モロッコの入国審査

マラケシュの空港に着いたときの注意点として、
マラケシュの達人・Nさんにアドバイスされていたのは
「入国審査に誰よりも早く駆け込むこと」でした。

Nさんの話では、いつも混んでいて、
たいてい1〜2時間くらい待つ羽目になるそうです。


実際に入国してみて分かったのですが、
モロッコでは観光客に通し番号を振っていて、
初めて入国する人には、
その番号を割り振る手続きがあるのです。

やる気のなさそうな係員が仕事をしていることもあり、
その手続きに時間がかかるのです。

そのため、列がそれほど長くないと思っても、
初めてモロッコに来る外国人ばかりが並んでいると
結構長い間待つ羽目になるようです。


私はNさんからアドバイスを受けていたので、
「とにかく、真っ先に飛行機を出るぞ!」
と意気込んでいたのですが、
なんと私の席は20列目のF、
飛行機のちょうど真ん中の窓際、
つまり、飛行機の外に一番出にくい場所だったのです。

あ〜、これは入国審査1時間待ちは確実だな・・・

そう思いつつ、
マラケシュに近づくにつれて広がってくる、
ピンク色がかった茶色い街並みを見ながら、
「このキレイな景色が、待ち時間の報酬と思おう!」と
自分に言い聞かせていました。



マラケシュに着いたら、
案の定、私が最後から5番目に飛行機を出た人でした。

でも、そこからテクテク早足で歩いて、
20人余りを抜き去り(徒競走みたいですね・笑)
入国審査にたどり着きました。

すると、乗客の大半が入国審査のカウンターではなく、
その向かい側にあるカウンターに群がって
入国カードを書いていました。

肝心の入国審査のカウンターに並んでいる人は
ほんの2~3人しかいなくて、
私は人が群がるカウンターを横目に見ながら
入国審査カウンターに向かいました。

と言いますのも、
先週末Nさんと会ったときに
いろいろなアドバイスとともに
入国カードを私にくれたのです。

私は出発前にカードを記入していたので、
入国審査に直行できました。


そう言われてみれば、
飛行機のなかで入国カードは配られませんでした。

しかも、入国カードが置いてあるカウンターには
ペンが置いていないようで、
大勢の人が「ペンは持ってますか?」と聞き回ってきました。


・・・というわけで、
他の乗客がペン探しに奔走しているのをよそに、
最後から5番目くらいに飛行機から出たにもかかわらず
最初から5番目くらいに入国審査を通過できました。

これもすべて、Nさんのおかげです。


到着した空港は新しいターミナルで、
天井が高くて、明るい光が差し込む
とても素敵な建物でした。

DSC_0915.jpg


今思うと、このときは胸が高鳴って
これからどんな楽しいことがあるんだろう?
と思っていたのですが・・・・

今の私は、期待が高すぎると、
ガッカリ感が際立つものなんだなぁ、
なんて思ってしまっています。

この記事へのコメント

  • 未来

    入国の時は準備万端でも手続きも早く済んだんですね。
    とても綺麗な空港ですね。
    入国してからはトラブル続きのようですが…一人旅は自由だけどいざという時に苦楽を共にできる人がいればなぁと思うことありますよね。でも初心者ですし、ぼられても仕方ないかも。スペインに行った時、複数人でタクシーで移動したのですが、地元の友達に、思い切りタクシー代ぼられてるよ!と言われました。何度も旅行した友達が居て悔しがってましたが土地勘がないところだとそんなものかなと思います。
    まずは怪我や事故がなく、元気に過ごせて、美味しいもの食べられるといいですね。二度と行かないかも知れないし、しっかり観光して来て下さい!次のホテルで暖かく過ごしている事を祈ります。
    2017年01月27日 14:34
  • イチイ

    未来さん、ありがとうございます。
    一度吐きましたが、それ以降は何とか無事でした(小さな火傷くらい)。本当に踏んだり蹴ったりの旅行でしたが、いろいろと考えるところが多かったです。
    2017年01月30日 06:26