図々しいの? それとも常識の違い?

このブログ、飛行機の中で書いています。
(空港に到着したら投稿するつもりです)

実は、飛行機の中でも不思議なことというか、
カルチャーショックを受けるようなことがありましたので
お話を聞いてくださると嬉しいです。

私の座席は、18F でした。

17595AED-7E5C-40FC-8824-F578E56A6F5E.JPG

ようやく搭乗開始となって飛行機に乗ると
機内は左右に3席ずつ座席が並んでおり、
18列目にたどり着くと、
D、E、Fの3席とも誰かが座っています。

あれ? 番号を読み間違えたかな?
と思って、左右を見回してみましたが、
ここが18列目で間違いありません。


まさか、ここでもオーバーブッキング??
と心配になりながら、
18Fに座っている女性に声を掛けてみました。

「あの、その18Fは私の席なのですが・・・」

すると、そのフランス人女性は何事もなかったように
こう答えました。

「ええ、知ってるわ。私の席は18Eなの。
でも、この人が(と隣の女性を指差しながら)
先に座っていたから、ここに座ったのよ」

え??と、一瞬自分の耳を疑った直後、
その隣に座っていたフランス人女性が、
18Fに座っている女性に向かってこう言いました。

「ああ、私の席は12Eなの。
ボーイフレンドの隣に座りたいから、
あなた、席を替わってくれない?」

すると、18F に座っていた人は
一瞬、嫌そうな顔をしましたが、
諦めた様子で ふぅ と
ため息の一歩手前くらいの長い息をつき、
席を立ちました。


「ああ、良かった。私の席が空いたわ」
と心の中で思った直後、
18D に座っていたフランス人男性が、
ニヤけた顔でこう言いました。

「I will need to ask you to change the seat」
(君と席を交換してほしいな)

一瞬、彼が何を言わんとしているのか、
理解できませんでした。

え? この人、何を言ってるの?
だって、彼女の隣に座っているでしょ?
これ以上、何を変えて欲しいと言うの?

・・・と、沢山の「?」マークが頭に浮かんだ末に、
「たぶん、この人は窓際に座りたいんだ」
ということに思いあたりました。


私が利用したのは格安航空会社 Easyjet で、
オンラインチェックインをするときに
座席が自動的に割り振られます。

でも、5~6ポンド(約700~800円)払うと
希望の座席を指定できるのです。

座席指定ができるにもかかわらず、
お金を払いたくないから座席を指定せず、
そして、さっさと飛行機に乗って、
自分の好きな席に座るカップル。

しかも、その座席の人が来たときに
こともなげに「変わってくれない?」と
当然のごとく言う女性。

さらに、へらへらしながら
窓際の席を譲れ、という男性。

しかも、Would you・・・? みたいに
丁寧に頼んでくるなら まだしも、
「I need to ask ・・・」という言い方は
「お願いします」という気持ちよりも
「僕、そこに座りたいから」という言い方に近く、
私が席を譲って当然だと思っているような口ぶりでした。


この時点で、少し腹立たしく思っていた私は
窓からの景色を楽しみにしていたこともあり、
どうしよう・・・? と迷いました。

でも、その瞬間、レストランでのNさんを思い出したのです。
「自分のキャパシティを見誤ってない?」という言葉です。

私は窓際に座って、景色を見たい。
でも、景色が見えなくても、
格安飛行機で座席指定料金を払っていないから仕方ない、
と諦めようと思えば、諦められる。

でも、こういう自分勝手な人たちに席を譲って、
自分の席から離れた窓越しに
美しい景色が垣間見えたとしたら、
きっと私は席を譲ったことを後悔するような気がする・・

そう考えた私は、思い切ってこう言いました。

「すみません、私は景色が見たいので窓際の席がいいです」

そして、18Fの席につきました。


なんといいますか・・・

このフランス人カップルの『常識』に呆れてしまいました。

だって、こういうふうに隣同士で座りたい人のために
追加料金を払って座席指定ができるようになっているのです。

それをしなかったのは自分たちの選択なのに
ちゃっかり隣同士の席に座って平然としていました。


しかも、自分の席が空いてないからと、
さっさと隣の席に座ってしまうフランス人女性。

18Fの人が困るだろう、とか
そういったことは思わないのでしょうか?
不思議です・・・



前に、謝らないフランス人のことを書きましたが、
(こちらです → http://yewtree.seesaa.net/article/445296398.html

