石の蛇

今日、ボランティアをしに行く途中、
こんなものを見つけました。

417A1C79-5E06-4E85-A81F-D0115C64987A.jpeg

「どうか私たちの蛇に、平たい石をつなげてください。
石をもっていかないでくださいね」

と書かれています。

A9C9A4B6-BAAD-4317-91A3-FD4A5ADB7495.jpeg
緑のスパイダーマンみたいな頭を筆頭に、
色んな模様の石が置かれています。

この石をどうするの? 何の意味が?

と思ったのですが、
おそらく小さな子供にはこうして
少しずつ石が増えていくのは
まるで植物か動物を
育てているような気分になるのかもしれません。

私は平たい石も絵具ももっていませんが、
しばらくしたらどのくらいの大きさに成長しているか
様子を見に行ってみたいと思います。

にほんブログ村 花・園芸ブログ ガーデニングへ
posted by イチイ at 13:38Comment(4)日記

世界で1つだけ変えることができるとしたら?

このときにも書きましたが ↓
http://yewtree.seesaa.net/article/472905694.html
随分前から、何か資格を取りたいと思っていました。

でも、どんなものがいいのか分からず、
時間を見つけてはコースを見たりしていました。

最初はガーデニングとか
趣味の資格を考えたのですが、
もう少し『挑戦した』という達成感が味わえそうな
『頭を使う』資格を検討しています。

勉強が好きというわけではないのですが、
この年まで
いい加減にダラダラと生きてきてしまったので、
『私にも何かができる』ことを
証明したいと思ったのです。

若い頃には『無理だ』と思って諦めていたことは、
今は、もっと『無理』になっているものばかりで
いまだに具体的にどの資格をとるか決めていません。

たとえばハーバリスト(薬草師)とか
ロンドンのガイドとかが面白そうなのですが、
たいていのコースに入るための条件として、
最低限の学力があることを証明しないと入れません。

日本で英語の実力を測るテストに TOEIC がありますが、
それの義務教育版みたいなもので、
国語(=英語)と数学のテストを受けて、
一定の点数(Pass Rate)を取った、
という証明書が必要なのです。

「これだ!」と思う資格が見つかったら
すぐに申し込めるようにと思って、
そのテストを受けておくことに決めたのが、
今年の1月でした。

それから密かに勉強をしていました。

毎日コツコツと・・・というわけではなく、
気が向いたときに集中して勉強する程度でしたが、
それなりにコツを覚えて、
点数を取れるようになってきました。

そこで、これまでは数学の勉強をしていたのですが、
先週から英語の勉強に切り替えました。

リーディングの勉強を済ませて、
模擬試験でもそれなりの点数が取れるようになったので、
今日から、ライティングの勉強に入りました。

そして、ライティングのテキストを見たら、
第1問目は、こんな問題でした。

Your have a job working on a youth magazine. You have to write an article based on the title One thing I would chnage in this world.
(あなたは若者向けの雑誌社で働いています。『世界で1つだけ変えられるとしたら』というタイトルで記事を書いてください)

・・・・・このページを前にして、
気づいたら30分以上経っていました。

100%完璧ではないまでも、
英文はそれなりに書くことができます。

でも、何を書いたら良いのか分からないのです。

自分に問いかけても、思いつかないのです。

「変えたいことがない」というよりも、
そんな気持ちを持ったことがないうえに、
「どうせ何も変わりはしない」という諦念が強すぎて、
想像力が働かないのです。

器用な人は「SNSをなくして苛めを撲滅」とか、
適当なことをでっち上げて書くことができるのでしょうが、
つい真面目に考えてしまう性質の私は、
書けそうなことが、何もを思いつきません。

頑張って思いついたことが幾つかあったのですが、
こんな会話が自分のなかで交わされて、
結局、決められませんでした。


オゾン層破壊をなかったことにする、とか?

・・・いや、専門用語が多すぎて無理だわ。


人種差別をなくす?

・・・いや、採点者は白人なんだから、
微妙な話題はやめておこう。


ほかにも、「戦争がなかったら」とか、
「飢饉をなくしたら」とか考えたのですが、
段落ごとに分けて、
それなりの説得力のあることを
書かないといけないので、ちょっと無理そうです。

このまま考えていても時間の無駄だと思い、
今日は、もう勉強しないことにしました。

なんでも重く考えすぎなのかもしれませんが、
思わぬところで、勉強に躓いています。

こちらは、我が家で咲いている
「ジェームズ・L・オースチン」というバラです。

AC912103-0EE2-4D29-95DF-E70E2A1F4E3D.jpeg
デビッド・オースチンさんの
息子さんの名前を冠したバラで、
日本でも売っています → ジェームズLオースチン

バラを見ながら考えていますが、
いまだに何も思いつきません。

こういうところが、
寄る年波に勝てない(頭が固い)
ということなのかもしれません・・・
にほんブログ村 花・園芸ブログ ガーデニングへ
posted by イチイ at 05:13Comment(8)アラフィフからの挑戦