Tete a Tete テータ・テート

会社の近くにある花壇が、
とてもカラフルになってきました。

5EF20107-4808-4E81-9966-06CF64BBEB33.jpeg

ミニシクラメンと、小さな水仙、
そして小さなオレンジ色の実がなっている植物が
寄せ植えされていて、とてもカラフルです。

14C5688D-100D-4DE6-AD93-E91136070110.jpeg

オレンジ色の実がなっている植物は、
Solanum pseudocapsicum という低木で、
日本では「タマサンゴ」、「フユサンゴ」、
「エルサレムチェリー」などと呼ばれているようです。

ほおずきの中に入っている実くらいの大きさの
オレンジ色の実がなっていますが、
この実には毒があるそうです。

オレンジの実も深緑色に映えてきれいですが、
私が気に入ったのは、ミニ水仙です。

12-15cmくらいの高さで、
小ぶりの花が沢山咲いている様子が可憐です。

この水仙は、Tete a Tete というミニ水仙で、
いつも行っているカムデンガーデンセンターでも、
秋のはじめに球根が沢山売っていました。

でも、私は日本水仙のような香り高い、
白と黄色の水仙にしか興味がなかったので、
この球根は買わなかったのです。

水仙のなかでもいち早く咲きそろい、
しかもこんな可愛らしい水仙だと知っていたら、
あのときに買っておいたのに・・・と少し後悔しました。

紫色のクロッカスと寄せ植えにしたら、
きっと素敵だろうな、と思ったのです。


Tete a Tete の発音はカタカナにしずらいのですが、
「ティーテァ・ティーテ」といった感じです。

日本では「テータ・テート」とか、
「ティタ・ティタ」などと呼ばれているようです。

どうやら Tete というのは古いフランス語らしく、
「頭」という意味なのだそうです。

Tete a Tete で「頭を寄せ合う」、
つまり「内緒話をする」という意味になるそうです。

確かに、小さな女子たちが集まって
ああでもない、こうでもないと
おしゃべりしているような風情ですね。

タマサンゴのほうは見つかりませんでしたが、
Tete a Tete は、日本でも売っているみたいです → テータテート

今年の秋は、私も Tete a Tete を育てたいです。

秋の終わりに、カムデンガーデンセンターで
Tete a Tete の 安売りセールをしていたのを覚えているので、
セール時期を狙って、ぜひ買いたいと思います。


この記事へのコメント

  • ミルモ

    イチイさん(^-^)/

    水仙も綺麗に咲いてるね、イギリスも春らしくなってきたかな。体調はどうですか?お仕事も無理はしないでね。・・・またね(*^ー^)ノ
    2018年03月15日 12:59
  • イチイ

    ミルモさん、ありがとうございます。
    今週末も雪のようで、春はまだ遠そうです。クロッカスは家の中に入れてから、たくさん花が咲きました。早く春になると良いのですが・・・
    2018年03月17日 04:43