ナショナルギャラリー

昨日は、ナショナルギャラリーに行ってきました。

好きな絵が沢山あるので
時々行っているのですが、
昨日は好きな絵があるエリアが改装中で
お目当ての絵の幾つかが
展示されていませんでした。

残念でしたが、
9月の後半に工事が終わるそうなので、
そのときまで我慢するしかありません。

昨日見ることのできなかった絵のひとつが、
こちらです。

IMG_4291_800x600.jpg

イタリアのルネッサンス期の画家で、
フィリッポ・リッピという人が描いた受胎告知です。

フィリッポ・リッピは、
あの「ヴィーナスの誕生」で有名なボッティチェリの師匠でしたが、
いわゆる「なまぐさ坊主」として名高い僧侶でした。

しかし、時の権力者である法王に気に入られていたため、
特別待遇を受けて、
僧侶であったにもかかわらず、結婚しました。

しかも、彼の結婚相手も、
ルクレツィアという名前の修道女だったのです。

この辺のエピソードには面白いものがあるのですが、
それはまた何か機会があったら
お話させていただくかもしれません。

ただ、ひとつだけ言わせていただくなら、
当時の修道院は孤児院を兼ねていることが多かったため、
僧侶になりたい人だけが修道院に入るわけではなく、
孤児が、やむを得ず僧侶になることも多かったそうです。

そんなふうに、人生に流されて僧侶になった人たちは、
きっと煩悩を断ち切ることが、
出来なかったのでしょうね。

ちなみに、フィリッポ・リッピの息子は、
ボッティチェリの弟子で、
名を遺す画家となりましたので、
個人的には、フィリッポ・リッピが「なまぐさ坊主」で
良かったと思っています。

そうでなければ、
現在残っている素晴らしい絵画の幾つかが
この世に生まれ出なかったかもしれませんから・・・


私は、この絵を見ているだけで、
周りの音が聞こえなくなるような錯覚を覚えます。

静謐という言葉がぴったりな荘厳さのなかに、
ふんわりと優しい、
春風のような柔らかい雰囲気を感じるのです。

特に、少しだけ上目遣いで
マリアを見るガブリエルの姿が大好きです。

IMG_4293_800x600.jpg

有難いことに、ナショナルギャラリーは入場無料なので、
行くたびに2-3枚の絵だけを見て、
好きな絵の前で、好きなだけ時間を過ごしています。

早く、またこの絵を見たいです。


私は、どうやらストレスが溜まってくると
無性に好きな絵画を見たくなるようです。

じーっと見ていると、
その絵に気持ちが取り込まれると言いますか、
現実を忘れることができるのです。

週末のナショナルギャラリーは混んでいるので、
金曜の夜に行くことが多いのですが、
とても人の多い日曜日に行きたくなるほど、
ストレスを感じてるんだなぁ・・・などと思いつつ、
大好きな絵が見れなくて、心残りな日曜日でした。

そして、そんな欲求不満が高じて、
来月、イタリアに行くことに決めました。

私の一番好きな画家である、
ジオットが描いた壁画を見に行くのです。

会社を2日ほど休むことになりますが、
2泊3日なので、1日中ずっと、
大好きな絵を眺めていることがきるはずです。


この記事へのコメント

  • こゆきん

    フィリッポリッピ、絵の繊細さや正確さ、宗教絵画独特の荘厳さとは対照的に、彼の人生は奔放だったんですね。
    画像検索したら、特にマリア様の絵が多かったです。
    女性好きが影響してるのかな。
    私も絵が好きなので、この画家のことが知ることができて良かったです(^O^)

    2018年08月14日 06:18
  • イチイ

    こゆきんさん、ありがとうございます。
    きっと、そのマリア様の絵はフィレンツェのウフィツィ美術館にあるものだと思います。横顔で、両手を合わせて祈っているマリア様ではありませんでしたか? その絵は、妻である元修道女のルクレツィアがモデルなのですよ。そして、その絵には天使が2人描かれていますが、その2人もリッピとルクレツィアの子供です。大きいほうが、フィリッピーノ・リッピで、ボッティチェリの弟子になった少年です。
    「なまぐさ坊主」なんて書きましたけど、大恋愛した奥様のことが大好きで、きっと子煩悩なお父さんだったのかもしれませんね。
    2018年08月14日 06:36
  • ミルモ

    イチイさん(^-^)/

    素敵な絵だね(*´-`)その時代の事を考えながら絵を見てるのも楽しい時間ですね(*^^*)イタリヤに行くんですね(о´∀`о)楽しい旅になりますように(〃^ー^〃)楽しみですね(*^-^*)・・・(o・・o)/~またね。
    2018年08月14日 15:25
  • イチイ

    ミルモさん、ありがとうございます。
    はい、30年近く前に行ったアッシジという街に行ってきます。巡礼地でもあるのですが、そこにある教会の壁画が大好きなのです。なんだか無性に見たくなってしまったので、行くことにしました。来月なのですが、今から楽しみです。
    2018年08月16日 07:41