ハロッズのチョコレート売り場

もうすぐバレンタインデーですね。

上司に義理チョコを渡さなくては・・・と思い、
街中のスーパーを見て回ったのですが、
ハート形のチョコばかり売っていて、
いわゆる「本命チョコ」ばかりが売っています。

それもそのはず、
イギリスでは義理チョコという概念がないうえに、
女性から男性にチョコを渡すとは限らず、
男性から女性にチョコやお花などを渡す日なのです。

街角のお店で手頃なものがないので、
どうしようかなぁ・・・と思っていたのですが、
ハロッズデパートなら何か売っているかも?と思いたち、
小雨模様のなか、行ってみました。

D9F199D5-FC78-464E-A8C8-57ABD07BCD4D.jpeg

食品売り場も高級感があり、
とても上品でした。

ショーケースに並んでいるケーキは、
どれも美味しそうではありますが、
1つ8ポンド(1200円くらい)もします。

BDB4EC70-68DF-4418-9115-ACE236990DEA.jpeg

そんなにお値段が高いのに、
行列ができるほどの人気です。

こちらは魚売り場です。

3AB88583-B36E-4EDE-BA29-2FFD153363CE.jpeg

生鮮食品売り場とは思えない豪華さで
高い天井に美しいデザインが施されています。

すぐ横にはお茶やコーヒーが売っていて、
店内の一角でコーヒーを焙煎していました。

F25B7028-A2FB-4DB5-B87C-179FE24892DF.jpeg

何もかもが大規模で、豪華で、
まるで別世界のようでした。

キョロキョロしながら
チョコレート売り場を探しましたが見つからず、
結局、店員さんに場所を聞いてたどり着けました。

ハロッズブランドだけでなく、
ノイハウスやバタールなども売っていましたが、
どれも14ポンド(2千円くらい)します。

高いなぁ・・・・と思いつつ、
比較的安めのチョコレートクッキーを見つけたので、
そちらを人数分買いました。

700AC778-717D-49B0-90F9-64025610CD49.jpeg

安い商品でしたが、
リボン掛けをお願いしたら、
嫌な顔もせずに
1つ1つ丁寧にリボンをつけてくれました。

そういうところは、
やはり高級デパートのサービスだなぁ・・・と思いつつ、
なんだか自分が場違いなところにいるような、
ちょっと落ち着かない気分になりました。

久しぶりに人混みに入り、
どっと疲れてしまいましたが、
なんとか義理チョコが買えて、良かったです。

この記事へのコメント