昔の自分が見たらガッカリする自分になってしまった・・・

昨日の夜、用事があってデパートに行ったんです。

父の日特設会場が設けられてて、
沢山の人が買い物をしていました。

私には関係ないからなぁ・・・と横目で見ながら通り過ぎ、
デパートを出たところにあったお花屋さんで、
こんなに贅沢なディスプレイがありました。

image-3da05-thumbnail2.jpg

パステルカラーのバラを浮かべた
大きな洋風アンティーク調の大樽。

お洒落でキレイでしたが、
花の部分だけ切られて水に浮かぶ大量のバラを見て、
なんとなく、首だけにされてしまった
バラの花が可哀想な気がしました。

そして、昔、誰かから聞いた言葉を思い出しました。

「美しい夕日を見たとき、
気持ちが高揚する人もいるし
もの悲しい気持ちになる人もいる。
それは、その人の気持ちが反映されているからなのよ」


それが本当なら、自覚はないけれど
今の私は『悲しい』ということになるのかな・・・

私、割と感情の起伏がないほうなんです。
自分が悲しいのか、楽しいのかすら
よく分からないときがあります。


いつからか、傷つかないように
心を閉ざすようになりました。

物事をありのままに受け入れて、
悲しいとか、楽しいとか、そんな感情を押し殺して。

そのうち、何も感じなくなってきて
今の自分が悲しいのか、楽しいのかすら分からないまま、
ただ時を過ごしているだけ。


幸せそうなカップルや家族連れは見ない。
(悲しくなったり、妬んだりしたくないから)

素敵な家に住んでいる人は見ない。
(うらやましく思う自分が惨めになるから)

いつからか、そんなふうにして、
自分の感情を逆なでするものを見ないようにして、
感情が大きく高ぶることのないように
無難に毎日をやり過ごすようになりました。


こういうのって「生きている」って言えるのかしら?
と思うときもありますが、
他に自分を守る方法を知らないんです・・・


でも、このブログを書き始めて
少しずつ自分の気持ちに向き合うようになったような気がします。

大家に対しても、「あーあ、またか」と諦めてばかりいましたが
言葉にしてブログに書いてみると、
「ああ、私、怒っているんだな」と認識したり。

元彼のことも、書いているときに胸のムカムカを感じて
「私、いまだに彼のことを許していないんだ」って気づいたり。
(元彼のこと → http://yewtree.seesaa.net/article/445525583.html?1484432325

なんだか、ブログを書きながら
自分の気持ちを確認しているような気がします。

それと、これもブログを書いていて気づいたのですが・・・
今の私は、昔の自分が見たらガッカリするような
人間になってしまっているという事実。

いつか、昔の自分が見たらガッカリしないような
人間になれたらいいのですが・・・・

この記事へのコメント