「幸せ」には慣れが必要だと思いました

このブログを読み続けて下さっている方はご存知だと思いますが、
私は今のアパートに引っ越してきてから、
とても落ち着いた日々を送っています。

地下鉄通勤からバス通勤になったため、
毎日の通勤でも往復ともに必ず座れますので、
混みあった電車で不快な思いをすることもなく、
窓の外や、バスを乗り降りする人々を眺めながら
のんびりと通勤しています。

家からバス停までは公園を通って行くので
朝から広い空を眺めながら
清々しい空気を胸いっぱいに吸い込んで、
リフレッシュした気持ちで毎日をスタートできます。

今の部屋は、狭くて、古くて、ボロくて
隙間風が吹いてホコリがたまるし、
隙間から入ってきたクモが巣を作るし、
毎日どこかしら掃除しているような部屋です。

でも、テラスで大好きな植物を育てられるし、
週末はテラスのブランコベンチに座って
ぼーっと植物を眺めているだけで、
嬉しい気持ちで胸がいっぱいになります。

そして、近所には広い公園があるので、
毎週末お散歩に出かけています。

公園内では、沢山の人が犬の散歩をしていて、
歩いているだけで色んな犬が寄ってきてくれるので、
そんな犬たちを撫でるのが楽しくて仕方ありません。


「昔、夢見ていたい生活」というわけではないのに
温かい気持ちが湧き出てくるきっかけになるものが
自分の周りに沢山あるのです。

たとえば、それは公園を歩いているワンちゃんだったり
もうすぐ咲きそうなゼラニウムの花だったり、
隙間風の吹く窓の外に広がるレンガの壁と青空だったり、
目覚めたときに聞こえる鳥の囀りだったり・・・

そんなものたちに囲まれている生活が快適で、
何の不満も感じることなく、
自然と気持ちが落ち着いてくるのです。


そして、気持ちが落ち着いているせいか、
どんなに仕事が忙しくても、
どんなに理不尽なことを上司に言われたとしても、
「ま、仕方ないか・・・」と受け流せるのです。


実は、先月はとても忙しくて、
会社に泊り込んだり、
週末に出勤したりしていたのです。

でも、私の給料は年棒制なので、
残業代などは出ません。

本当に辛くて、大変な毎日でしたが、
「家に帰ればゆっくりできるし、ま、いっか」
と思えたのです。

言い方を変えますと、
「がんばらなくちゃ!」と自分に言い聞かせて、
自分をムチ打つ気持ちにならずとも、
なんとか乗り越えられたのです。


こう考えてみると、
自分がくつろげる環境って、本当に大切ですね。

でも・・・・

不思議なことに、
「こんなに幸せでいいのだろうか?」と、
なんだか罪悪感のようなものを常に感じていました。

罪悪感と言うよりも、
「そこはかとない居心地の悪さ」と言ったほうが、
しっくりくるかもしれません。

なんとなく常にソワソワしていて、
自分でも この気持ちが何なのか分かりませんでした。


そして、先週末、
テラスのブランコベンチで揺れているときに
こんなことを思ったのです。


もしかしたら・・・

私は子供の頃から「落ち着いた生活」というものを
経験したことがなかったから、
「落ち着いた生活」に慣れていなくて、
こうして、いざ落ち着いた生活をしてみると
なんとなくソワソワとした居心地の悪さを感じるのかな?

つまり、これは「慣れ」の問題なのかな?

そして、世に言う「不幸体質」というのは、
もしかしたら「不幸な環境に慣れた体質」ということで、
子供の頃から不幸な環境にいた人は、
(私みたいに)突然 ハッピーな環境になると、
いつもと勝手が違うから、
どうにもしっくり来ない感じがするのかも?