『フランス人は謝らない』と言うよりも
『フランス人は自分のことしか考えていない』
と言い直したほうがいいのかもしれませんね・・・

飛行機の座席など些細なこと、
と思っているだけかもしれませんが、
やはり日本人の感覚とは相当のズレがあるようです。

そうして、自己主張して(?)、
どうにか確保できた窓際の席から見た景色です。

7C46280E-7039-4E3A-BA89-FD22093D3B27.JPG

ちょうど夜明けに差し掛かり、
刻々と色が移り変わる朝焼けが鮮やかで、
夜が明けきるまで、目が離せませんでした。

そして・・・
薄いピンクとグレーと藍色が入り混じった空を見ながら
やっぱり席を譲らなくて良かった、と思いました。



家を出てからいろいろとありましたが、
ようやく、ニースに着きました。

これからターミナルを移動して、
バスに乗って、Nさんが借りたアパートに向かいます。

この記事へのコメント

  • たま

    やったね。自己主張できてよかったね。日本人は黙っていることが美だと勘違いされているからね。自己主張は海外では必須ですからね。自分の意見、考え言った方がスムーズに物事が進むことがあるからね。
    これからも自己主張して不利にならないようにしてください。諦めることは簡単ですからね,諦めずにまずは自己主張したほうがいいですよ。
    ガンバ!!
    2016年12月27日 19:38
  • うどん

    こんにちは。以前のブログで、問題のあの方(名前を言ってはいけない人みたいですね笑)を泊めたらダメだ!とコメントした者です。
    その後の怒涛の展開を見守っていましたが、突発的ながらもニースに向けてご出発、飛行機の中でフザケたフランス人カップルを撃退(?)とは!
    イチイさん変わられましたねー!!
    自分本位の人間にはこっちも遠慮なんてすること全くないので、これからももっとワガママに人生楽しんで下さいね! 人生楽しんだもの勝ちですYO!!
    ニースで思いっきり息抜き&リフレッシュされる事を祈って、ブログ更新楽しみにお待ちしています。
    2016年12月27日 20:48
  • ミルモ

    イチイさん(^o^ゞ飛行機でもいやな事おきたね、その人たちには常識がないのね。バカは気にしないでね(*^▽^*)ちゃんと断れて良かったね。綺麗な景色も見れたしね。楽しい思い出を沢山作りましょうね。気をつけてね・・・またね(*^▽^)/★*☆♪
    2016年12月27日 21:19
  • ラテ

    こんにちは!
    現在日本に住んでいますが以前海外に住んでたこともあり時々海外に出たい気持ちがでてくるのですが、やっぱりヤバイ人との遭遇率は海外にいた方が高いですね。(もちろんまともな人もいますが)
    と思うと日本でおとなしくしていようかな、とも思えてきます(笑)
    海外でしか味わえない素敵なこともたくさんありますが:)
    イチイさんは現在イギリスと日本どちらがご自分に合ってると思われますか?
    ご旅行楽しいものになりますように!
    2016年12月27日 21:37
  • あこ

    イチイさん、素敵です。振る舞いがカッコいいです。
    2016年12月27日 23:30
  • kako

    あつかましい! アメリカ人はそんなことしません。私の席に誰かが座っていたら即、アテンダントを呼んで動いてもらいます。そしてあつかましく席を替わってくれという男には ”NO WAY" の一言で撃退。
    私は意地が悪いのかな?。。。。性格にちょっと問題あるんですね。
    2016年12月28日 01:12
  • 未来

