Weddesdon へ行ったのですが・・・

先週末は、いろんなことがありました。

土日で1泊旅行に行って、
美味しいものを食べたり、
素敵なホテルに泊まったりしたので、
こちらに書きたいことが沢山あるのですが、
順を追って、お話しさせてください。

土曜日は、渋滞を避けて、
朝早めの時間に家を出ました。

目的地は、前にお屋敷の中に入れなかった、
ナショナルトラストの Waddesdon です ↓

クリスマスの飾りが施されているはずなので、
それを見るために行ったのです。

前回行ったときとは打って変わって、
駐車場は満車に近く、
チケット売り場にも行列ができるくらい、
とても混雑していました。

幸い、私も友達もナショナルトラストの
年会費を払っているメンバーなので、
チケット売り場の行列に並ぶことなく、
入場することができました。

チケット売り場からシャトルバスに乗って、
お屋敷の前まで行くと、
クリスマスマーケットが開催されていました。

B4CBB4AE-DB45-499D-BE76-C52AB52CFA3B.jpeg
お屋敷の左側にマーケットが広がっているので、
こちらの写真からは分からないかもしれませんが、
実は、これしか写真を撮っていないのです。

なぜ、これ1枚しか写真を撮っていなかったかというと、
あまりにガッカリして、
気が動転していたのです。

と言いますのも、喜び勇んでお屋敷の入口に行くと、
「チケットを見せてください」と言われたのです。

会員証を見せると、こう言われました。

「クリスマス時期は事前予約制なんですよ。
予約はしていますか?」

「え!?」

「もし予約していないなら、入場できません。
今年は、チケットは27日まで完売しています」

「えええ??」

すごすごと入口を後にする私、
見た目にも肩を落としていたようで、
友達は「ま、そんなこともあるよ」と慰めてくれました。

いや、こんなところで落ち込んでちゃいけない!
と思った私は、
スコーンの美味しかったカフェへ行きました。

すると、なんと今日は予約でいっぱいで、
中へ入ることすらできませんでした(悲)

せっかく早起きしてきたのに、そんなぁ・・・・
と、惨めな気持ちになってしまい、
写真を撮るところまで気が回らなかったのです。

その後、せめてどこかでコーヒーでも・・・と思って、
元馬小屋だったところにあるカフェへ行きました。

ここは奥まったところにあるせいか、
少し空いていました。

20E4136D-120B-433A-A91A-211DB7BD7E3B.jpeg

「とても立派で、素敵なお屋敷なんだよ!」と
友達に散々期待させた挙句、
こんなことになるとは・・・・

それでも、嫌な顔ひとつしないどころか、
落ち込んでいる私を慰めてくれる友達の様子を見て、
本当に良い人だなぁ・・・と改めて思いました。

せっかく来たのですが、
他に見るべきところもないし、
お互い、買い物にはそれほど興味がないこともあり、
コーヒーを飲んだら、
そのままシャトルバスに乗って駐車場へ戻り、
Weddesdon を後にしたのでした。

まだお昼前だったのですが、
帰る車が結構多くて、
駐車場を出るときに渋滞していました。

きっと、私以外にも、
「来てみたら、中に入れなかった」という人が
大勢いたのだと思います。

目の前に広がるテールランプの列を眺めながら、
つい、友達にこう こぼしていました。

「なんで、サイトに『予約制です』とか、
分かりやすく書いてないんだろう?
不親切だと思うな」

すると、友達は笑いながらこう答えました。

「外でマーケットをやっているなら
1人でも多くお客さんに来て欲しいだろうから、
そんな情報を載せておくわけないよ。

『予約していないと屋敷内に入れません』
と書いてあったら、誰だって、
『あ、じゃ、行くのやめよう』って思うでしょう?」

確かに・・・・ 

「うまい戦略だけど、
片道2時間もかけて来たのが無駄足になって、
なんだかバカみたいじゃない?
早起きさせちゃったのに、ごめんね」

「いいよー。
だって、運転してるのはイチイさんなんだし、
大変だったのはイチイさんでしょ」

「でも・・・」

「そしたらさ、無駄足にならないよう、
美味しいパブに行って、ランチしない?
ここから車で20分くらいなんだけど、どう?」

「こんな遠くなのに、知ってるパブがあるの?」

「うん、実は、子供のころ、
よく親にこの辺に連れて来てもらったんだ。
ウォーキングを楽しんで、
そのパブで晩御飯を食べて帰ったりしてたの」

それは名案!ということで、
気を取り直して、パブに行くことにしたのでした。

そのパブのことは、
また次回のブログでかかせてもらいますね。