Disney's Christopher Robin プーと大人になった僕

昨日、「Disney's Christopher Robin」を観てきました。

邦題は、「 プーと大人になった僕」となっているようで、
文字通り、大人になったクリストファー・ロビンと
プーさんたちの話です。

きっと見た人によって印象は違うのだと思いますが、
私は、少し中途半端なお話のように感じました。

プーさんたちが動いているのは可愛いのですが、
オールド・プーのような,
割とリアルなプーさんたちなので、
ディズニーのアニメキャラクターに比べると、
どうしても可愛さが少し劣るような気がしてしまうのです。

クリストファー・ロビンが働いている会社での出来事も、
「ファンタジーだから・・・」と納得して観ていたつもりですが、
中途半端に現実っぽいために、
完全なファンタジーやコメディーとして割り切って楽しめず、
「いや、そんなこと、ありえないよね~」と
思わず突っ込んでしまいました。

でも、この点については、
もしかしたらロンドンに来たことのない人にとっては
「中途半端に現実っぽく」は感じなくて、
まるきりファンタジーとして楽しめるのかもしれません。

たとえば、クリストファー・ロビンが勤める会社は、
私が通勤の途中で目にしているエリアにある設定なのです。

だから、Bank of England 周辺など、
普段見慣れている景色を背景にして、
プーさんたちが動き回っていたので、
妙に現実っぽく感じただけのような気もします。

見終わった後には ほっこりとした気持ちになりましたが、
なんだか完全なファンタジーとして、
映画に入り込むことができなかった気がしました。

E6E3E08F-07C8-494F-B966-BB0B080D37E3.jpeg

この記事へのコメント

  • ミルモ

    イチイさん(^o^ゞ

    そうなのね( ̄O ̄)楽しめたんなら良いしね(*^_^*)色んな映画を観ましょうね。日本のとかもあるのかな?・・・のんびりしてね。(o・・o)/~またね。
    2018年08月26日 23:53
  • イチイ

    ミルモさん、ありがとうございます。
    日本のは、よほど有名にならないと上映しないと思います。いわゆるミニシアターではなくて、大衆的な映画館なので・・・次は Mission Impossible か Mamma Mia を見て来ようと思います。
    2018年08月27日 05:09