イタリア人が勧める美味しいバジルペースト

ブログでコメントをいただいて気付いたのですが
いろんな人が私に食べ物をくれます。

指摘されるまで気づかないのが
私の残念なところというか、
人様に対する感謝が足りないのかもしれませんが(反省)
ありがたいことです。


そして、産休から帰ってきた同僚のDさんからこれを貰いました。
イギリスからのお土産です。

image-2df05.jpg

Dさんはお父さんが商社勤めだったそうで
子供の頃にニューヨークやミラノなど、
何カ国もに住んだことがあるという国際人です。

そんな彼女は、産休明けで復帰したら長い休みが取れなくなるから、
産休から復帰する直前に、旦那さんと赤ちゃん連れで
ヨーロッパ旅行に行っていたそうです。

赤ちゃん連れでヨーロッパ!?
と驚いたのですが、外国暮らしが長かった彼女にとっては
海外旅行がそれほど大きなハードルじゃないみたいです。

それに「赤ちゃんのときのほうが飛行機代が安く済むから」
とも言っていました。なんだか、逞しいなぁ・・・

こう考えてみると、同じ「事務員」として仕事をしていても
メンタリティとか仕事をしている感をアピールするところとか
いろんなところで差ができてしまって
彼女の方が責任のある仕事を任されるようになったのかもしれません。

一応、私もイギリスに留学していたのですが、
3年過ごした私と、
子供の頃から足掛け10年近く外国にいた彼女とでは
所詮同じ土俵で勝負することなんて無理なのかも・・・

でも、コメントでいただいたように
私は私、私の力を発揮できることがあるはずだから
地道にスキルアップをしつつ、チャンスを待とうと思います。

すみません、話が逸れてしまいました。

そして、お土産でもらったこのバジルのペーストですが、
イギリスのスーパーで買い物をしていたときに
通りすがりのイタリア人主婦に
「バジルペーストなら、これがいいわよ!」
と勧められたそうです。

イギリスのスーパーでイタリア人に話しかけられて
普通に会話ができてしまうところが
Dさんのすごいところだな・・・と尊敬してしまいます。


パスタを茹でて、混ぜるだけで美味しいジェノベーゼができます。
「パルミジャーノチーズを削ってかけると美味しいよ」と言っていましたが
スーパーで固形のパルミジャーノを見たら
結構なお値段だったので・・・チーズは買いませんでした。

image-46b4f.jpg

このバジルペーストは日本だと手に入りずらいらしく、
「貴重なんだよ〜」と言っていました。

確かに、楽天市場で調べてみましたが、
このSACLA(サクラ)社のトマトソースは売っていましたけど
バジルペーストは見つかりませんでした。

でも、Amazon で調べてみたら、ありました!

サクラ社 バジルペースト

在庫が1個となっているので
やっぱり貴重なのかもしれませんね。


オリーブオイルがギトギトし過ぎてなくて
塩味も程よく付いていて、とても美味しいです。

チーズを買わなかったので、
少し塩を加えて濃いめの味にしたら、さらに美味しくなりました。

しかも、茹でたパスタに混ぜるだけというのが
疲れて帰ってきたときに、すごく助かります。

・・と言いつつ、今日みたいに何もすることがない日でも、
手抜き夕食でジェノベーゼパスタを食べてしまいました(苦笑)

この記事へのコメント