甲状腺の腫瘍治療、ものすごく痛かったです

甲状腺に良性の腫瘍ができてしまったので、
1回あたり360ポンド(約5万円)もする医者のところへ行き、
専門家医を紹介してもらいました ↓

ちなみに、約5万円もするのに、
実際に診察してもらったのは15分未満ということを知り、
私も若い頃にもっと努力して医者にでもなっておけば
今頃左団扇の生活だったかも・・・などと思ってしまいました。

実際には、そんなに甘くないと思いますが(苦笑)

さて、今日はその専門家医のところへ行ってきました。

紹介してくれた医者によると「イギリスで一・二を争う」くらい
優秀だという話でしたが・・・・・・・・・

ちょっと、それ、本当ですかっ!??と
医者に食ってかかりたくなりました。

と言いますのも、前回と同じように、
細い針を刺して、
腫瘍の中の液体を吸い出す施術なのですが、
針を刺して、ぐりぐりと動かすのです!

軽い麻酔薬を塗ってくれてはいますが、
痛いものは痛いのです。

「痛い!痛いってば!」と思っても、
何分にも喉のことなので、声も出せません。

出せるとは思いましたが
それで声帯が大きく動いて、
針が変なところを刺さっては大変だと思ったのです。

グリグリやっていたと思うと、
医者は「おかしいなぁ」と言いながら、針を抜きました。

なんでも、液体がドロドロしていて、
細い針では吸えないのだそうです。

そして、さらに太い針をブスッと・・・

このころには、半分涙目です。

それでも「抜けないなぁ」と言いながら
グリグリ、グリグリ、グリグリと針先を動かします。

痛いってば!!!と言いたいのを
我慢するのに必死でした。

確か、前に同じ治療を受けた時に ↓
先生は研修医に向かって、こう言ってたよね!?

「首は繊細な場所だから、
細胞を採取する時の針は、
糖尿病治療で使う、細い針を使うこと。

白色とオレンジ色の針(針が入っている容器の色のようです)
を使えば小さな穴で目立たないうえに、
傷跡が残らずに済むからね」

細い針? 繊細な場所?

そんなこと、この専門家医はとっくの昔に
忘れてしまったの???

前回は、ちっとも痛くなかったのにっ!!

この医者、本当にイギリスで一・二を争う腕なの!!??

・・・そんなことを、
無言のまま心の中で訴えていました。

その医者は「5分もかからずに終わる」と言っていたのに、
結局、20分近くかかりました。

その間、ずーっと針でグリグリされていました。

とても、痛かったです・・・・


針の後には絆創膏を貼ってくれましたが、
この場所、前よりも腫れている気がします。

213854AF-61EC-4681-8F1E-05413A0293F1.jpeg
せっかく、袋の中から体液を吸い出しても、
また、その袋に血が入ったような気がします。

これって、治療したことになるのでしょうか?
と言いたくなりましたが、
もうそんなことを言う気力もなく、
グッタリしたまま、病院を後にしたのでした。

また10日後くらいに、
今日採取した組織の検査結果が分かるそうです。

とりあえず、痛いのが終わった、
それだけでも今日の私は幸せです。