言ったけれど、後味が悪いです

今日は、昨日の続きをお話させてください。

昨日のお話は、こちらです ↓
http://yewtree.seesaa.net/article/455091846.html

上司たちの車の手配ができているか心配だった私は、
ミニドラゴンさんに電話をして聞いてみました。

私の上司は他のところに出張してから
そのままロンドンに戻らずに東欧へ行くので、
その翌々日にロンドンを出発する予定でした。

Cさんの話では、直前に手配してミスだらけ、
というパターンがが多いようだったので、
心配になってしまったのです。

電話をしてミニドラゴンさんに
「もし忙しいなら、私が手配しますよ?」と申し出ましたが、
「じゃ、忙しいんだけど、今日やるよ」と言ってくれました。

そして3時間後くらいに、
私とCさん宛にミニドラゴンさんからメールが来ました。

ハイヤーの予約確認書が添付されていたのですが、
いちばん後輩にあたる私の上司の携帯番号が、
国番号81で始まる、日本の携帯番号になっていました。

「あれ?ちゃんとイギリスの携帯番号を伝えたのになぁ」と思って、
ミニドラゴンさんに電話しようと思ったとき、
Cさんからミニドラゴンさん宛にメールが届きました。

「イチイさんの上司の携帯番号が、
日本の番号になっているようですが、
イギリスの携帯はお持ちでないのでしょうか」

そこで、私がメールで携帯番号を知らせました。

すると、さらにCさんからこんな指摘が入りました。

「よく見たら、私の上司の住所も少し違うようです。
21番地ではなくて、20番地です」

すると、ミニドラゴンさんから
すぐに返信がありました。

「1番地くらい違っても問題ないと思います」

・・・・確かに、1番地の違いなら、
目的地の近所に着くのは確かです。

でも、そういう問題じゃないよね?
なんで、謙虚に謝らないのかなぁ?

そう思っていたら、
早速Cさんからメールが来ました。

「前にも何度か同じことがあって、
その都度正しい住所をお伝えしているはずです。

細かいことではありますが、
きちんと確認すれば防げるミスだと思います」

すると、なんとミニドラゴンさんは
こんな返事を書いてきました。

「このくらい(のミス)、みんなするよ。
あなただって、間違うでしょ?」

・・・・驚きました。

そういう問題じゃないでしょう?と思うと同時に、
この売り言葉に買い言葉的な返信、
まるで子供たちの言い合いのようです。

それに対して、Cさんはこう返信しました。

「確かにミスはしますけど、
こういうのはしませんよ・・・・

ドライバーに知らせる電話番号が違うのは、
致命的だと思います。

それに、私なら人に送る前に内容を再確認します。
確認していたら、こういうミスは防げたはずです」

その直後、ミニドラゴンさんから
私のところに電話がかかってきました。

「あのメール、見た!? 私が言いたいのはね!
ミスに、大きいも小さいもないのっ!
ミスは、ミスでしょ!?

なんなの、あの言い方!
イチイさんだって、おかしいと思うでしょう?」

えと、えと・・・と
モゴモゴ言いそうになったのですが、
一昨日くらいから「ハッキリ言わなきゃ!」と
ずっと思っていたこともあって、
勢いあまって、早口でこう言ってしまいました。

「でも、ドライバーが空港に到着して携帯に電話したとき、
電話に出た人が『車なんて頼んでないよ』って言ったら、
きっとドライバーは帰ってしまうと思います。

そしたら上司たちは待ちぼうけになって、
大変なことになりますよね?

だから、電話番号の間違いが致命的だという
Cさんの言い分は正しいと思います。

それに私の上司の携帯番号も、
今朝教えたばかりなのに、
どうして1桁も合っていない番号になるのか、
ちょっと良く分かりません」

すると、ミニドラゴンさんは悪びれもせず
こう言いました。

「あの番号は、予約画面で名前を入れたら、
自動的に出てきたのよ」

「自動的に出てきたとしても、
81で始まるのだから日本の番号だと分かるはずです。

そこで、イギリスの携帯番号でないことに
なぜ疑問をもたないのか、不思議です」

あ、言い過ぎたかも・・・と思った直後、
ミニドラゴンさんがキレました。

「なによ、せっかく予約してあげたのに!」

「それは感謝しています。でも・・・」

と、ここまで言って、言葉が詰まりました。

というのも、こんなことを言ってしまいそうなところを、
どうにか言葉を飲み込んだのです。

「あなたの手配が遅いから、
私もCさんも何度か『予約しましょうか?』と言ったのに
『私がやる』って言って聞かなかったのはあなたでしょう?

