コロナウイルスのワクチン接種が始まるようです

数日前からニュースになっていますが、
ようやくコロナウイルスのワクチン接種が
始まるそうです。

世界で最初にワクチンの認可が
イギリスで下りたのですが、
その翌日にロシアが競うようにして
ワクチン「接種」を開始したようです。

でも、スプートニクvというロシアのワクチンは、
Peer Review (第三者の同等の技術を持つ機関による監査)
を受けていないそうです。

「認可」はイギリスに負けたけれど、
「接種」は世界最初になるために、
今度の月曜から接種を開始すると発表した
イギリスを出し抜くために
ロシアが今日から摂取を開始したようです。

なんとも苦い気持ちになりますが、
とりあえず人の命と安全性は二の次なのか・・・
と思いました。

イギリスで認可が下りたのはファイザー製薬が
ベルギーにある工場で作ったもので、
今日、イギリスに運ばれてきたそうです。

しかし、マイナス70度で保管しないとダメで、
しかも21日間隔で2回接種が必要なため、
接種にあたっての問題もあります。

まず、マイナス70度の冷蔵庫があるのは
大きな病院くらいなので、
摂取できる場所が限られてしまうことです。

また、私の個人的な感想ですが、
ズボラな人が多いイギリスなので、
21日間隔で・・・というのも、
個人の都合で18日にしたり30日にしたりして、
せっかく政府が用意したワクチンを
無駄にしてしまう人がいそうな気がします。

ワクチンの安全性については、
誰もが心配していることですが・・・

政府は「安全だ」とは言っておらず、
「認可を受けた」といった表現をして、
責任を認可機関に振っています。

先日、ワクチンを買うために
国家公務員の給与を凍結することを書きましたが、
そこまでして工面したお金で買ったワクチンなのだから、
きちんと効くのはもちろんのこと、
副作用もないことを願います。

とはいえ、コロナ対策については
評判の悪イギリス政府が言うことなので、
正直なところ、あまりワクチンを受ける気になれません。

先日、イギリスの Track and Trace システムが
48億円もかけたのに失敗だったことと、
スペイン人コンサルタントに
法外な金額を払ったことは書きましたが、
そのほかにも2つほど
政府が大金をつぎ込んで失敗に終わったことがあるのです。

まず1つめは、政府の肝いりで
数か月前に「Mass testing」をしたのですが、
その結果が散々たるものだったのです。

大型スーパーの駐車場などに仮設テントを作って、
そこで大勢の人に対して
コロナウイルスのテストをしたのですが、
このテストの結果と実際に治療を受けた人達の
データを照合した結果、
なんと陰性と診断されたうち3分の1が
実際には陽性だったことが分かったのです。

さらに先日、感染のひどいリバプールで、
大勢の人に簡易検査をしたのですが、
その検査で陰性と判断された人のうち
なんと50%が、実は陽性だったそうです。

いくら「簡易」テストとはいえ、
どうしてここまで検査結果が悪いのか、
理解に苦しみます。

50%の確率なんて、
検査を受ける意味すらないと思います。

これについて政府の人たちは
こんなふうに言い訳していました。

「Mass testing はコロナウイルスが陰性である、
ということをテストするものではなく、
陽性者を探し出すためのものだ」

なんですか、それ?と言いたくなりました。

陽性者はそのうち症状が出るはずだから、
検査しなくても分かりますよね?

症状が出ていない陽性者が分かる、
ということなのでしょうが、
それって、それほど大金と時間をかけてまで
調べるべきことなのでしょうか。

他にも優先すべきことは
沢山あると思うのですが・・・

しかも、今、イギリスの大学では
この「簡易検査」が行われていて
この結果で陰性だった生徒たちは自宅に帰っていい、
とされています。

でも、このテストで陰性と判断されたうちの
約半数が陽性である可能性があるような
質の悪い検査をすることに、
何の意味があるのでしょうか?

意味があるどころか、逆効果な気がします。

陰性と言われて安心した50%の陽性者が
あちこち「自分は陰性だから」と言って
自重もせずに出かけたら
今以上にウイルスをまき散らすことになります。

政府はお金をかけてはいますが、
やること、なすことが中途半端と言いますか
場当たり的と言いますが、
意味がないと言いますが、
やるだけ無駄と言いますか、
急ぎ過ぎて実が伴っていないと言いますか、
むしろテストなんて逆効果と言いますか・・・・

もう何と言ったらよいか分かりません。

そんなイギリス政府が推奨するワクチン、
何を根拠に信用したら良いのでしょうか?

しかも、政府は恐ろしいことに
「ワクチン接種は義務ではない」とも言っています。

つまり、最終的には自己責任ということです。

何事も自己責任なのは理解できますが、
そんなことを言われても、
私たちに受けるべきか否かを判断するために
必要な情報を開示してもらわないと判断できません。

とはいえ、オフィスで働きだすためには、
受けりよりほか選択肢がないことも事実なので、
こればかりは覚悟のうえで接種するよりほか、
道はないのかもしれません。

こんなご時世なのに、
イギリスでは鳥インフルエンザが流行りだしました。

Brexit、コロナウイルス、鳥インフルエンザ、
イギリス政府には同情を禁じえませんが、
そこは政治のプロとして頑張ってほしいところです。

IMG_0904 (2).jpg