なぜイギリスで感染者が減らないのか?

今日も雨が降ったりやんだりといったお天気でしたが
お昼時間に少しでも外の空気を吸おうと思い、
とりあえず外に出てみました。

お天気が悪いせいか人がすくなかったのですが、
保育園の児童と思しき集団がいて……


7D26A6FE-0D41-4F66-9E9D-8AC3BB3C24D6.jpeg
子供だから仕方がないとは思うのですが、
ソーシャルディスタンス(2Mの距離)なんて
どこ吹く風という様子でした。

子供たちならまだしも、
保母さんたちすらも距離を取っていません。

何と言いますか・・・

すごく複雑な気分になりました。

イギリスに住んでいる人たちは
政府の対応が悪いとか、
政府が負担してくれていた給料が
貰えなくなるのは困るとか、
いろいろと文句を言っていますけれど、
こういう様子を見ていると、
このウイルスが蔓延した状況を生み出しているのは
そう文句を言っている、
当の本人たちのように思えます。

こうして自分の守るべき義務を守らず、
防げたはずの感染を防ぐ努力すらしないのに
もともと8月までで打ち切ることが
決まっていたファーロー政策なのに、
いざ8月になったら文句を言って
今だに政府からの補助を受け続けている
国民が数多くいます。

昨日も書いたファーローという政策は、
政府が給与の8割を払っていたのですが、
払われていた本人は、
全く働いていないのです。

感染を防ぐために自宅待機をしているだけで
(自宅勤務では、ありません)
何もせずに給料の8割を
数か月もの間受け取っていたわけです。

病気になっても医療費は無料、
働かずにいても給料は貰える。

そんな状況にいたら、
このパンデミックが収まらないほうが
生活が楽で良いと思う人がいるかもしれない、
と思い当たりました。

そして、そういう人たちは
本気で大量感染を防ぐ気がないのかもしれません。

私は感染したくないし、
早く普通の生活に戻りたいのですが、
国民の多くが今の生活のほうが楽でいい、
と思っていたとしたら、
感染者が一向に減らないのも当然です。

私の思い込みかもしれませんが、
なんとなくイギリスで感染者が減らない理由が
分かったような気がしました。
にほんブログ村 花・園芸ブログ ガーデニングへ
posted by イチイ at 04:58Comment(10)日記