紫色の野原

最近、少しずつ外にお散歩へ行くようになりました。

お散歩と言っても、
5分くらい歩いたところで木陰にシートを敷いて
ぼやーっと座り込んで遠くを眺めたり、
寝転がって目の前に太くて大きな枝を伸ばしている
樫の木の葉っぱと隙間から見える空を見て過ごし、
20分くらいしたら、また帰る・・・

といった感じで、
アクティブとは正反対なお散歩です。

それでも、最初は坂を登るのに息切れしていたのが
息切れしなくなりました。

今は野生のゼラニウムが終わって
アザミの花が咲き出した頃です。

膝くらいまで高さのある草むらに
紫色のパウダーがちりばめられたような
柔らかな色あいの草むらのなかを歩いています。

7C4F704E-514C-4BA7-ABFF-C20C0B392951.jpeg
柔らかい紫色を見ていると、
心が優しくなるような気がします。

この薄紫色のゼラニウムが
半分くらい枯れて種を作り始めているのをみて、
もっと早くからお散歩に出れば良かった、
と思いました。

花が盛りの頃だったら、
きっとこの写真に写っている花の
2倍以上の花が咲き乱れていたことでしょう。

そして、ゼラニウムととってかわるかのように
Cow persnip(オオハナウド)が咲き始めています。
下の写真の、左下の白い花です。

74055E0F-C06A-4E20-A439-5CD5B07C6E20.jpeg
この花はテーブル状に平たく
小さな花が並んで咲くので
ハチやチョウチョが集まりやすい花と言われています。

最近はチョウチョなんて見かけなくなりましたが、
もしかしたら、近いうちに見られるかもしれません。

仕事以外には、
こんな小さなお散歩くらいしかしていませんが
それでも、少し歩いたところにこんな景色がある場所に住めて、
そして、お昼休みに少しだけお散歩できる自宅勤務ができて、
とてもありがたいことだなって思いました。

にほんブログ村 花・園芸ブログ ガーデニングへ
posted by イチイ at 00:00Comment(4)日記