イギリスで唯一のミケランジェロの大理石彫刻

ロンドンにあるナショナルギャラリーは、
金曜日の夜だけ21時まで開いています。

私は昔の絵画が好きなようで、
無料ということもあり、
これまでも頻繁に足を運んでいました。

IMG_4350_800x600.jpg

今日も会社帰りに行ってきましたが、
実は、先週の金曜日も行っていました。

いつもブラブラと気の向くままに見ているのですが、
先週の金曜日は、期間限定で展示されている
ミケランジェロの彫刻を見に行くのが目的でした。

この彫刻はトンド(円形をしている、
宗教を題材にしている絵や彫刻のことです)で、
Royal Academy から一時的に借りているものでした。

こちらなのですが、
イギリスにはミケランジェロの彫刻は
こちら一点しかないそうです。

IMG_4308_800x600.jpg

ぱっと見て分かる通り、
未完成のまま終わっていますが、
かの有名なフィレンツェのダビデ像を作っていたときと
同じ時期に制作が進められていたものだそうです。

ちなみに、ナショナルギャラリーには
他にも2点ミケランジェロの絵画があるのですが、
どちらも未完成のまま終わっています。

もう20年くらい前のことですが、
ミケランジェロに関する本を読んだときに
その天才ぶりと孤立ぶりと、
仕事に対する拘りに感銘を受けてから
ミケランジェロの作品が好きになりました。

こうして無料で、
実際に彼が作ったものを目にすることができて
とてもラッキーだと思います。

トンドの左側にいる天使は完成しておらず、
肌もこんなふうに凸凹しています。

IMG_4309_800x600.jpg

その肌感を、右側の完成している天使と比べてみると・・・

IMG_4310_800x600.jpg

どれだけ彫刻の刃を入れて、
どれだけ細かく研磨して、
この美しい大理石の肌が作られるのか、
考えただけでうんざりするくらいの手間をかけて
1つの作品を作り上げていたことが分かります。

しかも、彫刻は失敗したときに
修正することができませんので、
どれだけ集中力が必要だったかということを考えると
さらにため息が出てきます。

1月28日までの期間限定展示でしたが、
Royal Academy of Art は有料の美術館なので、
ナショナルギャラリーにあるうちに見れて、
良かったです。


この記事へのコメント