自分の言葉を翻す潔さ

昨日、Aさんのズンバ インストラクター デビューの
クラスに行ってきました。

初めて行ったジムだったのですが、
入口のゲートを通って目の前にある、
普通はバスタオルが入っている棚が
見事に空でした。


4A8B969E-EFF4-4A4A-B2B2-8AD7200266E7.jpeg

Aさんから「タオルを貸してくれるジムだよ」と聞いていたので、
タオルを持ってきていませんでした。

最近のロンドンは格安ジムが増えて、
タオルを貸してくれないジムが大半になってしまったので、
あらかじめAさんに確認しておいたのですが・・・

今さら家に帰ってタオルを取ってくるわけにもいかず、
仕方なく更衣室に降りて行ったら、
ジムのバスタオルを持っている人がいました。

どうやら、在庫を補充していないだけのようです。

そこで、スタッフを探したのですが、
なかなか見つかりません。

5分くらい探し回って、ようやく見つけて、
タオルを借りることができたのですが、
ここは格安ジムに比べると会費が倍くらいするのに、
こんな有様とは、驚きました。

このジムでインストラクターをしている
Aさんの知り合いの話では
9月にスタジオクラスの再編があったとき、
コスト削減のために
幾つかのクラスがなくなったそうです。

もともとインストラクターとして
食べていくつもりはありませんが、
昨今のジム業界は厳しいのだなぁ・・・
と改めて実感してしまいました。

Aさんのインストラクターデビューは
無事に終わりました。

ただ、次の動きが分かりずらい気がして、
どうしてだろう?と考えてみたら

いつも受けているズンバのインストラクターは、
皆が動き出す前、
ちょうど1テンポ先に動き出しているので、
次の動きが分かりやすいことに気づきました。

私たちは無意識に真似するだけですが、
イントラになるには、
そういうテクニックも必要になるんですね。


クラスの後で、
近くのカフェでAさんとお茶をしたのですが、
Aさんは銀行関係に勤めていて
良いお給料をもらっているようで、
知り合いのカバー以外では
インストラクターをするつもりはないそうです。

でも、笑ってしまったのが、
Aさんがズンバブランドのエクササイズ着を
3セットも買っていたことです。

イントラ養成コースの日、
1.5mくらいの長さのハンガーレールに
ズンバ ブランドの服が並んでいたのです。

「25%引きで買えるからお得よ」と先生に言われて、
Aさんと一緒に物色してみたのですが、
そのとき、Aさんは少し小馬鹿にしたように、
こう言っていたのです。

「あからさまにZUMBAと書かれているのなんて、
絶対に嫌よ! なんか、いやらしい感じがするもの」

でも、結局、その後で気が変わったそうで、
イントラ専用のオンラインサイトで、
25%引きで買ったのだそうです。

しかも、上下あわせて3セットも・・・


昨日、Aさんが来ていたウェアがズンバブランドで、
しかも、パンツが鮮やかなピンク色だったので、
「あれ? これ、買ったの?」と聞いたら、
少し照れたように「えへへ、やっぱり買っちゃった」
と笑いながら答えていました。

その様子を見て、
私にはこういうの、できないなぁ・・・
と思ったのです。

一旦、口にしたことを翻すのは、
なんだか潔くない気がして、
私だったら、「欲しいな」と思っても、
意地を張って、買わなかったような気がします。

でも、最初に考えていたことはどうあれ、
もし本当に気に入ったなら、
「良いものは良い」
「気に入ったものは、気に入った」と切り替えて、
かつての判断が間違っていたことを素直に認めて、
自分の欲しいものを手に入れるAさんの姿勢を見て、
「なんとなく潔くない」という考え方が、
何の根拠もないことに気づきました。

むしろ、「私の判断は間違っていました」と
自分の非を認めることのほうが、
ずっと潔い気がします。

人生には、取り返しのつかない判断もありますが、
たかがズンバブランドのウェアくらいのことだったら
「あんなにバカにしていたのに、
今さら『欲しい』なんて言えない」などと思わずに、
いくらでも判断を翻して、
自分に素直な行動をとりたいと思いました。

なぜなら、こういう「今さら恥ずかしい」という気持ち、
自分で自分のことをジャッジしていることが、
素直に生きることへの
妨げになっているような気がしたのです。

『自分の気持ちに素直になる』と言うのは簡単ですが、
私には、いろいろと乗り越えないといけないハードルが
あるような気がします。

でも、流されたり(これが一番多いのですが・・・)
変に意地を張ったりすることなく、
自分の気持ちに正直に行動するよう、
努力したいと思いました。

にほんブログ村 花・園芸ブログ ガーデニングへ
posted by イチイ at 21:26Comment(2)考えたこと