    窓際キープ、頑張りましたね!
    自分の権利をはっきりと主張出来たイチイさんに拍手。
    過去ログの、Nさんの電車の中での出来事、読ませてもらって、外国で暮らすにはやはりはっきりと意思表示しないといけないよなぁ、と改めて思いました。自分の短いイギリス生活中も、腑に落ちない濡れ衣を着せられたこととかあったなぁ、と色々思い出したり。でも相手が外国人だと日本人よりはいいやすかったようにも思います。

    フランス人でもいろんな人がいるし、旅先ではよいフランス人の人達と出会えるといいですね!美味しいものや素敵な場所も楽しんでるかなぁ。想像だけでもなんとなく旅行気分味あわせてもらってます。
    2016年12月28日 01:30
  • イチイ

    たまさん、ありがとうございます。
    なんとなく、日本人相手よりも外国人相手のほうが言いやすい気がします。相手が主張するタイプの人だからなのか、日本人はそんな酷いことをしないから、文句を言おう、主張しようという気にならないだけかもしれないからかは分かりませんが・・・ これからも頑張ります。
    2016年12月28日 02:57
  • イチイ

    うどんさん、コメントをありがとうございます。
    本当に泊めるのを断るべきだったと心から後悔しています。そのときは泊めてあげるほうが彼女のためだと思ったのですが・・
    ニース、温かくて素敵です。来て良かったです。
    2016年12月28日 06:51
  • ミミ

    そういうの面倒ですよね~
    イチイさんの今回の状況とはチョッと違いますが、私もそういう人と遭遇する事が多いです。私はLCCをよく利用するのですが、飛行機搭乗初めてで、全てが(機内アナウンスの英語も)わかんないとか、自分の国から出た事なく、自国のマナーが全ての人とか(笑)。安いので、国際マナー?なにそれ?的な人も利用できるんですよね。
    で「次回は止めておこう」と毎回思うのですが、安いのでまた乗っちゃうんです(笑)
    2016年12月28日 10:56
  • イチイ

    ミルモさん、ありがとうございます。
    いやなことと思う前に、びっくりしました。やっぱり海外では強くないと生きていけないなぁと思いました。朝焼けはキレイでした。主張して、良かったです。
    2016年12月28日 18:28
  • イチイ

    ラテさん、こんにちは。コメントをありがとうございます。
    ヤバい人との遭遇率、まさにおっしゃるとおりだと思います。この国でサバイバルしていくには、否が応でも強くならないとダメだなぁ・・・と実感しています。
    今のところ、日本のほうが合っているような気がしますが、でも、外国人相手のほうが言いたいことが言えるような気がします。イギリスに来てからも家と会社の往復ばかりなので、まだ良く分かりませんが・・・
    2016年12月28日 18:29
  • イチイ

    kakoさん、コメントをありがとうございます。
    確かに、アテンダントを呼んだほうがトラブルが少なそうですね。今回は相手が素直に引きましたが、そういう人ばかりではないと思いますので・・・ NO WAY という一言、覚えておきます(笑) 言われてみれば、そう言っていいシチュエーションだったと思いますし、私がフランス人やイギリス人だったらそう言っていたと思うので、性格に問題があるとは思いません。
    2016年12月28日 18:33
  • イチイ

    あこさん、コメントをありがとうございます。
    たぶん、Nさんに自分のキャパシティの話をされていなかったら、我慢していたと思います。かっこいいというか、おっかなびっくりでしたが、結果オーライと思っています(苦笑)
    2016年12月28日 18:33
  • イチイ

    未来さん、ありがとうございます。
    あのときにNさんには驚きましたが、やっぱりそれだけの経験値を積み重ねていたからこそ出来た行動なのだと思います。
    確かに、相手が外国人だと日本人よりも言いやすいような気がします。昨日は疲れて寝てしまったのですが、キレイな夕日を見ました。また後で投稿させてもらいますね。
    2016年12月28日 18:35