家に引きこもっていました

昨日の土曜日、
青空が広がっていたのですが、
とても強い風が吹いていました。

部屋の窓から見える、
大きな樫の木の枝が大きく揺れていて、
梢と葉が擦れあう音が
絶え間なく聞こえていました。

私は、雨の降る音や
風で揺れる木々の音に包まれていると
なぜか落ち着くのです。

もしかすると、
子供のころに住んでいた家が、
車や人通りの多い道沿いにあって、
常に物音が聞こえていたからかもしれません。

今のアパートは大きな裏庭に面しているので、
朝に鳥のさえずりが聞こえるくらいで、
夜はとても静かなのです。

ここに引っ越してきた初日は、
あまりに静かすぎて、
眠れなかったくらいです。

ザワザワとした物音が耳に心地よく、
ベッドの中で丸まっているだけで
なんとなく落ち着いた気分になります。

昨日は、そんな気分で
ベッドのなかで丸まっていましたが、
昼過ぎくらいに、
せっかくの休日に一人で過ごすしかないことに
寂しさを感じました。

すると、どんどん暗いほうに考えが向かっていき、
いつも土曜の午後にはジムに行くのですが、
そのままベッドの上で丸まっていました。

やらなくちゃならないことはあるのに、
なにもする気が起きません。

以前に比べたら元気と言いますか、
前向きな生活をしているとは思いますが、
昔、自分が思い描いていた将来とは
天と地ほどの差があります。

あのときに、ああしておけばよかったのかな?

あのとき、こうしていれば良かったんだろうな。

そんなことばかりが、
幾つも幾つも、とどまることなく浮かんでくるのです。

今さら悔やんでも仕方ありません。

でも、悔やまずにはいられないのです。

過去は変えられないのだから、
今からどうにかできるのは、未来だけです。

それは分かっているのに、
何をどうしたら良いのか、分かりません。

それに、こんな年になって、
老眼にもなりつつある私にできることは
かなり限られています。

若い頃から、目的をもって
頑張って生きてこなかった、
そのツケを払っているだけのこと。

そう自分を納得させようとしましたが、
そのうち考えるのが嫌になってしまい、
本を読んだりして、
現実逃避して1日が終わりました。


そして、今日はボランティアに行ってきました。

本当は、行きたくなかったのです。

朝、雨がしとしとと降っていて
昨日の風の音と同じように
妙な心地よさを感じたので、
ベッドの中で丸まって
ずっとグズグズしていたかったのです。

でも、昨日の無為な1日を思い出し、
自分に鞭打つような気持で、家を出ました。

雨が降っていたこともあり、
ボランティア先に遊びに来る子供も少なく、
普段よりは静かな日でした。

昼過ぎにボランティアを終えたとき、
せっかく外に出たのだから、
どこかに行こうと思い、
近所のFenton House に行ってきました。

絵画が痛むからだと思いますが、
落とし気味の照明に沈む込むような室内から
窓の外のカラフルな光景が目に入りました。

IMG_8124 (2)_800x600.jpg

すぐそこに、ほんの数十歩だけ ここから移動すれば、
あの明るい光の下に出られるのに、
この暗い場所が妙に居心地が良くて、
庭に行こうと思いつつ、
それほど広くないお屋敷の中を
行ったり来たりしていました。

暗いところが居心地いいなんて、
ちょっと鬱病っぽいのかしら?