実は、どうしてそう考えたのかといいますと、
こんなに幸せなのに、なぜか?
「転職しようかな」とか
「引っ越そうかな」とか、
「日本に帰ろうかな」とか・・・

客観的に見たら、どう考えても
今よりも不幸になるような選択肢が
頻繁に頭をよぎるのです。

言い方を変えるならば、
今の落ち着いた生活を壊してしまうようなことを
知らず知らずのうちに、
いつの間にか考えてしまうのです。

たとえば、こんな感じです。

「引っ越そうかな」と無意識のうちに考え出して、
「引っ越すとしたら、どのあたりかしら?」などと
細かいことまで具体的に考えてしまうのです。

そして、しばらく考えた末に、
「東ロンドンなら家賃が安いかも」などと
結論が出たときに、はっと気づくのです。

「ここを引っ越すなんて・・・
ここよりも良い物件があるとは思えないのに、
私ったら、何を考えていたんだろう?」


こんな感じで、不幸になる選択肢について
無意識のうちに考え始めてしまうことが
とても多いのです。


でも、どうして自分が
今よりも不幸になる選択肢を考え始めてしまうのか、
その理由が、まったく分かりませんでした。

そして先週末、その理由として思い当たったのが、
「自分は不幸に慣れているからだ」
ということだったのです。

たぶん、不幸に慣れきっているから、
不幸な状態にいることが、
自分にとっての「正常な状態」となっているために、
こうして初めて幸せな状態になると、
なんだか自分の居場所じゃないような、
場違いなところにいるような気がしてしまい、
居心地の悪い気分になってしまうのではないか?

そして、その居心地の悪さを解消するために、
無意識のうちに「正常な状態(=不幸な状態)」に戻そうとして
不幸な選択肢を考え始めてしまうのかもしれない、
と思いました。


こんなふうに思ったときに、
「だから、自分は今まで不幸だったのかも?」と、
目からウロコが落ちたような気持ちになりました。

自分では気づかないうちに、
子供の頃から慣れ親しんだ環境(=不幸な状況)、
つまり自分にとっての「正常な状態」に戻ろうと
努力していたわけです。

でも、それに気づいていないから、
自分としては、幸せになるために頑張っているつもりでした。

頑張ってはいたものの、
残念なことに その「頑張り」は
「幸せ」に向かうものではなかったわけです。


そう考え始めたら、
これまで私なりに頑張って生きてきた、
何十年もの時間が無駄なものに思えて、
気持ちが沈んでしまいました。

そして、ブランコに揺れながら、
「私の人生、なんだったんだろう・・・」と
何度も何度も、繰り返し口に出していました。


でも、しばらく落ち込んだ後に思ったのです。

「では、どうしたら
この居心地の悪さを解消できるのだろう?」

ブランコに揺られながら しばらく考えた末、
たぶん、これも「慣れ」が答えなのかな?と思いました。

つまり、幸せな状態に「慣れ」ればいいわけです。

これ(幸せ)が自分の正常な状態であることを認識し、
それを常に意識するようにして、
無意識のうちに不幸な選択をしそうになるのを食い止める。

そうしていれば いつの日か、今の状態とは逆に、
無意識のうちに「正常な状態(=幸せな状態)」を選んで
生きていけるようになるのかな? と思いました。

これが正しい答えなのかは、分かりません。
でも、実践してみる価値はあるかもしれません。


そして、幸せな状態が正常であることを
とことん自分の中に染み込ませるためには、
どうしたらいいのだろう?

そう考えたとき、
具体的な答えが見つかりませんでした。

でも、たぶん・・・

たとえば、育てている植物が
元気に成長している姿を見て嬉しく思ったり

子供の頃に思っていた
「良い香りのするバラを育ててみたい」
という小さな願望を実現させてみて、
ささやかな充実感を感じてみたり・・・

そんな小さなことを
毎日少しずつ積み重ねていけば、
それが自分の日常、つまり「正常な状態」であると
身体が自然と覚えてくれるかもしれません。

先日、ガーデンセンターで散財したときも、
今までの自分だったら
「ああ、また無駄なものを買ってしまった・・・」
などと罪悪感を感じていたような金額だったのに
「後悔してないもん!」と断言できたのは、
もしかすると無意識のうちに
「幸せ」の選択が出来ていたからかもしれません。

