実は、会社で嫌われていました

いよいよあと2日で会社を辞めます。

イギリスに来るきっかけになった会社なので、
恩を感じてはいますが、
辞めることができて、ほっとしています。

小さな会社で、
よく言えばアットホームな会社、
悪く言えばワンマン会社でした。

ワンマンというよりも、
社長のお気に入りになると、
給料も上がるし、待遇も良いし、
楽にお金を稼げる会社でした。

逆に、社長(とその父親のCFO)に嫌われると
かなり辛い目にあう会社でもありました。

実は、私は社長たちに嫌われていたのです。

こちらのブログで細かいことを書くと、
万が一にも知り合いに見られて、
何かあったら困ると思って、
(去年の12月のときのように・・・)
あまり具体的なことは書きませんでしたが、
もうすぐ辞めるので、
差しさわりのない範囲で書いてみたいと思います。

言い訳のようですが、私が嫌われた原因は、
英語力に起因するところが大きかったと思います。

たとえば、こんなことがありました。

同僚が出張して帰ってきたとき、
私が経費を精算するのですが、
その同僚はいつもタクシーの領収書を忘れたり、
空港へ行く電車のチケットを捨ててしまったり、
何かしら足りないものがあるのです。

あまりにそういうことが多いから、
「次から気を付けてください」と伝えるつもりで、
「You are always lame. Please be careful」と言ったら、
その同僚は顔色を変えて、怒り出しました。

私としては、書類がそろっていない=不完全な、
という意味で「Lame」という単語を
使ったつもりだったのですが・・・

そのときの私は知らなかったのですが、
Lame という単語は
たとえば身体とか精神に問題があったりして、
何かが「不完全」なこと、
つまり、通常の行動ができないような人のことを呼ぶ、
差別的な言葉だったのです。

でも、イギリスに来て2週間後くらいのことで、
なぜ同僚が怒っているのかすら、
そのときには分かりませんでした。

その後、その同僚は他の人や社長たちに
「イチイが俺を Lame と呼んだ!」と
陰で言いふらしていました。

表だって言ってくれたら、
「意味を知らなかったの。ごめんなさい」と言えたのですが、
そうやって言いふらしていることを知ったのが、
数カ月後のことで、
そのことを知った時には、もう手遅れでした。

そんな感じで、
言葉の使い方を間違えた私の第一印象は
最悪だったようで、同僚たちは結託して、
私に対して冷たい態度を取っていました。

その後、私と二人三脚で仕事をしている上司は
基本的に私が平和主義で、
悪意をこめて言ったわけではないことを
理解してくていたようですが・・・

でも、他の人たちが、
社長や社長のお父さんにまで触れまわったので、
私の直属上司以外の人からの
私に対する態度も厳しくなったのです。

見下すようなことを言われたり、
ときには私が話しているのに聞こえないふりをされたり、
ちょっと何か意見を言うと、
「何も知らないくせに。少し黙っていてくれ」
などと、頭ごなしに怒られたりしました。

また、同僚たちは毎週金曜日にパブに行くのですが、
会社帰りのパブ飲みに誘われたことは
一度もありませんでした。

みんな30歳から40歳過ぎの大人(男性)なのに、
陰でコソコソ言って村八分にするなんて、
まるで女子高生のようだな、
などと思ったこともありました。

でも、そもそも私が言葉の使い方を間違ったのが原因なので、
いつか理解してもらえる日が来るだろう、
という淡い希望をもちながら
耐えるしかありませんでした。

そして、数か月前から嘘つきの同僚が入ってきて、
彼女は上司たちのご機嫌取りが上手なこともあり、
さらに私に対する周囲の対応が冷たくなってきました。

そんな毎日が続いていたので、
正直なところ、会社に行くのが辛くなっていました。

こういうとき、小さい会社って辛いですよね。

他の人と仲良くすることができないので、
社内ではどうしても孤立してしまって・・・

でも、同じビルで働いている日本人の人たちとは
仲良くなれたので、それだけが救いでした。

それに、ボランティアを始めたこともあり、
会社で冷たくされても、
ボランティアを通じて知り合った人たちが優しかったので、
週末を張り合いにしてなんとか頑張れました。

