鷹の爪の芽がでました

毎朝の日課となっている、
育苗器のチェックをしたら、
なんと鷹の爪から芽が出ていました!


A09FEB6B-0D1B-4A28-AC6C-C447A14790DB.jpeg

このときに種を取ったもので ↓
食用として売っていた鷹の爪から
種を取ったものです。

食用だから何かしらの加工がされている可能性もあり、
芽がでるかどうか半信半疑と言うよりも
「ダメ元」という気持ちで植えたのですが、
意外と簡単に芽が出ました。

去年と一昨年もチリ(鷹の爪ではありません)を
種から育てたのですが、
外に撒いたために、
芽が出るまで2~3か月かかりました。

鷹の爪自体が早く芽が出る種類なのかもしれませんが、
たった2週間で芽がでるなんて、
嬉しい驚きでした。

1つの鉢に4粒植えているので、
他のも芽が出てくるかもしれません。

双葉の右側に、
ちょっとだけ首を出しているのも、
鷹の爪の芽だと思います。

沢山芽吹いたら、
日本人の知り合いの方で、
欲しい人にあげようと思います。

春は、気温が高くなったり、
天気が良いだけでなく、
こういう嬉しさがあって、
以前よりも春が好きになりました。

ネコが困っていました

今日も午前中にボランティアへ行った後、
午後は、テラスで植物のお世話をしていました。

すると、また大家さんちのネコがやってきました。

しかし、さらにソラマメなどを植えてしまったので ↓
今はシードトレイで足の踏み場もありません。

仕方ないなぁ・・・とでも言っているような、
困った表情で、こんなところに避難しています。


C6029B3A-D721-46AE-B586-FF3844A02378.jpeg
テラスに所狭しと置かれているシードトレイ、
ネコなりに気を遣って、
トレイを踏んだりしないよう気を付けているようです。

ちょうど良い隙間があったものだなぁ、
と思わず笑ってしまいましたが、
そこから一歩も動けない猫は、
右を向いたり、左を向いたり、
オロオロしていました。

でも、そのうち諦めたのか、
その場で寝始めました。

18113B74-0FE1-4BFF-8FAF-E7D5096AA915.jpeg

ある意味、ちょうど良いサイズの
避難場所があって良かったのですが、
ネコの憩いの場所を取ってしまったようで、
ちょっと気の毒になりました。

早く植物の芽が出てくれたら、
シードトレイをどかすことができるのですが・・・