そう思うと、自分がやりたいと思うことや
欲しいと思うものについては、
自分の給料や時間や能力で出来る範囲内のことであれば
お金の面でも、気持ちの面でもケチケチせず、
色々とやってみるのが良いのかもしれません。


実は、少し前から
「欲しいな、やりたいな」と思っていることがあって、
でも、すごく迷っていることがあるのです。

もしかすると、
それも無意識のうちに不幸を選択するという
ストッパーがかかって、迷っているのかもしれません。

そのことについては、
話し出すと長くなってしまうので、
また日を改めてお話させてください。

ここまで長々と読んで下さって、
ありがとうございます。

うまく纏めることができないのですが、
こう考えたことを忘れないように、
こちらに残しておきたいと思ったのです。



話は変わりますが、
こちらはご近所の壁一面に広がっていた
てっせん(クレマチス)の花です。

837E15EB-65E9-4EE7-9E5D-EB60AA19884E.JPG

白くて小ぶりな可憐な花ですが、
これだけ大きく広がっていると見ごたえがありますね。

436E74D9-E409-4F45-8358-3EB1B61D16F8.JPG

ロンドンは、公園も町並みも、
ごく普通の家ですら、
お花が元気に咲いていて、
見ているだけで気持ちが明るくなります。

この記事へのコメント

  • ラテ

    ご自分のことを分析して今後の生き方に活かそうとする、すばらしいと思います:) 私も同じことを繰り返さないでもっと良くなるためにちょっとだけでも努力するようにしよう、と改めて思いました!はやくイチイさんが今の幸せに慣れます様に:)
    2017年04月22日 22:23
  • ミツミ

    こんばんは。

    はっとさせられました。
    確かに思考の癖や慣れた環境が前に進むことを妨げたりするのだわ、と。
    貴重な視点をありがとうございます。
    自分を客観的に見ることも大事ですね。

    実は随分以前からイチイさんのブログを拝見しています。
    法的にどうなのな、難儀な大家さんに困っていらした頃、人ごとながら心配しましたが、あの頃に比べて今のイチイさんの文章は生き生きされています。
    お好きな植物と街と近くにいらっしゃる方々のいい影響を沢山受けていらっしゃるのでしょうね。

    のびのびと呼吸されているように感じます。
    2017年04月23日 01:59
  • ゆかり

    すごい〜っ!
    私も目からウロコです。
    私も何度も同じ環境になってしまってました。
    うすうすは自分でも感じていましたが、
    いつも自ら悪い方向へ進んでいくのはなぜ
    だろうと思ってました。
    慣れだったんですね。そうですよ。。。
    落ち着くとそわそわし出すんですよね。
    そして悲しい思いをするはめに。
    私も幸せや平和な生活を逃さないよう頑張
    ります!
    ありがとうございます。(๑˃̵ᴗ˂̵)
    2017年04月23日 02:01
  • たま

    人は環境によって変わりますからね。ネガティブな環境にいるとそれが普通になって正常な感覚がなくなっていきますからね。特にDV家庭は環境が劣悪ですから子供もDVになりますね。だから親から引き離すことで子供を正常に戻します。環境が一番人を変えますから。環境が一番重要ですよ。
    不幸な環境にいた人はすぐに元に戻るような考えしますが良い環境にいれば時間が人を変えていきますよ。心配しないほうがいいですよ。
    友人Nさんにも恵まれていますから今は一番いい状況だと思った方がいいでしょうね。恵まれていますよ。変なネガティブなこと考えないほうがいいですよ。
    まずは自分の生活を落ち着かせて考えをポジティブに保てるようになることを祈ります。
    ガンバ!!
    2017年04月23日 08:27
  • ミルモ

