ハムステッドのパーゴラガーデン

先週の日曜、パーゴラで衝撃的なカップルを見た後、
のんびりパーゴラをお散歩したときの写真です。

衝撃的なカップルの話は、
こちらに書いています ↓
http://yewtree.seesaa.net/article/449516471.html


期待していた藤棚は
まだ満開には早いようです。

IMG_9066.jpg

この左手にある棚の屋根は、すべて藤です。
満開になったら、素敵でしょうね。

でも、日の良くあたる場所では、
少しずつ開花していました。

IMG_9052.jpg

唯一咲いていたのが、
こちらのクレマチスです。

ピンクと青紫の花で、
色の取り合わせが上品で可愛らしいですね。

IMG_9062.jpg


前に来たときには気づきませんでしたが、
ここにはツルバラが沢山植わっていました。
バラの季節に来たら、
きっと良い香りで満ち溢れるのでしょうね。

IMG_9056.jpg

IMG_9057.jpg

IMG_9059.jpg

IMG_9060.jpg



さらに、今回は奥のお庭にも行ってみました。

IMG_9071.jpg

そこで、この木に気づきました。

IMG_9074.jpg

このカラフルな木、もしかして・・・

IMG_9077.jpg

やっぱり! ピエリス(あせび)です。

私が買ったピエリスのお話は、
このあたりに書いています ↓
http://yewtree.seesaa.net/article/449315395.html

私の小さなピエリスも、
環境がよければ、
いつかこんな大木になるのでしょうか?

でも、ピエリスは育つのが遅いことで有名なので、
これだけの大木になるためには
一体何十年の月日がかかるのでしょう?

古そうな庭園だとは思っていましたが、
こういうものを目の当たりにすると、
何十年もの間 大切に世話をしてきた人たちに対する
感謝の気持ちが沸きあがってきます。

他にもツツジが満開だったり・・・

IMG_9079.jpg

私の好きなフクシア、
楽しそうに踊っているようなお花も・・・

IMG_9082.jpg

そして、Bleeding Heart もありました。

IMG_9080.jpg

このお花、
英語では Bleading Heart (血を流している心臓)という
生々しい名前がついていますが、
日本語では「ケマンソウ」と言うそうです。

鯛がさおにぶら下がっている様子に似ていることから
「タイツリソウ」という別名もあるそうです。

英名ほど生々しくはありませんが、
「タイツリソウ」という発想も面白いですね。

私には、沢山のイヤリングが
ぶら下がっているように見えました。


この記事へのコメント

  • たま

    花が咲けばきれいな公園になるね~~。でもたくさんの人が来るかもしれませんね。いいね。心が明るくなるから咲くのが楽しみだね~~。しかも無料で行ける公園ですから。いいね
    2017年05月06日 07:21
  • イチイ

    たまさん、ありがとうございます。
    そうですね、沢山の人が来そうなので、花が咲き始めた頃に朝早く足を運んでみようと思います。
    本当に、こんなところに無料で入れるなんて素晴らしいと思います。
    2017年05月06日 07:39
  • kako

    お花詳しいですね。私は卑し系なので団子の方が詳しいです。。。。
    こちらのつつじはもう一月前くらいに終わってしまって、そしたら急に昨日からまた寒くなってきました。
    お花を愛でながら英国のガーデンめぐりなんて夢があっていいですね。
    2017年05月07日 00:05
  • イチイ

    kakoさん、ありがとうございます。
    「卑し系」と言う言葉、面白いですね。笑ってしまいました。こちらも、そろそろツツジは終わりそうです。花の命は短し・・・とはよく言ったものですね。いつまでイギリスにいるのか分からないので、多少無理をしてでも、行けるうちに行っておきたいと思っています。こういうふうに考えるようになったのも、行動力の塊のようなNさんの影響のような気がします。やっぱり、日常付き合う人って大切だなぁとおもいました。
    2017年05月07日 08:23