日本も移民国家になるのですね

私の上司は、日経新聞を購読しています。

上司たちが回し読みした後、
古新聞を片づけるのは私の仕事なのですが、
今日見かけた新聞(数日前のものです)に、
こんな記事が載っていました。


IMG_8111.JPG

いよいよ、日本も
本格的な移民国家になるのですね。

介護人として移民してきても、
その人たちが日本に帰化して、
彼らの子孫たちがどんどん増えていったら、
彼らは、きっと介護などよりも、
楽でお金の儲かる仕事に就くことは
目に見えているのに・・・

そして、そんな移民やその子孫たちが
老後に介護を必要とするようになったら、
さらに介護人不足になるのではないでしょうか。

何が言いたいのかと言いますと、
こういう移民に頼る対策は、
単なる「その場の火消し」にしかすぎず、
10年くらいしたら、また同じ問題か、
もしくはもっと大きくなった問題に
直面するのではないか、と思ったのです。

とは言いながらも、
日本の実情を理解しているわけでもないので、
移民に頼る以外の解決策も思いつきません。

これも、必要な変化ということなのでしょうか。

最近のロンドンは、
黒人の若者グループの抗争があるようで、
治安の比較的良くないエリアで
殺人事件が頻繁しています。

少年たちがバタフライナイフを所持していることも多く、
大きな問題となっています。

そういう黒人社会は、
もともと移民でやって来た人たちの子孫なわけです。

自分も移民なので、
「移民」と一括りにまとめて
判断するのは好きではありませんが・・・・

それでも、移民を受け入れることで
将来的に失くしてしまうもの、
招くかもしれないリスクなどを
可能な限り吟味したうえでの結論なのか、
「その場しのぎ」的な結論なのか、
疑問に思いました。

この記事へのコメント

  • ミルモ

    イチイさん(^-^)/

    私もイチイさんと同じこと考えたりしてました。将来イチイさんが思ってる事に必ずなります。犯罪も増えますね、きっと。テロとかも起きるかも知れないし。人口が減ってるから仕方ないのかな日本も。難しい問題ですね。・・・(*^)(*^-^*)ゞまたね。
    2018年07月28日 00:16
  • イチイ

    ミルモさん、ありがとうございます。
    やっぱり、そうですよね。今はいいけれど、10年後20年後のことを考えているのかしら?と疑問に思いました。でも、今の議員たちは10年後には引退しているから、今だけ、有権者にアピールできればそれで良いのでしょうね。日本の政治ってそういうものだったな・・・と思い出しました。なんだか政治不信になりそうです。
    2018年07月28日 03:14
  • たま

    もうすでに移民国家になっていますよ。中国人、ブラジル人だらけの街ありますから。当然仕事なく生活保護で生活して自治体が赤字になっているところありますよ。日本人と仲良くならないでトラブル起こしてばかり!
    中国人はルール、マナもらないで定住しますからね、自国よりも住みやすいから。
    少子高齢化で仕事がなくなっている時代、介護だけでなく外国人だよりになっているメーカーもありますからね。自動車関係、建築土木関係に多いです。仕方ないですよ。嫌な仕事は誰も嫌ですからね。
    2018年07月28日 06:09
  • うりこ

    イチイさん、おはようございます。

    わたしも似たようなことを思いましたね。
    だって・・・ねぇ。
    介護従事者を増やしたいのであれば、簡単な話、予算の枠組みとか変えて、補助などで割りのいい仕事にすればいいと思うんですよね。
    その為には、議員減らしたり年齢制限の上限若しくは立候補回数に制限を出したりね。
    既得権益のカットが必要ではないのかなーと。何も変えないで足りないから他所からって安易な考えだと思います。

    移民とかは別にいいのですが、どこの国を見てもそんなうまくいってませんよね。
    2018年07月28日 10:17
  • イチイ

    たまさん、コメントをありがとうございます。
    そういう事実があるのに、さらに移民を受け入れるのですか・・・ 日本の政治家は日本国民のことを考えてくれていないように思います。
    うりこさんがおっしゃるとおり、高額な国家議員の経費などを削って、そういうキツイ仕事に就く人への手当にするとか・・・ イギリスでは学校の先生不足になったとき、住宅購入の優遇や終身年金制度を取り入れていました。分かってはいたつもりですが、日本の政治はどこかおかしい気がします。
    2018年07月30日 01:51
  • イチイ

    うりこさん、ありがとうございます。
    コメントを読んで思い出したのですが、イギリスでは学校の先生不足対策のために住宅購入の優遇制度(一般人よりも安く買える教師向け住宅を政府が建設)、生涯年金制度を取り入れたりして、先生になりたがる人を増やす政策をとっていました。それを真似ろとは言いませんが、おっしゃるとおり政府が予算割り振りを変えたり、福利厚生を充実させて、その仕事を魅力的にさせることを最初に行うべきだと思います。
    移民問題は難しいです。差別しているつもりはなく、普通の対応をしても「差別だ!」と文句をいう過剰反応する有色人種もいるので、そういう人たちの対応に手を焼いている白人も見かけます。たしかに、どの国もうまくいっていませんよね。。。
    2018年07月30日 02:04