コンスタブルの描いた風景の中を歩く

今日は、ずっと伸び伸びになっている、
コンスタブルの故郷を見てきた旅行の続きを書かせてください。

コンスタブルの風景画については、
こちらに書いています ↓
http://yewtree.seesaa.net/article/451727843.html

ナタリーさんの宿を出てすぐに、
小さなパン屋さんから、
可愛らしい女の子が出てきました。

DSC_0062_800x600.jpg

お店と女の子の洋服がマッチしていて
とても可愛らしいな、と思いました。

お店のなかを覗いてみると
いかにも手作りといった風情の、
とても美味しそうなパンやケーキ、
手作りのジャムなどが売っていました。

会社へのお土産にちょうどいいと思い、
翌日の営業時間を聞いたら、
残念なことに、週末しか営業していないそうです。

観光客向けに開いているのか、
それとも平日働いている人が趣味で開いているのか、
どちらなのか分かりませんが、
長閑と言いますか、マイペースと言いますか、
それで商売が成り立っていることに驚きました。

これからフラットフォードミルへ向けて
ジャムを複数背負って歩くのは辛いと思い、
お土産は諦めて、
後で食べようと思ってアップルパイを1つだけ買いました。


パン屋さんを出て、
地図を見ながらフラットフォードミルに向かって歩いて行くと、
今度はパブが目に入りました。

パブの横にはとても大きなバラの生け垣があって、
まるで映画のワンシーンのようでした。

DSC_0068_800x600.jpg

パブを過ぎてさらに歩いていくと、
こんな古い教会に出ました。

DSC_0069_800x600.jpg

入口が閉まっていて中には入れませんでしたが、
この教会を過ぎたあたりから
人通りも車どおりも殆どない道に入りました。

右手には見晴らしの良い平野が広がり・・・

DSC_0074_800x600.jpg

左手には鬱蒼と茂る雑木が並んでいて、
ところどころに野バラが咲いていました。

DSC_0076_800x600.jpg

そのまま30分弱くらい歩いて行くと
フラットフォードミルに到着しました。


こちらはフラットフォードミル内にある、
コンスタブルの父親が所有していた水車小屋です。

DSC_0149_800x600.jpg

実は水車小屋はこの写真の裏側にあり、
一般の人たちは入ることができません。

私は有料のガイドツアーに入ったので
水車も見ることができましたが、
こんな感じで、機能的ではありそうですが、
あまり風情のあるものではありませんでした。

DSC_0142_800x600.jpg

水車小屋に増築されたような形になっている住居部分ですが、
実は、コンスタブルはここには住んでいませんでした。

時折、ホリデーなどで家族揃って訪れる程度で、
実際にはここから少し離れたところに立派な屋敷を構えており、
そちらに住んでいたそうです。

そして、コンスタブルがフラットフォードミルを訪れた時は
写真の左側に写っている棟に滞在していたそうです。

この建物は、正面玄関前の段差が丸い石でできていますが、
これはかつて粉ひきに使われていた石を再利用しているそうです。

DSC_0157_800x600.jpg

この建物の前には池があり、
玄関を出たところから正面を見ると、
こんな美しい景色が広がっています。

DSC_0169_800x600.jpg

お天気が良いことも幸いして、
見るものすべてが絵画のように素敵でした。

ナショナルトラストの管轄で
きちんと管理されているだけあって、
少しテーマパークっぽい印象がしなくもないのですが、
おそらく「風光明媚」というのは
こういう場所のことを言うのだろうな・・・
と思えるような、素敵な場所でした。

この記事へのコメント

  • たま

    素敵な場所だね、綺麗に維持されているところがすごいですね。それだけ観光客が多いってこと?
    まるで絵の風景そのものが存在している景色ですね。
    良い所ですね。行ってみたいよ~~
    2017年07月21日 20:18
  • イチイ

    たまさん、ありがとうございます。
    日本の観光地ほど人はいませんでしたが、結構人が来ていました。ファミリーが長閑にピクニックしたり、老夫婦がお散歩したりしていました。イギリス人ならだれでも知っている画家なので、ひっきりなしに人は来るのでしょうね。とてもきれいなところでした。このフラットフォードから、近くの村まで40分くらいのウォーキングルートがあるそうです。もし次回があったら、そちらの道も歩いてみたいです。
    2017年07月22日 05:33