浮気性ではないと思っていましたが・・・

実は今、とても迷っていることがあります。

家を買うことに決めて、
弁護士やアドバイザーへの手付金も払って、
あとは他の人が仕事をしてくれるのを待つばかり・・・

という状況になっているにもかかわらず、
他の物件に目移りしてしまったのです!

私は浮気性ではないと思うのですが、
多分、決断力がないのだと思います。

優柔不断と言うよりも、
自分が下した決断に自信が持てないため、
こんなふうにフラフラしてしまうのかもしれません。


実は、イギリスの不動産売買では
実際に家の鍵を貰うまでは、
油断できないのです。

売主・買主ともに気が変わることもありますし、
買う人が、今の持ち家を売って次の家を買うつもりだったら
持ち家が売れなかったら、次の家が買えないため、
売買契約が成立しないのです。

そして、イギリスの不動産売買の大半は、
このように「持ち家を売って、次を買う」ケースなので、
売買契約が成立しないことは、
割と「よくあること」なのです。

というわけなので、
かなりの不義理をすることになりますが、
今の時期に「買いません」と言うことが
不可能ではないのです。

ただし、手付金は戻ってきませんし、
不動産屋さんや売主に迷惑をかけることになりますが・・・


そして、なんで今さら目移りしているかと言いますと、
なんと、買おうと思っている物件の近くに
庭付き物件が売りに出たのです。

そうなのです。

庭付きなのです!!

そして、お値段の差が17,000ポンド、
約250万円くらいなのです。

ローンの返済額にすると、
1ヶ月あたり90ポンドくらい(約1.4万円)増えます。

このときに、自信満々に「これが限界」などと
豪語していたのが恥ずかしいのですが ↓

この家、どうにか買えるかも・・・
という値段なのです。

ご存じのように、
私の趣味はガーデニングです。

お金が足りないから、
庭なしで我慢しよう。

ガーデニング心は
ボランティアで満足させよう。

そう思ってはいたのですが、
なんとか頑張れば手が出そうな金額で
庭付きの家が出てきてしまったので、
すごく迷っています。

迷っているうちに
他の人に買われてしまう可能性もありますし、
いくら「よくあること」だとしても、
そんな不義理なことをしてもいいものか・・・
と躊躇する気持ちもあります。

浮気心をそそられている家は、
こちらの写真なのですが、
家の前にも少しだけスペースがあります。



そして、東向きの庭があるのです!

12.JPG

奥の壁にツルバラを這わせたい・・・
などと思ってしまう自分を、
どうしても止めることができません。

この期に及んで、
こんな物件が出てくるなんて、
本当にどうしたら良いものか、悩んでいます。

どうしたら、この優柔不断と言いますか、
決断したのに、
まごついている自分を律することができるのでしょうか。

このまま最初に決めた家を貫くべきなのか、
それとも不義理を覚悟で、浮気の道を探ってみるのか・・・

とても迷っています。

足底腱膜炎のようです

なんと、突然ながら、
水泳を教えてもらうことになりました。

話せば長いことながら、
かいつまんでお話しさせていただくと、
こんな経緯で水泳を教えてもらうことになりました。


実は、ジム友達ができたのです。

スパ(サウナやジャグジーがあるエリア)で
よく顔を合わせるので顔見知りになり、
いろいろと話をしていたのですが、
皆さんもご存じのとおり、
踵の痛みを感じるようになって、
ジムに行くのを控えていました。

でも、先日久しぶりにジムに行って、
その人と顔を合わせた時に、
「ホリデーにでも行ってたの?」と聞かれたので、
踵の痛みがあって、
ジムに来ていなかったことを話したのです。

すると、その人のお母さんが
同じような症状があるとのことで、
いろいろとアドバイスをしてくれました。

なんでも Plantar fasciitis という症状で、
日本語だと足底腱膜炎(そくていけんまくえん)
と呼ぶようです。

加齢とか激しい運動によって、
足底の腱膜のカカト部分が傷ついて、
痛みが生じるのだそうです。

そして、Dr Foot という会社の
靴底を使い始めてから
痛みが軽減したそうです。

日本では売っていないようですが、
こちらの靴底です → Dr Foot

送料を入れると30ポンド(約5千円)もするのですが、
これで痛みが軽減するなら・・・と思い、
購入してみるつもりです。


さらに、こう言われたのです。

「足にインパクトを受けたくないなら、
水泳をしたらどう?」

実は、私は日本にいたとき、
水泳を習いに行ったことがあるのです。

私は子供のころから
体育で1か2しかとったことがないというくらい、
運動音痴なのですが、
水泳は全身運動になるし、
身体に良いかもしれないと思い、
25歳くらいのときに習いに行ったのですが、
結局、泳げるようになりませんでした。

どうしても息継ぎができず、
なんとなくクロールっぽいことができても、
息苦しくなって、
途中で足をついてしまうのです。

息継ぎしようとしても
顔が沈んで、水を飲み込むばかりだったので、
結局、「私に水泳は無理」と思い、
それ以降、一切「泳ごう」などとは思いませんでした。

そのことを話して、
「私には水泳は無理だから」と言ったのですが、
明るく、こともなげにこう言われました。

「週末ならプールが空いてるし、大丈夫だよ!」

えーっと・・・と少し考えたのですが、
とても熱心に誘ってくれているのと、
ジム通いが減ったせいで、
徐々に体重が増えてきたこともあり、
とりあえず挑戦してみることにしました。

今度の週末はイースターで4連休なのですが、
そのときに少し教えてもらうことになりました。

昔だったら「イヤだな、面倒だな」という気持ちが
先に立ったと思いますが、
最近の私は「機会があれば何でもやってみたい」
と思うようになりました。

この豹変ぶり、
自分でも驚きます(苦笑)

今さら泳げるようになるのか、
甚だ不安ではありますが、
頑張ってみようと思います。


今日は、会社の同僚から
こちらのお菓子を貰いました。

4E8F7521-0405-4D64-9445-15AC38F3EDFB.jpeg

ロンドンには源吉兆庵があって、
そこで買ってきたものだそうです。

もうすぐ日本に帰る人で、
「お世話になった人に・・」と挨拶をしながら
お菓子を配っていたのです。

どちらかというと私がお世話になったほうなのですが、
有り難くいただきました。