ロンドンのギルドホール

今日はギルドホールに行ってきました。

ここには、
さすが2000年以上の歴史を持つロンドンの街!
と感嘆せずにはいられないほどの絵画があり、
しかもその地下にはローマ時代の円形闘技場跡まで残っているのです。

それほど広い敷地ではないので、
所蔵品の一部しか公開しておらず、
しかも公開している作品も頻繁に変わります。

そのため、「いつ行っても新しい発見がある」
人々はそんな風に言っています。

でも、私としては、
「自分の好きな絵がお蔵入りになったらどうしよう・・・」
と、いつもドキドキしながら足を運んでいます。

こういうところに
心配性な性格が出てているのでしょうね(苦笑)

ちなみに、ギルドホールは4,000点以上の作品を所蔵しており、
常時展示しているのは、
そのうちたったの250点あまりなのです。

冷静に考えてみたら、
私の好きな絵はメジャーな画家のものばかりなので、
飾られなくなる可能性は皆無に近いと思います。

それでも、いつもドキドキしながら
入口の回転扉をくぐっています。


私は、このギルドホールに来るまでは、
ラファエル前派の絵画が
あまり好きではありませんでした。

というのも、私が一番好きな時代の絵画が、
13世紀から15世紀にかけてのイタリア絵画で、
とくに前期ルネッサンス時代、
つまり「ラファエロ前」のものなのです。

ラファエル前派は文字通り、
ラファエロが出現する前の時代の絵画を規範としているので、
私にとってラファエル前派の絵画は、
私の好きな時代の絵画の「精巧にできた模造品」
という印象しかなかったのです。

でも、今年の Open House Day でギルドホールに来たとき、
たまたま無料のガイドツアーに入ることができて、
そのときにじっくりとラファエル前派の絵画を見ながら
説明を聞いたら、印象がガラリと変わりました。

アナーキーで、人間ドラマにあふれていて、
若々しい情熱を感じる、
素晴らしく鮮やかな絵画に思えたのです。

というのも、ラファエル前派は、
たった3人の画家しかいないのです。

若き3人の画家たちが、
当時の画壇に新風を吹かせようと、
さまざまな取り組みをしました。

ガイドさんの一人は、
彼らのことを「当時のパンクロッカーだと思っているわ」
とまで言っていました。

高尚な絵画ですが、
パンクで、ロックなのだそうです。

パンクの意味が解らなかったので、
家に帰って調べてみたら、
「攻撃的で強烈な服装・髪型・音楽などのスタイル」とありました。

そして、彼らの描いた絵画や
生きざまについて調べてみると
「本当にパンクだわ、これ・・・」と
思うようなことばかりなのです。


そして、ギルドホールアートギャラリーは
入場が無料なこともあり、
会社のお昼休みなどに足を運ぶようになりました。

でも、転職してオフィスがギルドホールから離れてしまい、
速足で歩いて15分ちょっとかかるようになりました。

そのため、1時間の休憩時間で行くとなると、
アートギャラリーで過ごせる時間は
せいぜい15分程度なのです。

少し話が長くなっしまったので、
私の気に入っている絵のことは
次のブログで書かせてください。

なんでパンクなのか?ということも
色々とお話ししたいのですが、
それもまた機会があったら
書かせてもらいたいと思っています。

こちらが、ギルドホールアートギャラリーの全景です。

IMG_2566_800x600.jpg

ロンドン市庁舎付属の施設なので、
ロンドン市長が色々なセレモニーを行う
会場としても利用されています。

そして、よく王家には近衛兵がいますよね?

それと同じようにロンドン市長にも近衛兵がいて、
市長の近衛兵は槍持ち(スピアー)隊なのだそうです。

市長警護の任を受けて式典に随行するため、
長い槍を持った近衛兵が整列しても大丈夫なように、
天井がとても高くなっています。

私が好きになった、
ラファエル前派の絵画が充実していますが、
そのほかにも不思議な現代アートが沢山あります。

これから、おいおい紹介させていただきますね。

この記事へのコメント

  • ミルモ

    イチイさん(^o^)
    250でも凄いね、1日居ても見切れないね。お昼休みは短いしね、自転車とかで移動してみたら。速足でも1キロぐらいあるでしょ?広いねお城に見えてしまいます。不思議な現在アート楽しみです(*^_^*)またね(^ー^)ノ
    2017年10月28日 12:00
  • イチイ

    ミルモさん、ありがとうございます。
    そうですね、250でも1日で見切れなそうですよね。自転車だと早そうですが、この国では自転車は車と一緒に車道を走らなくてはいけないので、ちょっと怖いのです。少しの時間でも気分転換にはなるので、また速足で行ってきます。
    2017年10月29日 03:37