バラのうどん粉病 治療法

しばらく前に、
バラの苗が うどんこ病になったお話をしました。
こちらです ↓
http://yewtree.seesaa.net/article/449849448.html

重曹を薄めたもので洗い流し、
一旦は良くなったように思えましたが、
まだ白いカビのようなものが見えています。

IMG_9328.jpg

でも、これがカビ(うどんこ病)なのか、
それとも重曹が乾いて固まったものなのか、
よく分かりません。


でも、見るからに「うどんこ病」っぽい葉があるので、
他に治療法がないか、調べてみました。

すると、意外と言えば意外、
当然と言えば当然なのですが・・・

除菌ティッシュで葉を拭き取る、
という方法があるそうです。

うどんこ病はカビなので、
除菌してしまえば、
カビは生えてこないはずです。

というわけで、1時間半くらいかけて、
全ての葉っぱと茎を裏表ともに、
キレイに拭き取ってみました。

それと、アブラムシ対策として吹きかけていた
ニンニク・唐辛子・タマネギの煮汁をやめました。

ニンニク・唐辛子・タマネギは食べ物だから、
カビの繁殖を増長しそうな気がしたので、
代わりに、お酢を希釈したものを使うことにしました。


ところで、このバラはロンドンから北西のほうへ
車で3時間くらいの走ったところにある、
とても有名なバラ農家のものです。

デビッド・オースチンという、
現代のイングリッシュ・ローズの
生みの親ともいえる人が創立したバラ農家で、
イギリス国内で売っているバラのなかで
もっとも信頼がおけるバラ苗を販売しています。
(お値段も他のものよりも高いです)

調べてみたら、このバラ農家では
一般公開しているバラ庭園があり、
その庭園には700種類ものバラが植えられてるそうです。

roseg.jpg

このバラを買ったときのお話は、こちらです ↓
http://yewtree.seesaa.net/article/449745123.html


そして、このバラの生まれ故郷である、
デビッド・オースチンのバラ農家へ行ってきましたので、
次回のブログでご紹介させていただきますね。

この記事へのコメント

  • たま

    病気になっている葉っぱをとるのはダメなのですか?そうすると葉っぱが少なくなってしまいますが、後から葉っぱはえてくるのでは?
    まだ小さいから病気にならないようにすることが先かもね。大切に育ててね
    2017年06月03日 19:18
  • イチイ

    たまさん、コメントをありがとうございます。
    バラは肥料食いで、葉っぱがないと光合成ができなくなるので・・・ 形を整えるために、既に沢山の芽や枝が間引きされているので、病気の葉っぱをすべてとったら花が咲かな苦なってしまうと思います。これで収まると良いのですが・・・
    2017年06月06日 03:11