しかも、予約した内容がミスだらけなんて、
後のフォローが大変だから、
私たちに任せてくれたほうが手間がかからないし、
確実に手配するから、安心できます」

私がしばらく黙っていると、
ミニドラゴンさんは「もういいわよっ!」と言って、
怒って電話を切ってしまいました。

私は「あ、余計なことを言ってしまった・・・」と
しばし茫然としていました。


たぶん、私はイヤだったのだと思います。

自分は仕事ができないという自覚もなしに、
他人よりも自分が出来る!とひけらかしたり、
私のような事情を知らない人に対して
同じ職場にいる先輩の無能ぶりをまくしたてて、
彼女を貶めることによって、
自分の素晴らしさを吹聴する、
その姿が、イヤでイヤで仕方なかったんだと思います。

でも、頂いたコメントを読んでいて気づいたのですが、
たぶん私の中には、
こんな気持ちが強く根付いているのだと思います。

「他人に悪く思われたくない」

「皆に良い顔をしなくちゃいけない」

「皆に嫌われてはいけない」

「どんな人にでも優しくしないといけない」

だから、人に対してハッキリ言うことができないし、
ああいう人にもへらへらと良い顔をしてしまい、
仕事中に押し掛けられてしまったり、
愚痴を延々と聞かされる羽目になってしまったりと、
付け入られる隙ができるのだろう・・・と思いました。

でも、あんなことまで言うつもりじゃなかったのに、
と激しく後悔しています。

とても後味が悪くて・・・

「違う言い方をすれば良かったのかも?」

「ミニドラゴンさん、今頃怒ってるかな?」

「ああ、もういっそのこと言わなきゃよかった」

などということを、
ぐるぐるぐるぐる、ずっと考えています。


『ちゃんと言わなきゃ!』とずっと思っていて、
確かに『ちゃんと言った』のですが、
言い方を間違えて、失敗しました。

言いたかったことを言ったはずなのに、
気分がすっきりするどころか、
逆に落ち込んでしまいました。

両刃の剣とでも言いましょうか、
自分も切り刻まれたような気分です。


こんな後味の悪い思いを引きずるなら、
何も言わなければ良かった!

そう思う反面、
ちゃんと言うべきことを言わないと、
これからもミニドラゴンさんだけでなく、
同じようなタイプの人に目を付けられて
また同じことを繰り返すことになるし・・・などと、
自分の言動を反省したかと思うと、
「いや、これで良いはず」と肯定的になったり、
頭の中がまとまりません。


きっと、これも「言い方」の問題なのでしょうね。

上手な表現の仕方を学べば、
きっともっと上手にかわすことができたはず。

でも、こんな嫌な思いをするなら、
何も言わなければ良かった・・・
というのも、本音なのです。


本当に、このままだとダメ人間まっしぐらです。

人との付き合い方、
話し方を本格的に学ばないと、
このままだと同じことのくり返しですよね・・・


IMG_3071_800x600.jpg

この記事へのコメント

  • たま

    これでいいのですよ。相手の感情優先させたら何も変わりません、理路整然と説明して感情なんて無視することです、そうしないとトラブルが大きくなるだけです。相手がどう思うと社会でのやり取りには最低限マナー、ルールが必要ですから、トラブル回避のためにも必要です、相手の感情のまま言っていては何も進歩無いですよ。相手のためにも理路整然と説明したほうがいいです、友情なんてそんなに簡単にひびが入るのならばそれは友情ではないです。相手のためにも理路整然と説明して間違いを指摘することも友情です。
    それだけで相手が起こるならばそんな人とは関わらない方がいいでしょうね。感情に左右されていては心が持ちませんからね。
    これでいいのですよ、後のことは考えないほうがいいですよ。
    2017年11月25日 09:20
  • ミツミ

    こんにちは。
    ハロッズのウインドウが美しくて、子どもの頃に読んだクリスマス絵本を思い出しました。
    イギリスのデコレーションは上品で素敵なセンスですね^ - ^

    とてもお疲れさまでした。
    文章を読む限りでは、イチイさんはきついことを仰っているようには見えませんが、普段言い慣れていないと疲れますよね。

    嫌われたくないのは当たり前ですし、揉め事が嫌だと思うからこそ穏やかな性格でいらっしゃるのでしょう。
    ただ、その分溜めてしまってご自身の想定よりも強めにならざるを得ないのかもしれませんね。

    言いたいことを小出しにしてみてはどうでしょう?
    余裕があるうちなので穏やかに言えますし、ストレスを溜めずに済みます。
    コツは、伝える時に口角を上げること。
    精神論でなく、単純に口角を上げて話すと早口にならないので、落ち着いて話せます。笑顔でなくていいのです。

