窓枠が壊れました!

実家に戻ってきてから、
洗濯、アイロンがけ、
オーブンとコンロの設置、
庭の草むしり・・・と働き詰めでしたが、
今日は、さらに重要な仕事が待っています。

というのも、窓枠が腐りかけているので、
それを修理しないといけません。

木材が水分を吸収して、乾燥して・・・
ということを繰り返したようで、
ペンキが剥げているだけでなく、
木材が変形して窓枠から外れてしまっています。

E434376F-66C8-476F-A480-408829E46A16.jpeg

2階の窓なので、
本来であれば業者さんに頼んで
窓枠ごと取り換えないといけないのですが、
残念ながら、そんな予算はありません。

ホームセンターで
紙やすりと外壁用ペンキを買ってきて、
とりあえずこれ以上腐食するのを防ぐために、
自分で応急処置することにしました。

日本の窓と違って、
中途半端にしか開かない窓なので、
外側に身体を乗り出して、
精一杯手を伸ばしてヤスリがけをしていると・・・

6341B3F9-D1B3-41EB-B367-CC669AAD564A.jpeg

窓枠が外れてしまいました!!

やばい、壊した!!

・・・と、一瞬頭の中が真っ白になりました。

いまさら業者を手配する時間も、
そもそもお金もありません。

深呼吸を何度かして気持ちを落ち着かせ、
仕方がないと諦めるとともに、
今できることをすることにしました。

この窓は、お金ができたら修理することにして、
とりあえずぞれまでの間、
1年か2年くらいだけ保てば良いわけだから・・・

そう考え、外れた窓枠を観察してみたら、
これは『枠』自体ではなくて、
『枠』についている飾りみたいなもので、
本当の『枠』の外側に、
業務用両面テープで貼り付けられていただけだと分かりました。

とりあえず窓枠(と思われた木材)にペンキを塗り、
乾かしている間にホームセンターへ行き、
とても値段の高い業務用両面テープを買ってきました。

この木材以外にも
グラグラしていて外れそうな部位があったので、
そちらも外して、やすりをかけて、
ペンキを塗って、両面テープで貼り直しました。

変形した木材を治すことはできませんでしたが、
とりあえず窓枠の外側に貼り付けたら、
なんとなく大丈夫そうな見た目になりました。

でも、完成したところの写真を撮り忘れました・・・

なんだ、やればできるじゃない!

と気を良くした私は、
他の窓枠も、剥げたペンキをヤスリで削り落として、
ペンキを塗り直しました。

たとえば、こちらは庭への出入口です。

02F2F09A-2FA5-4259-98E6-C996A2737A9A.jpeg

作業をした後は、こんな風になりました。


1342EC69-2374-4AFF-A84C-56F5FE83199B.jpeg

不器用なのでキレイに塗れませんでしたが、
それでも、防水効果に変わりはないはずです。

こうして少しずつ自分の手で
家を良くしていけるのがとても嬉しいです。

賃貸の家だと「どうせ大家さんのものだし」と思って
お金や手間暇をかける気持ちにはなれませんが、
自分の家だと、やっぱり心の持ちようが全然違います。

にほんブログ村 花・園芸ブログ ガーデニングへ
posted by イチイ at 15:37Comment(4)貸別荘購入と運営