    こんにちは。
    今の生活を作るために昔の苦労がね、あったんですよ(*^-^*)イチイさんが毎日楽しく暮らせてたら、過去とかはどうでも良いしね。お花見て幸せって思えてたらいいしね。イチイさんは凄いよ(*^▽^*)これから先ももっといっぱいね、楽しいことが有るんですよ。自分がしたいことは、何でもやりましょうね。綺麗な場所でいっぱい癒されましょう。お仕事頑張ってね。頑張った後は自分の時間を楽しみましょう。まだまだ先は長いですよ。・・・またね。
    2017年04月23日 14:32
  • イチイ

    ラテさん、ありがとうございます。
    たぶん、テラスで一人でぼーっと考える時間が増えたからだと思います。部屋の中でぼーっとしているよりも、青空と緑の木々を見ながら、そして鳥のさえずりを聞きながら考えていると、自然と建設的な考えができるような気がします。最初は大変だとは思いますが、私も頑張ります。励まして下さって、ありがとうございます。
    2017年04月24日 05:01
  • イチイ

    ミツミさん、ありがとうございます。
    私も、日本にいた頃に比べて肩の力を抜いて生きていけているような気がします。色々と不便なこともありますが、自分そのままでいても誰にも陰口を言われない生活は、言葉にできないほど気持ちが軽くなります。本当に、あの頃は真っ暗闇な行き詰った(行き止まった)生活でした。あのブログを書いた頃から2年近く経っています。時が経つのは早いですね・・・ 昔から読んでくださっていて、ありがとうございます。これからも良かったら見に来てください。宜しくお願いします。
    2017年04月24日 05:06
  • イチイ

    ゆかりさん、コメントをありがとうございます。
    ゆかりさんも私と同じような感じだったのですね。私も、これが正しいのか(良い方向に進めるのか)分かりませんが、とりあえず「幸せ」が自分の標準デフォルト状態になるよう、意識していこうと思います。お互い、がんばりましょうね。
    2017年04月24日 05:08
  • イチイ

    たまさん、ありがとうございます。
    DV家庭は本当に悲惨ですよね。私も今だにあの頃に根付いた行動パターンや考えに悩まされることがあります。三つ子の魂百までも、とは良く言ったものだなと思います。
    でも、今はとても良い環境にいるので、あまりくよくよせずに、自分がニコニコと笑顔になれる場所や環境にいるようにして、ネガティブなことを考えないようにしています。生活が落ち着いてきたので、それをぶち壊すことにないよう、そして少しずつでもさらに良いものにしていけるよう、心がけたいと思います。いつも励ましてくださって、ありがとうございます。
    2017年04月24日 05:14
  • イチイ

    ミルモさん、ありがとうございます。
    本当に、今の私の周りには癒される場所がいくつもあって救われます。家でボーっとしていると暗い考えにとらわれがちですが、外のテラスや公園で考えていると、なぜか明るい方向に物事を考えることができます。本当に有難いことです。
    2017年04月24日 05:15
  • kako

    綺麗なお花ですね。周りの人が私をみたら一人暮らしの行き遅れのばあさんでかわいそうって思っているかもしれないのですが、私はなるべく自分が幸せと思うようにしています。嫌なことがあって家に帰るとまずは我が家の猫達をだいて一匹一匹に話しかけるのです。ママが一番可愛いと思う男の子フォーレスト。。。一番先にお家にきてくれた可愛いべらちゃんそして甘ったれっこのエマちゃんママはみんなと一緒にいて幸せよ。ありがとうって口に出して言うと嫌なことを忘れることができます。。。。。私って単純なんです。
    私の幸せ度って低いのかな。。。。。
    2017年04月25日 06:18
  • イチイ

    kakoさん、ありがとうございます。
    最近思うのですが、幸せって人から決められることではなくて、自分で決めることと言いますか、自分が「幸せなの!」と断言したら、それが他の人の目にどう写ろうとも、私が幸せである事実は変わらないはず、、、と思うようになりました。だから、幸せ度には低いも高いもないのではないでしょうか。
    ペットはセラピー効果もあるようですし、家に家族がいてくれるのは癒されるでしょうね。私もペットを買いたいです。
    2017年04月25日 08:18