ジャガイモを植えました

昨日の日曜日、地元の最寄駅へ行き、
駅内にあるガーデンの手入れをしてきました。

手入れと言いますか、
ジャガイモを植えてきたのです。

DABD88F4-9727-4044-8EE7-DC108C22E19C.jpeg

こんな感じで、20個ほど植えてきました。

D3114F0F-76A8-4A3E-B15B-94793FACD771.jpeg
水道がないので土が固く、
雑草が生えているのですが、
この写真を撮った後で
雑草を抜いて、
周りの土を耕しておきました。

上手くいけば
7月くらいに収穫できるはずです。

去年ここに植えたジャガイモは
収穫のときにロンドンを離れていたため、
結局、1つも口にすることができませんでした。

今年こそ、自分の分も貰うぞ!と思いつつ、
種芋を植えました。

実家でも植えているのですが、
このガーデンは日当たりが良いと言いますか、
良すぎて困るくらいなので、
きっと美味しいジャガイモが出来ると思います。

花壇の一つには、
元ガーデナーでボランティア仲間の
Hさんが植えた Tete a Tete という水仙と
矢車草が咲いていました。

A99C490E-DAE6-4D12-A4EE-20A0A171EBF9.jpeg


Hさんのガーデニングはワイルドで、
雑草でも、花壇の端のほうだったら抜いたりせず、
そのままワイルドに茂らせています。

「抜かないんですか?」と聞いたら、
こう言われました。

「雑草だけど、この方向に伸びるなら
他の植物に影響しないし、蜂が好きな花だから」

私だったら抜いていたところですが、
分け隔てなく『植物』を大切にする気持ち、
そしてその植物を取り巻く環境を考える心を知って、
ちょっと思うところがありました。

特に、バラなどは手間がかかるので、
教本通りに四角四面に育てていますが、
環境や土壌によっても育ち方が変わるわけですし、
そのガーデンに合ったかたちで、
伸び伸びと茂らせるのも悪くないかな、と思ったのです。

とはいえ、私の家のテラスは日当たりが悪いので、
放置していたら病気とナメクジ被害で
アッという間に枯れてしまうと思いますが・・・

鮮やかな紫の矢車草、
コロナウイルスのせいで
駅の利用者が殆どいない状態なので、
誰にも愛でられることなく花を終えるのは残念だと思い、
Hさんの了承を得て、何輪か摘んできました。

そして、表玄関を入ってすぐのところ、
アパートの住人が目に出来る場所に
矢車草を飾りました。

Tete a Tete は家でも育てているのですが、
なぜか40cmくらいの高さになっています。

Tete a Tete は日本でも売っていますが、
こちらのページにも書いてあるように → Tete a Tete
10㎝から20cmのミニ水仙(のはず)です。

このときのように ↓
友達に「Enormous!」と
驚かれる水仙になってしまうと
ミニ水仙の意義がなくなってしまいます。

とはいえ、リスに食べられたり、
枯れたりするよりは良いのですが、
もしかしたら日当たりが悪いために、
お日様を求めて茎を伸ばすからなのかもしれません。