結婚をしばしば宝くじにたとえるが、それは誤りである

先週末、ノーベル賞を受賞した脚本家、
バーナード・ショーが住んでいた家に行ってきました。

バーナード・ショー(1856年7月26日 - 1950年11月2日)は、
20世紀のイギリスを代表する劇作家、脚本家、批評家です。

特に彼の作品が好きというわけではなく、
家からほどほどの距離にある名跡だったので、
近距離ドライブに慣れるために、
そこへ行くことにしました。

そんな事情だったので、
ショーの家に行ってガイドさんの話を聞くまで
彼がノーベル賞とアカデミー賞をとった逸材だとは
まったく知りませんでした。

Shaw's Corner (ショーズ・コーナー)
と呼ばれるこの家は、
1902年に牧師館として建てられたそうですが、
その教区にあった教会の規模に
見合わないほど大きい家だったので、
1906年に貸し出すことになったそうです。

そして、その家を借りたのがバーナード・ショーでした。
最初はテナントとして入っていたものの、
1920年にはこの家を購入することとなり、
その後1950年に亡くなるまで住んでいたそうです。

IMG_9386.jpg

このお屋敷の、右半分のみ一般公開されています。

ガイドさんに聞いたら、建物の左半分は
かつては住み込みのお手伝いさんが使っていた場所で
残念ながら見ることはできないそうです。

1950年にバーナード・ショーが亡くなるとき
住んでいた家をそのままの状態で
ナショナル・トラストに寄付したので、
たとえば寝室の洋服ダンスにかかっていた
このコートは、バーナード・ショーが
生前に使っていたもので、
亡くなった当時のまま保存されているそうです。

IMG_9401.jpg

こちらが、バーナード・ショーの寝室です。

IMG_9400.jpg

あれ?シングルベッド?
確か、奥さんがいたはずだけど・・・

と思って、ガイドさんに聞いてみたら、
奥さんは隣の部屋をベッドルームとして使っていたそうです。

後で調べてみたら、バーナード・ショーは
アンチ・結婚派だったようで、
こんな面白い名言を残していました。


「結婚をしばしば宝くじにたとえるが、それは誤りだ。
宝くじなら当たることもあるのだから」


「食べ物に対する愛より誠実な愛はない」


独身貴族を貫いていたバーナード・ショーは
42歳の時に結婚しています。

お相手のシャーロットは1歳年下で、
結婚当時は41歳でした。

フェビアン協会という、
当時の社会主義知識人の集まりで知り合い、
シャーロットはバーナード・ショーに惚れ込み、
親から引き継いだ富を
バーナードのさまざまな活動につぎ込んだそうです。


でも、バーナードはシャーロットに結婚を求められたとき
一度は断ったそうです。

結婚を断った帰り道、
自転車で転んで骨折をしてしまったバーナードを
シャーロットが献身的に看病し、
バーナードは結婚することに同意したそうです。

気が弱った時に付け込んだのかしら?

などと下世話なことを考えてしまいましたが、
その後2人は45年近くもの間、
シャーロットが亡くなるまでずっと一緒にいたそうです。

きっかけは何であれ、
きっと2人は幸せな晩年を過ごしたのでしょうね。


そんなシャーロットさんの肖像画がありました。

IMG_9393.jpg

ほんわかした雰囲気の
「和み系」な女性だったのかな・・・

と思いつつ、他の部屋を見てみたら、
バーナードとの新婚旅行で撮ったという
写真が飾ってありました。

IMG_9394.jpg

・・・・・え!?

さっきの肖像画と同一人物とは思えません。

ざんばら頭に、額に深く刻まれたシワ。

苦労が顔に出ている、というほどではありませんが、
あのホンワカした肖像画との違いに驚きました。


考えてみれば、
当時の写真は無修正。

でも、絵画なら
画家が思いのままに修正できますよね・・・

この記事へのコメント

  • ミルモ

    こんばんは。
    豪邸ですねこれでイギリスでは、普通の家なんですかね(*´-`)肖像画と写真が別人みたいですね。疲れはててるみたいに、見えますね。・・・エケバリア、サボテンなんですね。知らなかったです(ノ´∀`*)バラみたいですね、可愛い植物ですね。家族が増えましたね(*^_^*)後少しでお休みですよ、ドライヴ楽しみですね。・・・またね。
    2017年05月18日 18:14
  • たま