    物事をはっきり言うのも向き・不向きがありますので、ご自身に合う方法を。
    無理はなさらず。
    そして、そんなにお気になさらずご自愛ください。
    2017年11月25日 09:48
  • まお

    前回の記事見てなにか傷つけるような発言だったのかな?と思ったら・・・普通の対応だと思います!
    妄想の中で生きてる人は事実をつきつけられると感情を乱すのです。感情の起伏スイッチが普通の人と全然違うというか・・・心が幼稚園児なんですね。幼稚園児がミス犯したときならば、大人の対応の仕方は落ち着くのを待って優しい口調でシンプルな言葉でゆっくり諭すのが効果的です。しかし、保護する義務もないし仕事も絡みますし、大人ですからプライド傷つけずに子供扱いするのも難しいですね。

    Cさんの行動は喧嘩を仕掛けてるわけじゃなく感情に流されず忍耐強く仕事の遂行のために言うべきことを言ってるから、ミニドラゴンさん対応のお手本になるかもしれません。
    2017年11月25日 12:01
  • rain

    お疲れさまです。
    大変でしたね…。
    悩んでいる時は、
    成長の時とか言うけれど
    しんどいことには
    変わりないですからね…。

    飲み込んだ言葉こそ、
    その人には必要な事でしたね。
    本当は誰かがそれを言ってあげなくては。
    でも、誰も損な役は引き受けたくないですよね。
    イチイさんは何も悪くないし、
    たぶん相手も懲りてないでしょう。
    イチイさんがもし、相手を思ってあげるなら
    今回は飲み込んだ、正当な意見こそ、
    相手に一番必要な薬だと思います。
    目覚まし時計みたいに、
    有り難いが嫌われる存在…
    になってあげる…のは難しいですけど…。
    2017年11月25日 14:39
  • うりこ

    イチイさん、がんばりましたね!
    そのくらい言ってよかったかと思いますよ。
    考えてみてください。
    その人に関して、誰もが相手をしなかったから、イチイさんが相手をすることになり、迷惑を被りました。
    イチイさんがうまく逃れたとしても、何も言うことなく逃れた場合、他の誰かがまた迷惑するんです。
    嫌である、迷惑であると言うことを伝えることは、その時には素直に受け入れてもらえなくても、いつかその人のためになることなので、結果として優しくしたと言うことになるのです。
    迷惑でも何も言わず、ただニコニコしているのは、優しいとは違います。それだったら、誰からも信用されません。誰からも心の奥底では嫌われます。
    優しいことは時には厳しくもあるとわたしは思うのです。
    なので、慣れないことかもしれませんが、相手を害したり貶めるつもりの発言でなければ、ちゃんと伝えることも優しさではないかと思います。
    2017年11月25日 15:26
  • アラフォーの派遣

    何て言ったとしても大抵スッキリはしないですよ。上手くやろうと思い過ぎ。
    イチイさんの大目的は、ミニドラゴンさんと縁を切ること、では?
    まずはドラゴンさんに遠のいてもらうために仕方ないでしょう。
    ドラゴンさんに快く離れてもらおう…は無理ですよ。これまででもうお分かりでしょう。
    心が消耗するでしょうけど、頑張って
    2017年11月25日 15:48
  • リラ

    なんと言っていいやら、怒りを通り越してあきれるばかり、何言っていも反省などなし、逆に相手が悪い、入社してまだ慣れない新人でもあるまいし。イチイさんの人当たりのいいことに自分だけの愚痴や不満を言って人のことなどおかまいなし、自分のことじゃないのに、ぐったりしてしまいますよね?お疲れ様でした。
    私自身のそういった(ミニドラゴンさんまではいかなくても)人がそばにいたけど、一体私はあの人のなんなんだと思って、都合のいい相手しかないんだろうなって、相手から連絡がきても徐々に避けるようにしました。イチイさんの場合は同じ会社だから、なかなかうまく避けることはできないでしょうが、嘘も方便、最初は嘘がばれるかなって気になるけど、そのうち慣れてきますよ^_^;


    2017年11月25日 16:27
  • 後味の悪さ、よく分かります。
    気にしてしまい、そこでまた考えてしまうのも分かります。

    でも、相手の気持ちは聞かないとわかりませんし、気にしてすらいないかも。考えたり気に掛けて理解できる心の持ち主の方なのでしょうか。

    ご自身をそんなに追いつめずに。

    ロンドンのクリスマスディスプレイ初めて拝見しました〜日本とまた違うものですね。
    気持ちを切替えて良い週末を☆
    2017年11月25日 18:32
  • ゆかり

