救急治療室

今日も昨日の続きを書かせていただきます。

よろよろしながら駐車場の隅にいる係員のところに行ったら、
「救急はあそこだよ」と、
無人だった入口を指さしました。

「誰もいなかったんです」

「そんなはずはない。いるはずだ」

「いえ、いませんでした」

「そしたら、そこで待ってれば誰か来るから」

そう言われて、またヨロヨロと救急入口に戻りました。

待てと言われても、
椅子に座る動きでさえ激痛が走るので
体を右に傾けて壁に預けたまま
誰かが来るのを待つことにしました。

すると、やっと係の人が現れました。

症状についていくつか質問されると、
手首にバンドを巻いてくれました。

どうやら、この人が患者の緊急具合を判断して、
その緊急具合によってバンドをつけるようです。


007F1C29-C263-413F-A7DD-36418EC9EB19.jpeg

本当に緊急じゃないと判断された場合には
きっと追い返されることもあるんだろうな・・・

そんなふうに思いながら、
指示された方向へ向かって歩いていきました。

身体が痛いのでゆっくり歩いて行きましたが、
驚いたことに、救急入口にも廊下にも、
どこにもハンドジェル(殺菌剤)がないのです。

普通のお店でさえ
入口にハンドジェルがあるのに、
医療機関でこれかぁ・・・・と驚きました。

しかもこの病院はコロナ患者の治療もしています。

コロナ患者と接した後の医者は
きちんと消毒しているのだとは思いますが、
通勤してきた病院職員が大勢行き来しているのに
殺菌剤が1つも置いていないことが
とても意外でした。

話がそれましたが、
指示されたところに行くと救急の待合室があり、
そこで名前を呼ばれるまで待ちました。

E5AF43C8-1090-4632-AC12-1CA4FF3D2EBA.jpeg
私以外に待っている人はいないのに
40分くらい待ったころに、
ようやく名前を呼ばれました。

すると看護婦さんが症状などを聞いてきました。

ここでも、緊急具合の分類と言いますか、
どの部門の医者に診せるか判断するようです。

そして、この看護婦さんが強い痛み止めをくれたので、
その場で飲みました。

私はER(Emergency Room)に行くよう言われ、
そこで若いアジア系の女医さんのお世話になったのですが、
丁寧に診断してくれて、
レントゲンを撮りにいくときも
途中までついてきてくれてドアを開けてくれたり・・・
とても親切にしてくれて、ありがたかったです。

さすがにERやレントゲン室の写真は撮れませんでしたが、
とても清潔で最新の設備が整っているように見えました。

しかも、看護婦さんにもらった薬が効いてきて
これまでは息が止まるほどの激痛だったのが、
少しだけ和らぎました。

和らいだと言っても激痛に変わりなく、
息が止まるような鋭い痛みがとれて、
全体的に激しく痛むという感じなので、
ヨロヨロとしか歩けませんでしたが・・・

結局、肋骨にひびが入っていることが分かったのですが、
安静にするよりほかないと言われました。

そして、強い痛み止めの処方箋をくれて、
コルセットみたいな体に巻くバンドを買うよう言われました。

帰りもタクシーを・・・と思ったのですが、
帰路にある薬局に立ち寄らないといけないし、
痛み止めがきいて
なんとかゆっくりなら歩けるくらいになっていたので
よぼよぼの老人のように、
途中で立ち止まって休憩しながら、
一歩ずつゆっくりと歩いて帰りました。

そして、またベッドの上で安静にして、
痛みが引くのを待つ生活をずっと続けていたのでした。

毎日寝ているだけのはずなのに、
時が経つのが早く感じました。

少し眠っては痛みで目が覚めて・・・の繰り返しで
昼夜関係なく起きたり
眠りに落ちたりしていたこともあり、
日付の感覚がなくなってきたことも
時が経つのが早いと感じた理由かもしれません。

ある意味、自堕落な生活と言えるかもしれませんが
痛み止めがきいていても痛みがなくなるわけではなく、
少し痛みが治まる程度でしたので、
ベッドから起き上がるだけでも
30分以上かかるような状態でしたし、
なによりも食料の確保が大変でした。

そのため、ある程度動けるようになるまでは
プロテインパウダーばかり飲んでいました。

そんな感じで安静にしている間に、
テラスのチューリップやクロッカスは
リスにすべて食い散らかされ、
見るも無残な有様になっていました。

そして、水やりもできなかったので、
バラの半分以上が枯れてしまいました。

バラだけでなく、
丈夫だと言われているラベンダーやゼラニウム、
カツラの木も枯れてしまいました。

可哀そうなことをしてしまったと思いますが、
動けなかったので仕方がありません・・・

痛み止めを飲まなくても大丈夫になったのが
3-4週間前くらいでしょうか。

それでも腕を伸ばすと痛みが走ったり、
5分くらい歩くと背中が痛くて
真っすぐな姿勢を保てなくなったりして、
なかなか治りません。

きっと年齢のせいなのでしょうね・・・

今も完治とはいえないのですが
少なくともこうして長時間パソコンに向かっていられるので
大分回復したと思います。