    中年以降の結婚はそれまでの生活習慣でできた性格、体格、習慣が固まっているからよほどの行動力ないと若者のように変わりませんよ。同じような性格、習慣の人ならばいいですが同じに多様な人はなかなかいませんからね。若者ならば相手に合わせて妥協して協力する柔軟性がありますが・・・中年以降は凝り固まった性格、習慣でできたので忍耐力、行動力が若者以上に要求されますよ。だからいきなり結婚すると分かれる人が多いです。元が違いすぎるから。
    自己主張の強い人は協調性がない限りすぐに離婚しますからね。
    忍耐力、行動力要求されるのが結婚ですからね。
    大変だね
    2017年05月18日 18:45
  • イチイ

    ミルモさん、こんばんは。
    イギリスでも大きな家の部類だと思いますが、貴族の邸宅などがあることを考えると、一般社会の裕福層が住む普通の家なのでしょうね。
    エケバリア、バラみたいですよね。葉先がうっすら赤くなっていて可愛いです。
    2017年05月19日 05:05
  • イチイ

    たまさん、コメントをありがとうございます。
    コメントを読んでいて、頭の中にAさんが浮かびました。まさに柔軟性がなくて、忍耐力がないというか、自分が正しいと思ったら、決して我慢したり、相手と折り合いをつけることがない人なので、、、正直なところ、ああはなりたくないなって思ってしまいました。先日もAさんに呼び出されて、大変でした。断る勇気も持たないとなぁ・・・と思う今日この頃です。
    2017年05月19日 05:07
  • やまこ

    お久しぶりです。ごめんなさい、すごく疲れました、へのコメントです。どうも新しい記事へのコメントが出来なくて。

    ご自分でも気づいておられますが、NOの言い方を研究しませんか?相手の事情を優先してあげて、自分の都合は後回し、で、後悔するのは時間もお金も無駄、さらに相手に軽く見られるだけです。

    笑顔で感じよくNOと言う、のは性格によっては難しいかもしれないけど、とても大切なスキルだと思います。なんでも受け入れる人のことは案外尊重しないものです。安く見られます。なんの説明もせず、ただ今日は無理、と言えばいいです。自分にとって本当に大切な人とどうでもいい人を同等に扱ってはいけません。最初にキッパリNOと言えないことで苦労なさった経験ありましたよね?相手はそれがよく分かっていて利用してくるのです。何事も練習ですよ。笑顔でキッパリ、です。
    2017年05月19日 12:35
  • イチイ

    やまこさん、ご無沙汰していますが、お元気でしたか。コメントをありがとうございます。
    おっしゃる通り、相手に軽く見られているのかもしれません。向こうから誘ってきたのに遅れてきたし・・・ そう考えてみると、相手は私のことを後回しにしていた、ということになるのでしょうね。
    今回は「緊急」という言葉に惑わされてしまいましたが、次回以降はきちんと断れるよう頑張ります。きちんと断ることって、本当に大切なスキルですよね。もし次に誘われたら「今日は無理」とキッパリ断るようにします。ありがとうございます!
    2017年05月20日 01:03
  • kako

    豪邸の割にはお部屋は質素なんですね。やはり家はアメリカが便利でよいです。独り者でもシングルベッドっていうのはまずはあり得ないしお布団なんかも豪華! 枕は最低でも3個、私のベッドでも5個あります。今までに見た最高は13個っていうのがありました。
    どちらに転がって寝ても枕があって安全って。。。。ははは
    大体各部屋にお風呂が付いているなんていうのはおそらくアメリカだけなのかな? まあ無駄と言えば無駄かもしれないけど。
    2017年05月21日 17:14
  • イチイ

    kakoさん、コメントをありがとうございます。
    そうですね、文豪といってもフェビアン協会(社会主義の人たち)の人なので、たぶん普通よりは質素な生活をしていたのだと思います。ベジタリアンで健康にも気をつけていたようですし・・・
    こちらも子供の部屋とか、私みたいな貧乏人の家以外は、普通は1人部屋でもクイーンサイズのダブルベッドが置いてあります。
    イギリスはマスターベッドルームはオンスイートなところが多いですが、それ以外の部屋はオンスイートだったり、そうでなかったり・・・といった感じです。自分のバスルームは気兼ねせずに使えて良いですね。
    2017年05月22日 15:00