うれしい知らせ

7月にヒマワリの苗を
シリアから来た難民の方に譲ったことを
こちらに書きました ↓

ボランティア仲間を通じて、
その方のテラスからの写真が送られてきました。

5340E8F2-C6FA-4348-A5E8-70C0ED377932.jpeg
小型ヒマワリではありますが、
よくここまで大きく育ってくれたものだと
うれしくなりました。

手持ちの苗をすべてあげてしまったので、
ダメもと思いつつ、
その日のうちに新しく種をまいたのですが、
そのヒマワリは、今こんな感じです。

6D267988-C4E0-4A54-8059-3CE2F851D820.jpeg
もう少しで咲きそうなのですが、
すでに夏が終わったイギリスでは、
このまま立ち枯れてしまうかもしれません。

やっぱり今年は無理があったようですが、
来年はもっと多くの人に配れるよう
たくさんの種をまこうと思います。

こんなふうに、
些細な事ではありますが、
ほんの少しでも他人の笑顔に
貢献し続けることができるのであれば、
こんな私でも生きていていいのかな?
と思いました。

たった一つの家族を
ほんの一時笑顔にしただけかもしれませんが、
こういう小さなことを積み重ねていけたら、
もっと自分に「生きる許し」といいますか、
私でも生きていていいんだという気持ちを
持てるようになるのかもしれません。

ただ、それだと、
年老いて、体が動かなくなったりして、
そういうことができなくなったときに
また無力感に襲われそうですが・・・