もし会社の人たちしか知らなかったら、
きっと私は「イギリス人は陰険だ」と、
イギリス人に対する印象が悪くなっていたと思います。

ボランティアで知り合った人たちのおかげで、
イギリス人を嫌いにならずに済みました。

「イギリス人」というくくりではなく、
きちんと一人一人を見ないといけないな、と思えたのは、
ボランティアで知り合った人たちのおかげです。


今の会社に、恨みなどはありません。

逆に、居心地の悪い会社であることが、
転職活動をする気持ちを
後押ししてくれた部分もあるので、
これはこれで良かったのかもしれない、
とすら思います。

いろいろありましたが、
残り2日、笑顔で乗り切りたいと思います。


こちらは、大家さんのネコです。

IMG_1922_800x600.jpg

不思議なポーズをとっていますが、
ゴロゴロ言っていたので、
たぶん、気持ちよかったのだと思います。

猫って、本当に何を考えているのか分からず、
不思議な生き物ですね。

この記事へのコメント

  • たま

    え!?外国人の英語に怒るの?そもそも現地人ではないのに何で本気で怒るの?外国人ならば言葉不自由なのにアドバイスして治せばいいだけです。アメリカ人よりも心が狭いというか器量が狭いというか・・・アメリカ人ならば言葉間違えてもアドバイスしてくれますよ。
    言葉の問題は大変ですね。現地人でないのにそこまで本気になるなてすごいですね。
    でもやめることになっていいですね、人間関係はどこの国でも難しいですね。
    2017年10月12日 08:09
  • アラフォーの派遣

    私は、do you drink? に「アル中?」という意味があるらしいと最近知りました。
    ホントわからないですよね、
    同僚さんに知らなかったと気づいてもらえなかった、それは日本から来たばかりでも英語初心者扱いされずプロフェッショナル扱いされていたというか。。。にしても、日本人同士でメールでキチガ◯と言われたら職場はどう対応するだろうか…とか。上手く言えなくてすみません。
    以前、私も嘘つきの同僚にさんざん吹聴されて、それでも一年くらい喧嘩せずにいましたが、ホント嫌でした。こっちは日本育ちの日本人同士なので、言葉の誤解なんてほぼないはずなのにね。
    イチイさん、お疲れ様でした。
    2017年10月12日 09:14
  • 優くんママ

    狭い世界ですものね。
    今まで、頑張ってこられたのは、ほんと強い意志があってのこと。

    そして、話し言葉で失敗するのも、外国人にとっては仕方ないことかもしれません。
    自信のある言葉を選ぶのも、手かもしれませんが、同じ日本人同士でも言葉のすれ違いはあるし、それも含めて、流れに任せてよいと思います。

    イチイさんも書かれておられるように、この会社を恨まれてないようなので、
    新天地で、スタートしましよ!

    応援しています。
    2017年10月12日 10:20
  • まお

    イギリス行って早々そんなめにあってたとは、お辛かったですね;;
    欧米人は白黒はっきりしてて日本人と違って陰口触れ回ったりしないのかと思ってましたが…やる人はやるんですね。
    母国語じゃないと微妙な違いはわからないし、時間と共に同じ言葉でも意味が変わっていきますので、人の評価を公言するのは避けたほうが良いかもしれません。たとえ褒め言葉でも信頼関係がなければ斜に受け取る人はいますから。
    (でも自分の気持ちは人の評価じゃないので言ったらいいと思います。「あら残念です」「困ります」くらいは言わないと!)

    書類なくしてばかりの同僚がいたり、うそつき同僚が厚遇されてるとか、評価がおかしかったり、なんか会社がずさんな感じがしますね。そんな中で一人だけしっかりしようとするとしわ寄せが全部来ますね。新天地がしっかりした人が多い会社でありますように。
    2017年10月12日 10:23
  • ミルモ

    イチイさん(^o^)/

    言葉の意味とか取り方は国によって違うしね、ちゃんと説明してもそんな態度ならね、それはただのいじめと言います。間違った事をしてるのもねその人だしね、イチイさんは悪くないしね。転職が良い機会だったと思うよ。言葉の意味とかも、今回で1つ勉強したと思ったらいいしね(*^_^*)そんな同僚と仕事帰りに飲んでも、ぜんぜん美味しくないよ(* ̄ー ̄)後少し気にせずやる事して、すぱっと退職しましょうね。辞めた後の事なんか気にしないよ、イチイさんは間違って無いんだから。・・・猫ちゃん可愛いね、なついて甘えてるね。イチイさんが好きなんですよ(*^¬^*)またね。
    2017年10月12日 14:36
  • ゆかり

