく環境の厳しい平原のようです。

この絵の色合いが気に入って、
いつまでも眺めていました。

Fenton House の階段に飾ってあって、
最初に行ったときは見過ごしていた、
小さな水彩画です。

Fenton House 内には、
割と沢山の水彩画が飾ってあって、
画家によって色使いや
筆遣いが違うのが分かります。

今日は温かな陽気だったせいか、
大勢の人たちが訪れていました。

お庭も、遠くから見ただけでも、
色鮮やかな秋の花で彩られているのが分かります。

72608A18-4A79-43E2-AFCF-4196C3CEAB90.jpeg

ところで、今日なんとなく気になったのですが、
こちらのデスクランプの横に飾ってあるもの、
ラーメン丼のように見えます。

119B7849-A7C2-454F-9ECC-DC7AFD2AF2B9.jpeg

近づいて見ても、
やっぱりラーメン丼にしか見えません(笑)

520302C4-8937-4321-A9E7-84F76393EA31.jpeg

ガイドさんも由来をご存じないそうで、
おそらく中国のものだろうとのことですが、
目的は良く分からないそうです。

模様が鮮やかだからか、
オーナメントとして扱われていましたが、
私の目には、ラーメン丼が、
あたかも重要なもののように飾られているようにしか見えず、
なんだかしっくりきませんでした。

この記事へのコメント

  • こゆきん

    素敵な水彩の絵ですね(^-^)
    届いた絵がblogにアップされるの楽しみです(^O^)

    ヨーロッパの家に絵をたくさん飾るのは、
    当たり前みたいですね。
    昔は窓が小さく、部屋が暗いから、明るくするために絵を飾っていたと、聞いたことがあります(^△^)

    ラーメンの器には笑いました(≧∇≦)

    2018年09月10日 16:47
  • ミルモ

    イチイさん(^3^)/

    素敵な水彩画(^∇^)私も欲しくなりました。イチイさんの絵もお部屋に早く飾りたいね(^-^)・・・どうみてもラーメン丼だね、似たようなの家にあるし。イギリス人から観たら、アートなのね( ̄∇ ̄;)楽しいね。・・・(o・・o)/~またね。
    2018年09月10日 17:38
  • イチイ

    こゆきんさん、ありがとうございます。
    そうですね、せっかく届いたのだから封筒に入れておくのももったいないですよね。後で写真を撮って、近いうちにこちらで紹介しますね。
    イギリスでは18-19世紀にかけて窓税(Window Tax)があったそうです。窓の数によって課税されていたそうですので、窓を少なめにしている建物が多かったのかもしれませんね。
    ラーメン丼・・・やっぱり、ラーメンの器に見えますよね? 何がアートになるのか、分からないものですね。
    2018年09月12日 05:24
  • イチイ

    ミルモさん、ありがとうございます。
    はい、ちょうどよい額があると良いのですが、飾るのが楽しみです。
    やっぱりラーメン丼に見えますよね? 中国の陶器が沢山あるのですが、ときどき「?」と思うものがあったりして面白いです。
    2018年09月12日 05:36