    相変わらずムカつくミニドラゴンですね。でも一言!イチイさん!何を反省しているんですか?そんな風に考えたら、ミニドラゴンの思うツボですよ!
    イチイさんは、正しいことをキチンと伝えました。今後も引き続きハッキリと伝えることが大切だと思います。そうでないと、つけ入られます。
    私はきつい性格のせいか、つけ入られることはありません。でも、数少ない友達は、皆きちんとした人ばかりです。
    毅然としていたらNさんみたいな友達が増えると思います。
    絶対、ミニドラゴンに言い過ぎたなんで思わないで下さいね!
    頑張って!👍
    2017年11月25日 20:59
  • イチイ

    たまさん、ありがとうございます。
    豆子さんにも、相手の気持ちを考えそうになったら、それを考えないようにする方法をアドバイスしていただきました。
    あまり友人になりたくないタイプですし、感情に流されないように落ち着いて対応したいと思います。
    2017年11月27日 01:56
  • イチイ

    ミツミさん、ありがとうございます。
    普段はあまり貯めこまないというか、「ま、こんなものかな」と流してしまうのですが、今回は言葉が悪いのですが「付きまとわれている」感が強くて、四六時中「どうしよう?」と考えてしまっていたので、鬱屈が溜まってしまったような気がします。
    口角をあげること、心がけてみます。いつもアドバイスをありがとうございます。
    2017年11月27日 01:58
  • イチイ

    まおさん、ありがとうございます。
    あれは普通の対応なのですね・・・? 2日くらいずっと引きずっていました。
    私の場合「確かに1番地違っても隣の家に着くだけだもんね。私、細かいことを言い過ぎかな?」などと、すぐに説得(?)されてしまうのです。でも、きっとCさんみたいに妥協せず、間違っていることは間違っていると言うことも大切なのでしょうね。そういうことも勉強していきたいと思います。
    2017年11月27日 02:06
  • イチイ

    rainさん、ありがとうございます。
    本当に気持ちがしんどかったです。過ぎたことは仕方ないと分かっていても、心の中で反芻してしまい、いろいろと考えていました。
    相手は懲りていない、まさにそんな感じでした。というのも、金曜日のランチに誘われたので・・・でも、こちらで色々な方の意見を聞いていたので、一瞬の躊躇はありましたが、すんなり断ることができました。こういうのも練習なのでしょうね。
    2017年11月27日 02:08
  • イチイ

    うりこさん、ありがとうございます。
    「迷惑でも何も言わず、ただニコニコしているのは、優しいとは違います」、なんだか耳が痛いです。自分が嫌な人になりたくないから、「ま、いっか」と思ってガマンしてばかりいた人生だったので・・ おかげで多くを望まない性格にはなりましたが、その結果が今の自分なわけで・・・
    今回のことでは、いろいろと考えさせられました。でも、落ち込んだだけで終わらせずに、ちゃんと今後に生かせるようになりたいです。
    2017年11月27日 02:14
  • イチイ

    アラフォーの派遣さん、ありがとうございます。
    そうですね、何もかもをうまく丸く収めようとするのが、そもそも間違っているのかもしれません。まずはミニドラゴンさんと距離を置くことを目標に、がんばってみます。
    2017年11月27日 02:15
  • イチイ

    リラさん、コメントをありがとうございます。
    確かに、私は彼女にとって「都合の良い人」なんだと思います。すでに自分の気持ちが消耗しているのが分かるので、一刻も早く距離を置くようにしないといけないな、と思いました。がんばります。
    2017年11月27日 02:17
  • イチイ

    結さん、ありがとうございます。
    おっしゃるとおり、ミニドラゴンさんはもしかしたら気にもしていないのかもしれません。私が気にしていることなんて気づいていないでしょうし、また先輩のことで怒り狂っているのだろうと思います。
    おかげさまで週末はゆっくりできました。月曜から、またがんばります。結さんも楽しい1週間を過ごしてくださいね。
    2017年11月27日 02:19
  • イチイ

    ゆかりさん、ありがとうございます。
    皆さんのコメントを読んでいて、後でこんなに後悔するなら、どうせなら飲み込んだ言葉も言っておけばよかったな、と思い直しました。
    付け入られない性格なのは、とても羨ましいです。私もちゃんとした友達が欲しいです。でも、そのためにはまず自分が変わらないとダメですね・・・ がんばります。
    2017年11月27日 02:21