なんだか気持ちが落ち着きません

今朝、地元の診療所に行って、
大きな病院への紹介状を貰ったことを書きました。

無事に血液検査を受けることができましたが、
結果が分かるまでに1週間くらいかかるそうです。

そして、2週間後に、
ロンドンにあるガン専門の病院で、
スキャンと組織採取の検査をすることになりました。

緊急扱いにしてくれましたが、
検査が受けられるのが2週間後です。

これって緊急なのかな?と思いましたが、
普通に紹介状をもらうだけだと、
4~9週間かかるのだそうです。

ネットで調べてみたら、
仮にガンだったとしても
甲状腺のガンは進行が遅いらしいので
大丈夫だとは思いますが・・・

私の腫れは1ヶ月弱の間に
ピンポン玉大にまでなったので、
ガンではないのか、
それとも進行が速いのかもしれません。

甲状腺の腫れが100%ガンというわけではなく、
水が溜まっているだけのこともあるそうで、
とりあえず早めに検査をしたほうがいい、
と言われました。

仮にガンだったとしても、
ほんの2年くらい前までは
この世に何の未練もなくて、
生きていても、死んでいても同じ・・・
と思っていました。

仮に、余命が数年ということになったとしても、
「ま、仕方ないかな」とは思うものの、
以前だったら「人生、そんなものよね」
と諦めていたと思いますが、
今は「死ぬ前にあれをやっておきたい」と思うことが
いくつかあることに気づきました。

たとえば、子供の頃にピアノを習いたかったのですが、
家が貧乏だったこともあり、
習うことができませんでした。

今から弾けるようになるのか分かりませんが、
もし、すらすらとピアノが弾けるようになったら
きっと素敵だろうな・・・と思います。

それから、色んな美術館に行って分かったのですが、
私は水彩画の淡い色合いが好きみたいなので、
いつか自分で、自分の気に入った色を使って
素敵な風景画が描けたらいいな・・・とも思います。

それに、下らないかもしれませんが、
学生のときに初めて行った、
東京ディズニーランドの印象がとても強いので、
いつかパリのディズニーランドにも行ってみたいです。

しかも、贅沢を言うなら、
ディズニーのオフィシャルホテルに泊まってみたいです。


いつかお金が貯まったら・・・

いつか生活に余裕ができたら・・・

いつか残業せずにすむ仕事についたら・・・

いつかピアノが置ける家に引っ越せたら・・・


そんな風に、漠然と「いつか・・・」と思っていましたが、
もし仮にガンだったとしたら、
その「いつか」は永遠に来ないかもしれません。

そう思ったら、
居ても立ってもいられなくなりました。

死ぬのは仕方がありません。
だって、人はいつか死ぬのですから、
それが自分に定められた寿命と諦めるしかありません。

でも、もしあと1年とか2年で死ぬとしたら
今の現状を考えると、
2年以内に「お金が貯まる日」も
「生活に余裕が出来る日」も来ないことは
火を見るよりも明らかです。

パリのディズニーランドに行って
オフィシャルホテルに泊まるのは、
たぶん、今でも無理すればできると思いますが・・・

いつか私がピアノを弾けるようになる日も、
美しい色の水彩画を描く日も、
私の人生に訪れることはないでしょう。

そう思うと、「人生を無駄に過ごしてた」という思いで
心の中がいっぱいになるのです。

ガンと決まったわけではありませんし、
仮にガンだったとしても死ぬとは限りません。

でも、やっぱりそういうことを
考えずにはいられないのです。

「やり残したこと」とまでは言いませんが、
人目を気にしたリ、
お金がもったいないからと思ったり、
時間がないからと言って、
やらずにいたことが色々と心に浮かんできます。

なんだか うまく気持ちをまとめることができませんが、
焦りと、後悔と、無為に過去を過ごしてきた自分への怒りと、
そんな気持ちが心の中で渦巻いています。

今は、検査の日を待つことしかできませんが
出来るだけ気持ちを明るくしていけるよう心がけて
毎日を過ごしていこうと思います。


こちらは、市内で見かけた電話ボックスです。

A2BE1611-ACBC-424A-8047-E3C7A03F1808.jpeg

でも、この電話ボックスの中に電話はなくて、
ゴミが散乱していました。

どうやら放置された電話ボックスに、
誰かが落書きをしたようです。

なんだかアーティスティックな落書きで、
こういう落書きなら人迷惑どころか、
道行く人の目を楽しませてくれていいなぁ、と思いました。



にほんブログ村 花・園芸ブログ ガーデニングへ
posted by イチイ at 23:36Comment(10)健康になるために

初めて会社より自分を優先しました

2週間ほど前に、
喉にしこりができていることを書きました。

その後、しこりは少しずつ大きくなって、
今はピンポン玉位になっています。

しこりがあるのが分かって、
すぐに医者の予約を取ったのですが、
予約が取れたのが
約2週間後の今日でした。

今朝、病院に行ったら、
詳しく話をしたり、触診したりして、
おそらく甲状腺が腫れているのが原因だろう、
との事でした。

進行が早いので、
すぐに検査を受けたほうがいいと言われ、
緊急扱いで、大きな専門病院でのスキャンを
手配してくれました。

しかし、専門病院である
マクミランがん研究センターで
スキャンの予約が取れたのが、
今から2週間後でした。

ドクターは少し考え込んだあと、
こう言いました。

「血液検査も受けておきましょう。
大した結果は得られないかもしれないけれど、
少なくとも、今日検査を受けることができますから」

そして、ドクターは
近くにある大きな病院で血液検査を受けるための
紹介状を書いてくれました。

紹介状を渡されながら
「今日、検査を受けに行けますか?」
と聞かれたのですが、
とっさにこう答えていました。

「今日は11時から大事な会議があるので、無理です。
でも、できるだけ早く行くようにします」

すると、ドクターは「そうですか」と
少し残念そうな表情を見せました。

でも、病院を出た後、思ったのです。

この会議は、もともと私の仕事ではない、
例の押し付けられた仕事に関する会議なのです。

 1日夜2日検査を受けるのが遅れたって
大丈夫だと思いますが、
上司に訴えても助けてくれない
理不尽な仕事のために、
なんで自分の健康を犠牲にしなきゃならないんだろう?

そう思った私は、少し考えた後、
会社に電話をして、
その会議をリスケジュールすることを
参加者に連絡を伝える頼みました。

実は、これまで会社に何かを頼まれたとき
「できません」と言った事はありません。

厳密に言うと「できません」といっても、
結局押し付けられてしまった仕事も多いのですが、
最終的には全て引き受けています。

どうにかして、自分を犠牲にしても、
なんとか彼らの要求をに応えようと
常に努力してきました。

今、生まれて初めて、
会社のよりも自分を優先させて、
会社の要求(要求と言うほどでもないかもしれませんが) に
 「No」と言って自分を優先させることができました。

今は、大きな病院の待合室で
血液検査の順番を待っています。

「やっちゃった…」という思いと、
「これでいいんだ!」と思う自分とが、
心の中でせめぎあっています。

0D400C99-8FB4-4F2B-9155-C86E94832A4B.jpeg

「ガンの可能性もある」と言われた割には、
自分の生命の心配よりも、
会社に対する心配に胸を震わせている自分に、
なんだか笑ってしまいます。

私の人生、こういう考え方が染み付いているなんて、
やっぱりどこかおかしいのでしょう。

しかしアラフィフになって、
ようやく少しずつ
正しい方向に自分の考えを
修正できているような気がします。

にほんブログ村 花・園芸ブログ ガーデニングへ
posted by イチイ at 11:00Comment(12)健康になるために