空港で買ったお菓子は、その場で食べてはいけないようです

上司が日本出張から帰って来て、
「皆で分けてね」と言いながら
ヨックモックのお菓子をくれました。

懐かしい日本のお菓子だ!
と思って、ラッピングを外そうとしたら・・・

F90E4834-8573-4945-8226-853EFD57867B.jpg

ちょっとビックリしてしまいました。

これ、羽田空港の出国審査後に買ったのだと思いますが、
空港内で食べてはいけないみたいです。


お菓子を配るときに、
仲の良い同僚のGさんに、このパッケージを見せながら
こう話しかけました。

私 「これって、ゲートで買ったコーヒーとかサンドイッチも
その場で食べちゃいけないってこと?」

Gさん 「いや、食品はVAT(イギリスの消費税の名称)対象外だから
別に食べても大丈夫なんじゃない?」

私 「そっか・・・」


そして、お菓子を配り終わった後、気付きました。


日本って、食料品にもVAT(消費税)がかかってますよね?

ということは、厳密に言うと、
ゲートの売店で買ったコーヒーも
その場で飲んではダメということでしょうか。

それとも、売店で売っているもの(その場で消費するもの)には
消費税がかかっているのでしょうか。

空港の食べ物は高いというイメージがあるため、
空港内で飲食したことがないので、
実際のところ どうなっているのか分かりません。


このやり取りで気づいたのですが、
イギリスでは最低限の生活を送るための必需品には
VAT(消費税)がかかっていません。

食料や子供向け用品などには
消費税がかからないのです。

レストランでの食事や、
食べ物でも嗜好品に分類されるものには消費税がかかりますが、
どんなに貧しくても買わずに過ごすことができないものには、
税金が課せられていません。

そういう意味では、とても国民思いの政府ですね。

日本政府もそういう点を見習ってくれたらいいのにな・・・
なんて思ってしまいました。

この記事へのコメント

  • kyouko

    こんにちは、いろいろなこと世間にはあるのですね、全く知りませんでした。イギリスのこと、普段耳にしないことまだまだあります。体に気をつけてくださいね。
    2017年04月05日 07:24
  • たま

    日本だと税金泥棒と言われるように公務員の無駄使い、不正な賄賂がありますからね。自分の懐に収めてしまう公務員いますからね。取るだけ取って還元しない、無駄使いしている実態ありますから。
    お役人が自分の経費節減なてしませんからね。だから消費税、税金を納めない人がいますから。
    北欧のようにキチンと公開して適切に使っていればいいのですが・・・
    役人体質ですから仕方ないですね。

    2017年04月05日 10:10
  • イチイ

    kyoukoさん、ありがとうございます。
    本当に、自分の世界って狭いなぁ・・・と思うことが多くなりました。それを批判することなく、盲目的に信じることなく、いろいろと考えながら、理解しながら、物事を咀嚼しているような毎日です。
    kyoukoさんも、身体に気をつけてくださいね。
    2017年04月06日 06:52
  • イチイ

    たまさん、コメントをありがとうございます。
    消費税、税金を納めない人がいるのですか・・・すごい信念ですね。国民の義務だと思って、何の疑問も感じていませんでしたが、払うだけ払って、その後の使途については考えてみたことがありませんでした。国を良くするため、国民の生活をよくするために使ってくれればいいのに、お役人になって甘い汁を吸えるようになると、人が変わってしまうのでしょうか。それとも甘い汁を吸うためにお役人になるのでしょうか・・・ イギリスはどうなっているのか、興味がわいてきましたので、時間があるときに調べてみようと思います。
    2017年04月06日 07:01