イギリスで整形外科に行くための長くて苦難の道のり 3

イギリスで整形外科に診察してもらうための苦難の道
についてのお話しの続きです。

これまでの経緯は、こちらに書いています ↓
http://yewtree.seesaa.net/article/450838852.html
http://yewtree.seesaa.net/article/450839265.html


AXA PPP という大手のプライベート保険会社で
電話オペレーターにタライ回しにされつつも、
どうにか会社近辺の理学療法士を紹介してもらえました。


紹介されたのは、2件です。

まずは、最初に紹介されたクリニックに電話してみました。

電話をかけたら、感じの良い女性が出ました。

AXA PPP 保険を利用して治療を受けたいと伝えると
誕生日やメールアドレス、住所などを聞かれた後、
こう聞かれました。

「それで、あなたはどの部門で働いているの?」

「え? 私はそちらのクリニックの裏にあるビルで働いています」

「え?あなたは XXX銀行の社員じゃないのですか?」

「え? 違いますよ。私の会社が近くなだけです」

「あら、ここはXXX銀行社員の専用クリニックなのよ」

「・・・・・・・・」


ここで、さすがの私も怒りがこみあげて来ました。

AXA PPP、大手保険会社のくせに、
対応がいい加減なだけでなく、
診察を受けられない病院を紹介するなんて!


でも、怒っても仕方ないと思い直し、
もう1件のほうに電話をしてみました。

・・・・出ません。

教えてもらった病院名をグーグルで見てみたけれど、
出てきません。


・・・・・・・・(またしても、言葉を失いました)



仕方ないので、他の理学療法士を紹介してもらうため、
また AXA PPP に電話をしました。

20分ほど待って、ようやく出た人に
今までの事情を全て話すと、
また「クレーム担当チームに繋ぐから」と言われ、保留。

そして、待つこと30分あまり。

ようやく出た男性に一部始終を説明し、
違う病院を紹介してもらいました。


今度紹介してもらった病院は3軒です。

そして、また前回のような無駄足になっては困ると思い、
この『クレーム担当チーム』の直通電話番号を聞きました。


1軒目、電話をしてみました。

「この電話は使われておりません」

・・・・・・・・・・・・・・・・・(もう怒る気も失せました)


2軒目、電話をしました。

女性が出たのですが、
そこは理学療法(フィジオ)ではなく、
オステオパシー(カイロプラクティックみたいなもの)のクリニックでした。

私の紹介状はフィジオ宛だったので、
当然ですが、予約は取れませんでした。

・・・・・・・・・・・・・・・(もう、いい加減 疲れてきました)


そして3軒目、電話をしました。

女性が出たのですが、
「電話回線が悪くて、ブツブツ切れるわ」と言われ、
いきなりブチッと切られました。

めげずに、もう一度かけてみました。

女性に「聞こえない」とキレられながらも
必要情報を伝えたところ、
「ちょっと保留にさせてください」と言われ、
1分ちょっと保留にされました。

そして、再度応対に出た女性(さっきと同じ人)が、
こう言うではありませんか!

「今聞いた情報、もう一度教えて」

「え? ついさっき、全部話しましたよね???」

「ええ、でもデータが消えてしまったの。
もう一度教えて」

「・・・・・・・・・・・・・」

お詫びの言葉すら、ありません。

もういい加減疲れていた私は、こう言いました。

「お昼休みになったら、
電波の届きやすいところに移動しておきますので
12時半に掛け直してもらえますか?」

「ええ、分かったわ」


・・・しかし、当然のごとく、
折り返しの電話などはかかってきませんでした。


そして、今に至ります。

もう一度、あの AXA PPPに電話して、
30分以上かけて違うクリニックを教えてもらうか?

それとも、この折り返しをしてこない、
失礼な応対のクリニックに掛け直すか?

まだ考え中です。


というのも、失礼な対応のクリニックに掛け直すのが
一番簡単だとは思うのですが、
今後続けて治療を受けるにあたって、
対応の良くないところで受けたくはありません。

とはいえ、あの AXA PPP と話す(待つ)気力もありません・・

さらに付け加えると、
保険会社のAXA PPP が紹介したクリニックでないと
保険で治療を受けることができません。


イギリスは素敵なところも沢山ありますが、
うっかり病気になってしまうと、本当に大変です。



話は変わりますが、
こちらは先日種をまいたミズナです。
大分大きくなって、もうすぐ収穫できそうです。

あまり量がありませんが、
収穫できる日が待ち遠しいです。

IMG_0091.JPG

この記事へのコメント

  • たま

    あまりにも酷すぎますね。時間ばかりかかってまともに病院行かれませんね。自分で治すしかないですね。なんで誰もこのような状況だという事を改善しようとしないのでしょうか?クレーム言う事には慣れているはずなのに誰も改善しようとしないのですか?
    無料だから文句言ってはいけないというのですか。大変ですね。金持ちだけが受けられる病院だけが優遇されているとしか思えませんね。病気になると大変ですね。
    2017年06月15日 20:53
  • アラフォーの派遣