    あと2日ですが、とりあえずお疲れさまでした。
    不器用な人間は生きるのが大変。私もそうです。
    環境を変えることで確かに何かは変わると思います。
    笑顔で新しい生活を始めて下さいね。(^_^*)
    2017年10月13日 00:52
  • ちゃちゃまる

    こんばんは❗よく今まで耐えてきましたね。相当辛く相当ストレスを抱えていたことでしょう。たぶんこんな単純に大変でしたね、位の言葉ではたりないとは思いますが、ほんとに辞めることが出来て良かったと思います。自分が右の道に行くか左の道に行くか自分次第ですものね。新しい扉を開ける鍵はいつも君のポケットの中。こんなフレーズの歌を歌ってるグループがいます。迷った時にいつも思い出しています。イチイさんの前途に乾杯✨🍻🎶
    2017年10月13日 09:09
  • blue dal

    lame問題・・・会社の方々は「イチイさんはネイティブスピーカーではないから、言葉の正確な意味がわかっていないのだろう」と寛大な気持ちにはなれなかったのですね。
    男性の陰湿さ、日本もイギリスも同様なのですね。
    誰かが「lameはまずかったよ。意味はね~」と教えてくれればよかったのに・・・でも、そういう親切を期待する方が甘いのかな。
    外国で働く大変さが伝わってきました。
    2017年10月13日 14:19
  • ミツミ

    かわいいねこちゃん(*´ω`*)

    記事を読んでとても胸が痛みました。
    お人柄をみていたら、とてもそんな解釈ないですのにね。

    それでも、きちんと引き続き書を作っていかれる有様がとても清らかだな、と思いました。とても尊敬します。

    これからのお仕事やひとが、イチイさんにとって良いものでありますように。

    あと、お庭伝いに素敵な方々とお知り合いになれてよかったですね。よいご縁がいい形で繋がりますように。
    2017年10月14日 00:32
  • かんちゃん

    イチイさんこんばんは。
    あまりにもイチイさんが気の毒で久しぶりにコメントしちゃいました。。。
    なんだか言葉尻をとった人種差別的なにおいがします。
    結局、言葉なんてただのきっかけで、特にアジア系の人が差別されるんでしょう。
    いい大人の男性が仲間はずれ的な行動するなんて恥ずかしくないのですかね?
    スポーツ界なんて特にそういう問題が多いみたいですよ。海外に移籍した有名な選手がよく洗礼を浴びてる…なんてエッセイを見かけます。
    フランス人が露骨に差別するとは聞いていましたがイギリスもそんな感じなんですね。
    何はともあれ、今のイチイさんは日本にいた時と違って、ポジティブで這い上がれる強さがあると信じてます。
    転職できたのも凄いし!
    ずっと応援してます。頑張ってくださいね。
    2017年10月14日 18:19
  • イチイ

    たまさん、コメントをありがとうございます。
    Nさんが言っていましたが、イギリス人はちょっと陰険といいますか、日本人のように面と向かって物事を言わない国民性のようです。アメリカ人みたいにあっけらかんと言ってくれたらいいのですが、そういうことをするとバカっぽく見られるみたいです。アメリカは大らかなイメージがしますが、イギリスはきっちりしないと色々とバカにされてしまいそうです。。。
    2017年10月15日 03:55
  • イチイ

    アラフォーの派遣さん、ありがとうございます。
    こちらでは Verbal Abuse (言葉の暴力)も解雇の理由になったりするので、やはり言葉には気を付けたほうがいいようです。私にも、外国人だから・・という甘えがあったのかもしれません。英語の本を読んで、きちんと語学力を身につけたいと強く思いました。
    嘘を吹聴されて1年も耐えたのですね。言い分もあったでしょうし、黙って耐えているのって理不尽な気がして、辛いですよね。確かに、人間関係はどこの国にでもある問題なのでしょうね。もう同じような目に遭わないよう、できるだけ努力したいと思います。
    2017年10月15日 03:58
  • イチイ

