上司に話しました

先週からお騒がせしている同僚のことについて、
昨日、上司と話をしました。

こちらの同僚のことです ↓

皆さんのアドバイスを受けて、
まず、話す相手を選びました。

直接の上司(マネージャー)は
「不思議ちゃん」と陰で呼ばれていて、
人の話を聞かないタイプと言いますか、
自分の聞きたいように話を聞く人なので、
私が話した内容が正しく伝わらない可能性があると思い、
その上の上司に話をしました。

マネージャーを飛び越したことで、
もしかすると何か言われるかもしれないと思いましたが、
その話をした上司は、
私を無視している同僚の上司でもあるので、
一応、筋は通るのではないかと思ったからです。

勘違いされた「告げ口」が、
本当のことになってしまう・・・

と悩みはしましたが、
昨日の午前中に行った病院で言われた、
先生の言葉が背中を押してくれました。


話は前後するのですが、
ここのところ胃腸の調子が悪いので、
昨日の午前中に診療所へ行ってきたのです。

普段は、そんなに早く
診療所の予約が取れることはないのですが、
先日、診療所に電話したときに、
ちょうど予約のキャンセルがあったらしく、
その枠に入れてもらえたのです。

そこで、金曜の午前中に会社を休んで、
診療所へ行ってきました。

10時15分の予約だったのですが、
いつもは30分くらい待たされるのに
なんと、10時くらいに診察室に呼ばれました。

胃の調子を説明して、触診してもらい、
そこで、会社でストレスを感じていることを
先生にポツリと話したら、声が詰まってしまいました。

すると、先生はこう言いました。

「どうしたの?大丈夫?
ちょうど君の前の人が来なかったから、
時間はたっぷりあるから、
何か辛いことがあるなら話してみたら?」

英語だし、会社の事情を知らない人だし、
言っても通じるかどうか分からないけど・・・
と思いつつ、ポツリ、ポツリと
会社で無視されている状況を話しました。

話しているうちに涙が出てきてしまい、
先生は箱ティッシュをもってきてくれました。

先生も「それは、上司に相談したほうがいい」
と言ってくれたのですが、
私が上司に言うことで、
彼女が解雇されてしまうかもしれないと思うと
どうしても言うことができない、と答えました。

すると、シャキシャキした話し方をする、
南米系と思われる若い男性の先生は、
こちらがビックリするくらい、
あっさりと こう言ったのです。

「冷たい言い方かもしれないけれど、
僕の患者は君なんだから、
彼女のことなんて、どうでもいいんだよ。

僕の患者は彼女じゃなくて君なんだから、
僕の義務は、君の健康について考えることなんだよ。
だから、彼女の健康とか進退とか
僕には関係ないんだよ。

そもそも、それで解雇されたなら、
彼女のこれまでの行動の結果だよ。

僕は、医者としてストレスを軽減するために
上司に言うことを勧めるよ」

聞いた直後、一瞬思考が止まりました。

「彼女なんて、どうでもいい」と、
すっぱりと、はっきりと言い放った、
その潔さに、あっけにとられたのです。

でも、こう言われたときに、
「告げ口」をすることに対する
免罪符を得たような気がしました。

自分でもズルいとは思いますが、
「医者がそう言うんだから」
「私は、私を守らなくてはならないんだから」
そんなふうに自分を納得させることができたのです。

その先生は、ひとしきり話を聞いてくれた後、
2週間後に診察の予約を入れてくれました。

「その時までに状況が改善するよう、
上司に言うんだよ」

そう言いながら、
先生は私を励ましてくれました。


そして、いざ上司に話してみたら、
「肩透かしを食った」というと
言い過ぎかもしれませんが、
あっさりと話が終わりました。

というのも、彼女には前歴があるため、
今回も同様のことが起きていたことを、
上司も気づいていたようなのです。

考えてみれば、彼女が大きな声で、
同僚や他の部署の人たちに
「イチイが告げ口した」と触れ回っていたので、
上司の耳にも入っていても当然です。

しかも、その態度の豹変ぶりに驚いたことを話したら、
こう言われました。

「ああ、そうなんですよね。
あの人、こちらがビックリするくらい豹変するんですよね。
その状況、分かります」

おそらく、私の前任者たちが、
同じことを上司に訴えていたらしく、
上司も、彼女の問題を認識していたようです。

あまり人のことを悪く言うのは嫌なので、
彼女の冷たい態度などを説明する手間が省けて、
とても助かりました。

また、ミスのフォローについて話したときも、
こう言われました。

「彼女は、なぜか自分はミスしないと思ってるからね。
実際は、半分以上にミスがあるんだけど」

・・・なんだ、何もかも知ってたんだ。

そう思ったら、肩の力が抜けました。

そして、その上司はこう言ってくれました。

「これまで気をつかって、
上手く関係を保ってくれたことには感謝しています。

あなたが悪いとは思っていないので、
自分を責めないでください。

すぐにどうこうすることはできないけれど、
彼女の性格を加味したうえで、
こちらでも対応を考えてみるから、
あまり一人で抱え込まないで、
何かあったら、いつでも話してください」

これを聞いたときに、
この上司に話して良かった・・と思いました。


たぶん、これまでの私だったら、
「もう、いいや・・・」と思って、
状況を変える努力をする前に、
転職先を探していたと思います。

実は、「ダメだ」と思い詰めて、
派遣会社に履歴書を送ったりしたのですが・・・

でも、そちらへ逃げる前に、
今の状況を改善するために出来ることはあったんだな、
と改めて思いました。

すぐに状況は変わらないかもしれませんが、
少なくとも、私が完全な悪者と思われていないことが分かって、
気持ちが楽になりました。

皆さんにも色々と励まして頂いて、
感謝しています。

どうもありがとうございます。

これからも無視され続けるのかもしれませんが、
それでも、分かってくれる人は分かってくれている、
と信じることができたので、
なんとか頑張れると思います。


そういえば、診療所で胃痛のために、
2種類の薬を処方してくれたのですが、
その合計金額が18ポンド(約3千円)もしました。

診療代は無料だけど、
薬代が100%負担なのが辛いです。

66C602CC-B78A-46E6-8971-EC1A030BC0F7.jpeg