バスの中での意外な質問

先ほどのブログの続きです。

夜中の3時過ぎだというのに、
ビクトリアのバスターミナルでは大勢の人が
空港行きのバスを待っていました。

512F066B-20BB-4203-A755-09A200E8337C.JPG

私は余裕を持って早めにバスターミナルに到着したので
真っ先にガトウィック空港行きバスに乗り込み、
車酔いしないように・・・と思い、
最前列に座って他のお客さんが乗り込むのを待っていました。

そして全員が乗り終わったとき、
バスはほぼ満席でした。

このバスは、ロンドンのビクトリアを出て、
いくつかのバス停に停まって
そこで待っているお客さんを乗せながら、
ガトウィック空港まで向かうバスでした。

そして、発車して1時間くらい経った頃でしょうか、
あるバス停に停まったまま、
なかなか発車しないのです。

どうしたんだろう?と様子を伺っていると、
バスの外で女性がヒステリックに
何か叫んでいるのに気がつきました。

そのバス停に到着するまで寝ていた私は、
眠い目をこすりながら、ぼーっと眺めていました。

すると、運転手さんがバスに乗り込んできて
こんなことを言ったのです。

「このバスは、オーバーブックしてしまったので、
誰か一人、ここで降りて
タクシーで空港に行ってくれる人はいませんか?」


・・・・・ 眠気が一気に覚めました。

夜中の4時半に、見知らぬ場所で、
しかもタクシーどころか
車も滅多に通らないところでバスを降りて
自力で空港に行け、と!?

そして、ビクトリアのバスターミナルで聞いた
こんな会話を思い出しました。


ある男性が運転手さんにチケットを見せながら、
こう言っていたのです。

「前のバスに乗り遅れてしまったんだけど、
このバスに乗せてくれませんか?」

運転手さんは、面倒くさそうな様子で
邪険にこう答えていました。

「座席が空いていたらね。
とりあえず、そっちのほうで皆が乗り込むまで待ってて」

そして、他の乗客が乗り終わった後、
その男性と家族の4人が乗り込んできたのでした。


私は最前列に座っていたので、
バスの運転手さんと乗客の会話が聞こえていたのです。

・・・これって、オーバーブックじゃなくて
乗り遅れた人、つまり、
この時間のバスのチケットを持っていない人を乗せたから、
座席が足りなくなったんじゃないの?

そう思いましたが、
そんなことを言っても意味がないと思い、
黙っていました。


そして運転手さんが、
もう一度、同じことを乗客に尋ねましたが
誰も手を上げる人がいません。

でも、誰かがこう聞き返しました。
「そのタクシー代は、払ってくれるのですか?」
そして、なんと その答えは NO だったのです。


・・・・呆れました。

正当なチケットを持っている私たちに
夜中の4時半に車すら通らない道から
自分でタクシーを呼んで、
自腹を切って空港まで行ってくれ、
と言っているのですから。

当然のことながら、
誰も手を上げる人はおらず、
運転手さんは、仕方なく外に出て行きました。

運転手さんは、しばらくの間
その若い女性と言い合いをしていました。

私の席にも「これは違法だわ!」などと
ヒステリックに叫ぶ声が聞こえてきて、
この女性が気の毒になりましたが、
こんな見知らぬところで
たった一人で取り残されるのは嫌なので、
「私が降ります」とは言えませんでした。


その女性は5分くらい文句を言っていましたが
ついに諦めたようで、
ご家族か誰かに電話をしていました。

そして、その電話の相手がここから空港まで
彼女を車で送ってくれることになったようです。


こんなこと、日本だったら考えられませんよね。

そもそもオーバーブッキングもしないでしょうし、
そのバスのチケットを持っていない人を乗せることもないし、
ましてや正当なチケットを持っているお客さんに
「ここで降りてタクシーで行って」なんて
頼んだりしないと思います。

真っ暗な外を眺めながら
「イギリスって、本当にいい加減な国だなぁ・・・」と
改めて実感してしまいました。


この記事へのコメント

  • 未来

    うへー!何といういい加減さ!本当に考えられないですね。しかし、その被害者がイチイさんでなくてよかった。無事飛行機に乗れたでしょうか。楽しんで来てくださいね。
    2016年12月27日 16:49
  • ミルモ

    イチイさん(^o^)/夜中の知らない所で降ろされたら危ないよ、降りなくてよかったよ。イギリスの治安は良くないだろうし、気よつけて楽しい旅をしてくださいね(*^-^*)寒いから暖かくしといてね。またね(^o^)/~~
    2016年12月27日 17:25
  • ちーのママ

    イチイ様の土産話?がまだニースに
    つく前から聞けて嬉しいです。

    バスに乗り込むまでの緊張感に、息を飲みながら
    読んでましたら、人っ子一人いないのフレーズに
    大笑いしてしまいました(^O^)
    あはははと。

    その後、えらいこっちゃでしたね。
    ブッキングとは…うーん。

    誰も降りませんよね、それはね。
    海外で暮らすのは大変ですね。

    以前書いたコメント、バールじゃなくて
    そうそうパブでした!!
    今でもやはり、自由なんですね。
    そこは羨ましいです。

    無事ニースにつくことを祈っております。
    2016年12月27日 18:04
  • イチイ

    未来さん、コメントをありがとうございます。
    本当にびっくりしました。ダメ元で聞いたのだとは思いますが、それにしても・・・という感じですよね。無事にニースに着きました。
    2016年12月28日 02:26
  • イチイ

    ミルモさん、ありがとうございます。
    申し訳ないとは思いましたけど、やっぱり知らないところで一人残されるのはちょっと・・・と思いました。あの女性も気の毒ですが、乗客の数をきちんと管理していない運転手さんのいい加減さに驚きました。
    こちらは今日20度あったそうです。日本は寒いと思いますので、風邪などに気をつけてくださいね。
    2016年12月28日 02:53
  • イチイ

    ちーのママさん、ありがとうございます。
    本当に、目的地につく前から色々とあるなぁ・・・と思ってしまいました。
    こちらではグラス1杯くらいのワインだったら飲んでも運転してもいいらしく、かなり緩いみたいです。私は昼から飲むなんて・・・って思いますけど、こういうのも文化や習慣の違いなんでしょうね。
    2016年12月28日 02:55