    優くんママさん、ありがとうございます。
    確かに日本人どうしでも言葉のすれ違いってありますよね。私の言い方とか、普段の態度とか、なにかしら言葉以外の問題もあったのかもしれません。でも、一度人に抱かれた印象を変えることって難しい・・・難しいどころか、不可能に近いのかもしれない、と思ってしまいました。だからこそ、言葉や態度には慎重にならないと、と今更ながら良い勉強になりました。
    2017年10月15日 04:00
  • イチイ

    まおさん、ありがとうございます。
    最初は陰口をたたかれているのを知らなかったので良かったのですが、昨年12月くらいからそれを知って、会社に行くのがだんだんと辛くなりました。
    確かに褒め言葉でも素直に受け取らない人っていそうですね。人の評価を避け、自分の気持ちを言うのであれば、人との摩擦や誤解を少なくできそうですね。心がけてみます。アドバイス、ありがとうございます。
    新天地では同じような失敗をしないよう、気を付けたいと思います。
    2017年10月15日 04:02
  • イチイ

    ミルモさん、ありがとうございます。
    本当に今回のことは勉強になりました。そうですよね、私のことを嫌っている人と飲んでも、楽しくないですよね。
    新しい職場では、心機一転頑張りたいと思います。
    2017年10月15日 04:03
  • イチイ

    ゆかりさん、ありがとうございます。
    そうですね、過ぎたことは過ぎたこととして、また新しい環境で、笑顔で頑張ります。温かいお言葉をありがとうございます。
    2017年10月15日 04:04
  • イチイ

    ちゃちゃまるさん、ありがとうございます。
    新しい扉を開ける鍵ですが・・・ 確かにポケットに手を入れて、鍵を手にするかどうかは自分次第ですよね。
    新しい職場も問題があるようではありますが、少なくとも私のことを悪く思っている人はいないので、それだけでも気持ちが楽です。これからもいろいろとあると思いますが、少しづつでも前に進んで行きたいと思います。
    2017年10月15日 04:06
  • イチイ

    blue dal さん、コメントをありがとうございます。
    本当に、誰かが一言「Lame はね・・・」と言ってくれれば、違う結果になっていたと思います。でも、そうやって「人が言ってくれなかったから」というのは甘えなのかもしれません。
    でも、たぶん私はこの経験をしたからこそ、もしほかの人が私のような失敗を犯しているのを見たら、きっと「それはね・・・」と教えてあげよう と強く思いました。
    たぶん、人はこういう痛い目を見て、人が自分と同じような痛い目を見そうなときに、助け船を出せるようになっていくのかもしれませんね。
    2017年10月15日 04:09
  • イチイ

    ミツミさん、ありがとうございます。
    たしかにLameは致命的でしたけど、たぶん私の普段の話し方とか、態度とか、そういうのも関係しているのかもしれません。イギリスではこうする、ということをあまり意識せず、自分だったらこうしてほしい、という基準で行動していたので、イギリスの人たちから見ると奇異なこともあったかもしれません。
    本当にボランティアを通じて知り合った人たちがいてくれて、助かりました。彼らを知らなかったら、イギリス人は陰険だ・・・と心を閉ざしていたと思います。
    2017年10月15日 04:12
  • イチイ

    かんちゃんさん、コメントをありがとうございます。ご無沙汰していましたが、お元気でしたか。
    確かにアジア人に対する差別意識なのかもしれません。ロンドンの中ですら、貧しい地域(東ロンドン)で育った人と、裕福なエリアで育った人とでは、格差意識があるようなので・・・ 人種は変えられませんし、ご機嫌とりもうまくできませんが、でも、イギリスのことをもっと学んで知識や経験を身に着けることはできると思うので、あまり腐らずに、前向きにとらえていきたいと思います。
    2017年10月15日 04:14
  • kyouko

    イチイさん
    つらい気持ちを抱えて過ごされ大変でしたね。
    笑顔でのりきりましょう
    一緒に頑張りましょう
    2017年10月15日 23:26
  • イチイ

    kyoukoさん、ありがとうございます。
    辛かったけれど、それは自業自得だと受け入れていました。でも、ようやく解放されて、気分が軽くなりました。
    笑顔がコミュニケーションの大切なポイントだと実感しています。それはボランティアをしている経験からなのですが・・・ 人って経験することによって、変わっていくんだな、と実感しています。お互い、いろいろとあると思いますが、笑顔で乗り切っていきたいですね。がんばりましょうね。
    2017年10月18日 08:07