    聞いたこっちも言葉が出ないですよ。
    なんなのっ 選択の自由をください! 病院くらい自力で受診しに行きますからーーっ 保険会社へは領収書をもとに請求しますからーーーーつ
    2017年06月15日 21:33
  • ミルモ

    イチイさん(^o^)/
    たらい回しみたいで酷いね、待たせてる時間も長すぎだしね。外国人だからとかでは無いんでしょ?イギリス人もだよね当然。
    それにしても態様が悪すぎますね、イチイさんが怒って呆れるのも当然だね。掛けて使われておりません・・・なんて有り得ないね( ̄□ ̄;)!!見て貰えるまでに、病気とかケガが悪くなってしまうし。保留の時ず~っと電話はなせないんでしょ?しんどくなるね。イチイさん日本で胃の手術もしてるし、薬とかも必要な時あるのに心配になってしまいます。何かもっとちゃんと出来ないものなのかね。聞いてて腹が立ちます。良い病院が見つかるといいけど。
    ミズナ大きな葉っぱに、成長しましたね。
    まだ沢山出てきますね。収穫が楽しみですね(*^-^*)体調管理に気を付けてくださいね。ロンドンで火災がありましたね、沢山の人が亡くなられてるね、イチイさんも火事とか気をつけてくね、自分が気をつけてても、他の部屋から火災が無いとも言えないしね。心配になってしまいます。危ないときはすぐ、避難してくださいね。イギリスの医療制度の考え方、やり方は間違ってると思いました。ご飯ちゃんと食べて、睡眠もとってくださいね。・・・またね。
    2017年06月15日 22:59
  • イチイ

    たまさん、コメントをありがとうございます。
    私もこの国の医療制度に驚きました。でも、私の市はお金を持っている行政区なので、他のところ(もっと貧しいところ)はここよりもずっと酷いそうです。ロンドンと一言で言っても、住む地域によって受けられる医療サービスに差が出るのも、なんだかおかしな話だと思います。
    いろいろと改善してほしい点が沢山ありますが、私みたいな外国人には投票権もないので、どうしようもない気がします。
    2017年06月16日 06:25
  • イチイ

    アラフォーの派遣さん、ありがとうございます。
    まったく同感です。全額負担は無理でも、一部負担でかまわないから好きなときに病院にかかりたいです。医療制度が資金不足で大変とは聞きますが、無料だから出産するためだけに東欧からやってくる人とか、そういう人たちからお金を取ればよいのに・・・と思います。きちんと税金を払っている人、さまざまな事情で生活保護が必要な人以外の人には、全額といかないまでもお金を取るようにしたら、もっとマシな制度になるのではないかと思います。本当にどうにかしてほしいです・・・
    2017年06月16日 06:27
  • イチイ

    ミルモさん、ありがとうございます。
    はい、外国人だからというわけではなく、誰もがこんな目に遭っています。電話も、ずっと携帯電話を持っていました。本当に酷いですよね・・・
    Axaに「教えてもらったクリニックはXX銀行専用でしたよ」と言ったら、「あら、そう」で終わってしまいました。
    火災現場、前に住んでいたところのすぐ近くだったので、なんだか人事じゃない気がしました。こちらは古い建物が多く、スプリンクラーとか火災探知機とかないところも多いので、気をつけたいと思います。
    2017年06月16日 06:32
  • May

    何だか日本に住んでいる方が健康寿命が延びるような?
    日本の医療制度って、海外に比べると患者には良いようで。
    ず~っと住んでいるとありがたさがわからなくて。
    確かにタダは聞こえがよいけれど、やはりねぇ~
    問題大ですね。
    患者側も責任なくなりますもの。
      イチイさん、体調管理にお気をつけてくださ~い!

    2017年06月16日 07:15
  • yossi

    初めまして、いつもイチイさんのブログを楽しみにしています。
    15日のヤシの木に引っかかって出てきてしまいました。(笑)
    すみません、コメント欄が閉じているのに。

    ヤシの木ではなく、バナナの木ではないかと思います。
    ロンドンにバナナの木があるなんてびっくりました。
    これからもブログ楽しみしています。
    2017年06月16日 16:42
  • イチイ

    Mayさん、コメントをありがとうございます。
    少なくとも日本にいるほうが健康的に過ごせるような気がします。タダほど高いものはない と言いますが、どうしても治療が必要な時は100%負担でプライベートの病院に行くしかないのだと思います。病気にならないことが、貧乏人がこの国で生きていく上での前提条件のような気すらしますので、健康には気を付けたいと思います。
    2017年06月19日 04:04
  • イチイ

    yossiさん、はじめまして。コメントをありがとうございます。
    こちら、バナナなのですね。ロンドンでバナナ?と不思議な気がしますが、バナナの実がなるのが楽しみです。たぶん地上15mくらいのところなので、実がなっても もいで食べることはできないと思いますが、楽しみです。
    2017年06月19日 04:10