バスク風チーズケーキ

最近、チーズケーキ作りにハマっています。

あまり作ってしまうと、
食べきれなくて困るので
できるだけ作らないようにしているのですが、
スイーツがどうしても食べたくなると、
つい作ってしまいます。

バスク風チーズケーキで、
友達にもらったレシピを工夫して、
自分好みの味にしたものです。

ビックリするほど簡単なので
こちらにレシピをご紹介します。

<15cm直径型1つ分>

クリームチーズ 200g
砂糖 30g
小麦粉 2g(2グラム、ほんの少しです)
卵 1個
ダブルクリーム(生クリーム) 100ml

この材料をボウルに入れて、
泡だて器で混ぜるだけです。

入れる順番とか気にしません。
どかっと全部一緒に入れてから、
泡だて器で混ぜます。

クリームチーズも室温に戻したりしません。

面倒なときは
ミキサーで混ぜても大丈夫です。

生クリームがないときは、
牛乳で代用することもできますが、
コクがなく、あっさり目な味になります。

チーズのダマがなくなるまで
泡だて器で混ぜたら、
それを型に入れて、
200度のオーブンで35分くらい、
軽く焦げ色がつくまで焼きます。

EACD9529-BC59-4965-9108-2AA7A8DF95AE.jpeg

焼きあがったら、
そのまま冷蔵庫で冷やします。

3時間くらい、
しっかり冷やしたほうが美味しいです。

少し言い訳がましいのですが、
友達から貰ったレシピでは、
砂糖が80gでした。

それはそれで美味しかったのですが、
80gも砂糖を入れると
食べるときに勇気がいると言いますか、
罪悪感を感じてしまうので、
ジワジワと砂糖の量を減らしていき、
30gが私好みの適量だと分かりました。

きっと生地を濾したり、
材料を混ぜる順番を変えたりしたら
もっと美味しくなるのかもしれませんが、
イギリスの粗雑なスイーツに慣れた私には
この大雑把な作りのチーズケーキでも
充分美味しく感じます。

もし興味がありましたら、
ぜひお試しください。
にほんブログ村 花・園芸ブログ ガーデニングへ
posted by イチイ at 23:33Comment(6)イギリスの美味しいもの

イギリスの感染者数19,522人、死者1,228人

ここ数日、家から一歩も出ないで過ごしていますが、
今日は久しぶりに外に出ました。

と言っても、ゴミ捨てに出ただけですが(苦笑)

玄関先で大家さんのネコが日向ぼっこしていました。

FB9B95AF-C747-4D77-BEEA-71C0B814FCEC.jpeg
今のところ私は元気ですが、
昨日の時点でイギリスの感染者数は 19,522人、
死者は 1,228人にのぼっています。

随分前から、政府の人たちは
今週が「感染者拡大のピークになるだろう」と言っていたので、
私も大人しくしているつもりです。

首相も健康相もコロナウイルスに感染しましたが、
ボリス首相は相変わらずツイッターで動画を配信し、
国民を励ましています。

こんなことしてて悪化しないかしら?と思う反面、
こうして、いつもの強い口調で励ましてくれる姿を見ると、
なんだかホッとするのも事実です。

こうして、自分が感染しても
国民のことを考えてくれる姿を見ると、
なんだか安心して任せられる気になります。

仮に、何かが上手くいかなかったとしても、
「感染しても精一杯やってくれたんだから」と思えます。

外出していない分、
意識して You Tube を見ながら運動しています。

階下への振動が迷惑にならないか心配ですが、
私も運動しないわけにはいかないので、
できるだけ音を立てないよう気を付けながら運動しています。

私にはこれくらいしかできませんが、
「皆が出来ることをする」ということが大事だと思うので、
外へお散歩に出たい気持ちを抑えて、がんばります。
にほんブログ村 花・園芸ブログ ガーデニングへ
posted by イチイ at 20:32Comment(0)日記