会社に行きたくありません

今日、2週間ぶりにスーパーへ行ったら、
これまでずっと売り切れだったハンドソープが
大量に入荷していました。


61190F96-267F-43D9-95FA-043BB8C92038.jpeg

この棚が埋まっているのは2ヶ月ぶりくらいだったので、
次に入荷するのがいつなのか分からないと思い、
私も2つほど買ってきました。

ロックダウンも6週間になり、
おそらくあと2週間くらいで
外出できるようになるのではないか?と思っていますが、
人によっては「あと1ヶ月」、「来年まで」などと、
政府から正式な通達がないだけに、
皆が思い思いのことを言っている現状です。

私も一時は暗く落ち込みましたが、
今はこの生活が快適で、
もう会社へ通いたくないとすら思ってしまう自分がいて、
なんだか複雑な気分です。


ここ数日、色々と考えていたのですが、
たぶん私は根本的に人間が苦手なのだと思います。

でも、それは他の人が悪いわけではなく、
自分の心の持ち方に原因があるような気がします。

私は無意識のうちに相手の気持ちを考えて、
相手がしてほしいと思う行動を察して、
その通りに行動してしまうところがあるように思います。

どうしても嫌なことは断れると思いますが、
ちょっとしたことであれば、
少しだけ我慢すれば円滑に物事が進むと思って、
「ま、いっか」と自分の気持ちを押し流して、
自分の心を『見て、見ぬふり』してしまうことが
多いのだと気づきました。

ひとつひとつの出来事は些細なことで、
大した問題にもならないのですが、
一事が万事そんな感じでいるうちに、
ホコリが降り積もるように、
少しずつ心にストレスが堆積していって、
それがジワジワと自分の気持ちを重くしているのかもしれない
と思ったのです。

少しずつたまっていくものだから気づくことができず、
それでもだんだんと心の自由が奪われていって、
気づいたら身動きできなくなって「ああ、もう嫌だ」と
辛くなってしまうのだと思いました。

今まで、こんな心の動きに気づいたことはありませんでした。

たとえば、バス停で順番を待っていたところへ
後から来た人が強引に横入りしたときなど、
「まぁ、イギリスには整列乗車の習慣はないし、
バスに乗れなくなるわけでもないから、ま、いっか」
と思って、そのまま人に先を譲るとか・・・

こんなふうに、
ひとつひとつを挙げると
とるに足らないことなのですが、
積み重なっていくと
ヘドロのように心に纏わりついて離れないようです。

かといって、
そこで「横入りしないでください」と言うのが
正しいとは思えません。

ある意味「正しい」のかもしれませんが、
そんなことをしたいわけではないのです。

おそらく、そういう小さなことを完全に忘れられるくらい
大きな器をもつとか、
そんなことを気にしなくらい夢中になる別のことをもつとか、
『思った不満をハッキリ言う』ということ以外にも、
何か解決方法があるのではないかと思うのです。

それが何か?と聞かれたら、
まだよく分からないのですが・・・・

今は自宅に籠っていて、
心にヘドロがたまるような出来事がないため、
とっても気楽で気持ちが落ち着いています。

だから、また会社に行くようになって、
気づかないうちに小さなガマンを重ねて
息苦しくなるかもしれないと思うと、
会社に行きたくなくなってしまうのです。

なんだか我ながら自分勝手な言い分だなって思いますが、
こういうのも当社拒否って言うのでしょうか?

仮にそうだとしても、
生きていくためには「会社に行かない」なんていう
選択肢は存在しないのですけれど・・・

にほんブログ村 花・園芸ブログ ガーデニングへ
posted by イチイ at 14:55Comment(10)考えたこと