そんなことを思いながら、
思い切って、外に出てみました。

IMG_8138_800x600.jpg

今朝は絶え間なく雨が降っていましたが、
いつの間にか、曇り空に変わっていました。

水不足だというのに、
色とりどりの花たちが元気に咲いています。

きっと、ガーデナーさんが
きちんとお世話してるのでしょうね。


IMG_8139_800x600.jpg

庭の奥には小さな果樹園があって、
リンゴの木がたくさんあります。

もうすぐ収穫できそうなくらい、
大きく実っていました。

IMG_8134_800x600.jpg

すでに赤く色づいているリンゴもありました。


IMG_8137_800x600.jpg


お花に囲まれたベンチで休憩したり・・・


IMG_8133_800x600.jpg


夏らしい、元気なヒマワリを眺めたり・・・


IMG_8135_800x600.jpg


お散歩しているうちに、気が紛れてきました。

そして、この花壇を見たときに、
去年の花壇を思い出しました。

IMG_8136_800x600.jpg


下の写真が、去年の写真です。


IMG_1235_800x600.jpg

何となく、違う人が作った花壇かな・・・?
とすら思うくらい、
色合いのイメージが違います。

それとも、毎日暑い日が続いていたので、
お庭の手入れが、去年ほどできなかったのかもしれません。

こちらに、去年の7月にとった写真を載せています ↓


今日は、無理をして家を出てきましたが、
なんだかんだと夕方までお散歩していました。

気分が晴れたような、
晴れていないような・・・

お散歩しても気紛らわしになるだけで、
根本的な解決にはならないので、
喉の奥に何かが詰まったような
重苦しい気持ちは消えません。

これまで、問題から目を反らしたり、
気を紛らわしたりしていましたが、
きっと、きちんと考えて、行動を起こして、
問題を解決していかないと、
いつまで経ってもウジウジしたまま
なのかもしれません。

頑張らないと・・・と思いつつ、
いつもみたいに「頑張ろう」という気持ちになれない、
そんな週末でした。

この記事へのコメント

  • たま

    よほど疲れているときは家で引きこもってもいいですよ。体回復させることが優先しますから!しかし何もしないで引きこもると鬱になりやすいです。散歩=ウオーキングもアクティブレフトですから歩いているだけで心のもやもやが晴れて気持ちよくリフレッシュできますよ。ウオーキングの効果は心を明るくしますよ、自然の中でのウオーキングは効果ありますよ。アクティブレフト利用して前向きに心を入れ替えていかないと!
    リラックスも重要ですよ~~
    2018年07月30日 07:50
  • ミルモ

    イチイさん(^-^)/

    子供の頃の思い描いていた事ってね、ほとんどの人は違う事してたりね出来て無かったりします。イチイさんは何も出来てないって思っててもね、実は出来てるんですよ。留学してる時は何時かはここで暮らしてみたいとかね。今イギリスで暮らしてるでしょ(^-^)自分の部屋が欲しかったなって思ってたでしょう、もうすぐ叶うじゃない。今ちゃんと形になってるでしょう。私はそんなイチイさんが凄いって思いますよ。何時かね人生が終わるときにね、側で泣いてくれる人がね居たら、幸せな人生だったって思いませんか?私はその時一人でも居てくれてたらって思うんです。家族が居ても一人で終わってしまう人もいるし、独身でもそうでない人もいるしね。言い切ってあげます、イチイさんの人生最後の日は一人では無いです。1日部屋にこもっててもねいいんです、その時のイチイさんに必要な時間なんですよ。悩んだり考えたりね、その時はしんどいけどねその後また、楽しく笑って過ごしてるイチイさんがいますよ。それでいいんです。皆同じです。まだまだやれることが沢山ありますよ、これからやれば良いんです。過去は過去です。今が大切です。凹んだ時は凹めばいいの、泣いても良いしね。その後また笑えばいいんです。勝手なこと言いました。・・・(o・・o)/~またね。
    2018年07月30日 13:43
  • ミルモ

    イチイさん。

    私も暗くて狭い場所とか部屋が落ち着きますよ(*^-^*)自分が居心地の良いところに居たらそれで良いしね。ヒマワリ見てると元気になれます、お花は心が癒されますね。・・・(=^ェ^=)またね。
    2018年07月30日 13:54
  • イチイ

    たまさん、ありがとうございます。
    引き籠っていいと聞くと、少し気持ちが楽になります。そうですね、草原とか森の中を歩きたくなりました。心を入れ替える手段を見つけて、ちゃんとしていかないといけませんよね。心を明るく出来るすべを見つけて、それを実行できるようにがんばります。
    2018年07月31日 06:26
  • イチイ

    ミルモさん、優しい言葉をありがとうございます。
    私には友達らしい友達がいないので、死ぬときに泣いてくれる人がいるとは思えません・・・でも、そういう人が1人でもできるように、これからの残りの人生で頑張ればいいということなのでしょうね。確かに、昨日に比べて気持ちが楽になりました。ミルモさんや玉さんが下さったコメントも、気持ちを楽にしてくれました。ありがとうございます。過去は過去、そうですね・・・ 凹んでもいいし、泣いてもいいと思うと、気持ちが楽になります。落ち込む時は落ち込んで、そしたらきっとまた元気になれるのだと思います。ありがとうございます。
    2018年07月31日 06:30
  • イチイ

    ミルモさん、ありがとうございます。
    そうですね、居心地の良いところで小さく丸まって、元気が出るまで待っていても、別に悪いことではないですよね・・・ はやく元気になります。ありがとうございます。
    2018年07月31日 06:31