ボリス首相の『次の大きな過ち』

今、お昼のニュースを見ています。

議会の生放送をしていて、
労働党党首が首相に詰め寄っているのですが、
やはりクリスマス期間中のロックダウン緩和について
詰め寄られていました。

Ignoring medical advice(専門家の意見を無視して)
緩和することについて糾弾されていたのですが・・・


pri.PNG

ここのテロップに書かれている、
「Next big miske is easing of ...」という文字を見て
思わず笑ってしまいました。

「Next」ということは、
つまり その前があったわけで、
それについては全員が合意しているんだ・・・
と思ったからです。

やっぱり、大勢の人がボリス首相の政策について
批判的なのでしょうね。

コロナウイルス対策の後は、
Brexit について詰め寄られていました。

その際、スコットランドの議員から
どさくさに紛れて(?)
「スコットランドはBrexitにあたって
多額の損害を受けているのだから、
この機会に独立するべきだ」などと言われたりして、
イギリスの一枚岩ではない実情が浮き彫りにされ、
なかなか面白いです。

さらには教育問題にも言及したり、
本当にこの国には問題が多いです。

ボリスさんの政策は置いといて、
頑張っているのに報われていない気がして、
ちょっと気の毒になりました。

うっかりしていました

うっかり忘れていたのですが、
今更ながら、クリスマスカードを書いて、
ポストに投函してきました。

幸いなことに、
去年買ったカードが残っていたので、
そちらに書きました。

書いたと言っても、
ほんの数枚のことなので、
大した手間ではなかったのですが、
今から送ってクリスマスまでに届くかどうか、
怪しいところです(汗)

それから、お掃除をしてくれている
Eさんにもクリスマスギフトを送りました。

お掃除をしている人なので、
Body Shop のハンドクリームです。

通販で買ったのですが、
封を開けていないのに香りが漂ってきました。

香りって好みがありますから、
もしかすると失敗したかもしれません。

でも、買い直している時間はないので、
仕方がありません。

いつもは通勤の途中や、
お店の中でクリスマスツリーを目にして、
嫌でもクリスマスだと気づくのですが、
ずっと引き籠っていたので、
ちっとも気づきませんでした。

郵便局へ行く途中、
たしかにクリスマスリースを飾ってる家が
チラホラと見受けられました。

512363E0-0AA0-4EB6-A741-D3311463E04F.jpeg
でも、例年に比べると
リースを飾っている家が少ないような気がします。

今年はパーティーらしいこともできない、
もしくは安全のために控える家が多いのかもしれませんね。
にほんブログ村 花・園芸ブログ ガーデニングへ
posted by イチイ at 10:44Comment(2)日記