絶滅危惧種 リカオン

最近、同僚のPさんに勧められて、
BBC放送の「Dinasties」という番組を見ています。

デビッド・アッテンボローがナレーターで、
日本のディスカバリーチャンネルで放送されるような、
野生動物の生態についてのドキュメンタリーの
シリーズ番組です。

もともと私はドキュメンタリーが好きなのですが、
犬好きの私は、リカオンについての番組を見ていて、
なんだか切なくなってしまいました。

リカオンはアフリカ大陸に生息する、
絶滅危惧種の犬です。

英語だと Painted Wolf と呼ばれていて、
文字通り、黄色や黒でランダムに塗られたような体毛で、
足がとても長く、体高70cmくらいの犬です。

見ていて何が切なくなったかと言いますと、
厳しい野生生活を送っているのに、
社会的な愛情を持っているように感じたからです。

まず、メスを長としてグループで生きていくのですが、
グループ内でケガをしたリカオンがいたら、
そのリカオンのキズを皆が舐めて清潔にし、
餌を運んであげたりして、治るまで面倒を見るのです。

たとえば、ライオンの群れでは、
怪我をして弱った個体は置き去りにされていました。

ケガをしたライオンが、
自力で治癒できれば群れに合流しますが、
そうでなければ、その地で命を落とします。


また、番組ではテイトという
メスに率いられている群れに密着しているのですが、
他のリカオンの群れ、
しかもテイトの娘にあたるブラックチップという
メスをリーダーとする群れに
テリトリーを追い出されてしまいます。

行き場を失ったテイトの群れは、
危険だらけのライオンのテリトリーで
1年以上を過ごす羽目に陥ります。

その後、いろいろとあって
元のテリトリーに戻れるようになったのですが、
戻る途上、老衰でライオンから逃げきれなくなったテイトは
群れを離れて、その場にとどまったのです。

しかし、テイトと つがい になっていたオスのリカオンが、
テイトともにその場に残ったのです。

そして、2匹ともに故郷に帰ることなく、
ライオンのテリトリーで命を落としたそうです。

弱肉強食が支配するサバンナで、
家族愛を大切にし、
時に自分の命よりも家族を大切にする姿が、
とても健気に思えました。

painted wolf.JPG

このテレビシリーズでは、
チンパンジーやライオンも紹介しているのですが、
アフリカ大陸で生息する動物たちは、
ここ20年くらいで激減しているそうです。

ライオンは半数近くにまで減り、
リカオンは、現在6600頭しか生存していないそうです。

そして、その原因は人間なのです。

本来、牛を放牧してはいけないことになっている
保護地区で牛を放牧し、
ライオンなどから牛を守るために毒入りのエサを撒き、
それを食べた動物たちが命を落としています。

人間が、生息地や食糧を確保するために
自然を切り開いていくことにより、
動物たちの生息地域が急激になくなっていき、
食料を求めるために天敵の多い地域への移動を余儀なくされ、
群れを維持していくことができなくなった動物たちもいます。

人間と野生動物が共存していける方法があればいいのですが、
今のところ、動物側のほうが生息数を減らしており、
絶滅さえ心配されているような状態だそうです。

平和な国から偉そうなことは言えませんが、
何かしら打開策があるのではないかと願ってやみません。

「Aquaman アクアマン」を観てきました

昨日の土曜日は、ジムに行った後、
映画館に行ってきました。

昨日見てきたのは「Aquaman」です。

約2時間半の映画だったので、
正直なところ、
「疲れそうだし、見るのをやめようかな」と
思ってしまったくらいなのですが、
実際に見始めたら、
あっという間に時間が経ってしまいました。

私はニコール・キッドマンが好きなので、
この映画も、ニコール・キッドマンが見たくて、
観に行ったようなものでした。

ニコール・キッドマンは51歳になるのに、
相変わらず美しくて、うっとりしてしまいました。

彼女はスタントを使わないことでも有名ですが、
この映画も戦うシーンがあり、
その動きを見て、これで、51歳!?
と驚きました。

そういえば、ニコール・キッドマンは
IQが130くらいあるそうです。
文字通り才色兼備な女性なのですね。


でも、ニコール・キッドマンは主役ではなく、
主役である Aquaman の母親役だったので
出番はそれほど多くありませんでした。

ヒロインは、アンバー・ハードでした。
ジョニー・デップの奥さんだった人ですが、
とても美人な女優さんで、
「ゴージャス」という言葉は、
こういう人のためにあるのでしょうね。

主役の男性は、ジェイソン・マモアで
タトゥーのある大柄な男性でした。

アメリカで大型バイクでも乗り回していそうな
イメージの男性でしたが、
海の世界で王になる、ヒーローです。

マンガが原作だけあって、
キラキラして鮮やかな映像でした。
私は単純でハッピーエンドな話が好きなので、
何も考えずに楽しめて、良かったです。


そして、エンドクレジットが流れ出すと、
いつものように、
大勢の人たちが席を立ってしまいました。

でも、そのクレジットが終わった後、
次回作を示唆するようなエピソードが流れたので、
きっとこれを見逃したイギリス人は多いと思います。

終わったと見せかけて、
そのあとで仕掛けがある映画も結構あるのに、
いつもエンドクレジットが終わるころには、
映画館の中には私1人しか残っていません。

なんでイギリス人は、
最後まで見ないのでしょうね?


こちらは映画とは関係ありませんが、
先日、通勤途中で見た空です。

22AF63D7-F4DA-4FCE-B955-FC800902F113.jpeg
クルンと緩やかな軌道を描く飛行機雲が
灰色がかった青い空に映えていました。