食べだしたら止まらない沖縄土産

実は、昨日このお菓子をもらったんです。

image-194d5-thumbnail2.jpg

先日、コーヒーマシンのところで会った他の部署の人が
「出張者の方におすすめするホテルが分からなくて
本店の偉い部長さんにボロいホテルを予約してしまって怒られた」
と言っていたので、ホテルのファイルを送ってあげたのです。

会社が支給したホテルリストに、
喫煙室の有無とか、車寄せがあるかとか、
VIPチェックインができるかどうかとか、
すぐ近くにミシュランレストランがあるとか・・・

自分がこれまでに予約した時に集めた情報を
いろいろと入力したファイルです。

とても喜んでもらえて、お礼に・・・とお菓子をくれたんです。
自分用のメモというか、覚書程度に書いていたコメントが
こんなに喜ばれるとは思っていませんでした。

ついでに、自分用に作った覚書程度ですが
会食に使えそうなレストランリストもあげたら
こちらも喜ばれました。

先日の、私が大半を直してDさんが送った
普通のビジネス日本語で書いたメールが評価されたり、
こんな覚書のようなものが喜ばれたり・・・

なんだか仕事に対する評価というか、
人様に喜ばれたり評価される仕事のやり方というものは
自分が思っていることとは
少し違うのかもしれないと思いました。


このお菓子、とても美味しかったので
お隣の上司にも少しおすそ分けしたのですが
上司も「これは美味しいですね」って言っていました。

一見すると「おかき」みたいで、
確かに「おかき」っぽい塩味がするのですが
主なフレーバーは「かりんとう」なんです。

私は甘いものが大好きですけど
かりんとうだけは、甘すぎて苦手なんです。

でも、このお菓子は仄かな甘味で
「かりんとう風味」という程度の甘さなので
黒糖のコクのある甘味を楽しめました。

コッテリとした黒糖の甘味に薄い塩味が効いているので、
甘味と塩味が一緒に味わえるんです。
私の表現力が足りなくて、
あまり想像がつかないかもしれませんが・・・
甘さと塩味のバランスが絶妙なんです。

しかも、「おかき」独特のサクサクした
歯ごたえが後を引くんです。

御煎餅みたいに硬すぎず、
かりんとうみたいにネットリしすぎず
軽い噛み味なので、ポリポリ、ポリポリ・・・

・・・と 手が止まらず、
あっという間に平らげてしまいました(苦笑)

これ、沖縄に行った人からのお土産だそうで
「黒糖揚」というお菓子なんだそうです。

楽天市場でも買えるみたいです → 沖縄黒糖揚げ

この販売ページに赤い太字(しかも大文字)で
「食べだしたら止まらない」と書かれていて
思わず、「まさに、そのとおり!」とつぶやいてしまいました(笑)

でも・・・ 210gで500円以上します。
やっぱり「美味しいな」って思うお菓子は
高級なんだなぁって思いました。

この記事へのコメント