イギリス政府は人命よりも経済が大事?

今日は、今年一番の暑さになりました。

こちらは私が育てているテディベアではありませんが、
ボランティアしているガーデンで
育てているヒマワリです。

A5FEFD00-C386-4B14-8B61-02DE843322C3.jpeg
夏と言えば、ヒマワリという気がします。

イギリスでは、昨夜また首相が声明を出して、
ロックダウンの条件が変わりました。

しかも夜の9時過ぎに閣議が行われて、
アナウンスが行われたのは深夜でした。

北イングランドの住民は、
他の人の家を訪問してはいけない、
という内容に変更されたのです。

でも、パブとかレストランに行くのは
OK なのです。

パブで酔っぱらって
大声で話をしているほうが、
友達の家でソーシャルディスタンスを守って
静かに話しているよりも
ウイルスに感染しやすいと思うのですが・・・

相変わらず、
イギリス政府の声明は理解に苦しみます。

・・・と言いたいところですが、
結局、経済を回すために、
人々がお金を落とすことについては
感染の危険性があったとしても見て見ぬふり、
ということなのでしょう。

これって国民の健康や命よりも
経済のほうが大事だと
宣言しているようなものだと感じるのは、
私だけでしょうか。

たしかに経済は大切だと思いますが、
こんなことばかりしていると、
国民の心が離れてしまうと思います。
にほんブログ村 花・園芸ブログ ガーデニングへ
posted by イチイ at 17:24Comment(10)イギリスの実情