ヘレン・アリンガムという画家

先日、水彩画を買いました ↓

1つは届いたのですが、
まだ写真を撮っていません。
額を買って来るまでは、
もともとのパッケージに入れておこうと思い、
まずは額を注文しました。

そして、私も水彩画が欲しいな・・・
と思うきっかけになったのが、
ヘレン・アリンガムとうい女性が描いた、
こちらの水彩画です。

A2FD6CEE-6510-4F1A-9EB1-8D9A92DB6200.jpeg

イギリスの田舎の風景で、
エニシダやヒースが咲いているので、
おそらく環境の厳しい平原のようです。

この絵の色合いが気に入って、
いつまでも眺めていました。

Fenton House の階段に飾ってあって、
最初に行ったときは見過ごしていた、
小さな水彩画です。

Fenton House 内には、
割と沢山の水彩画が飾ってあって、
画家によって色使いや
筆遣いが違うのが分かります。

今日は温かな陽気だったせいか、
大勢の人たちが訪れていました。

お庭も、遠くから見ただけでも、
色鮮やかな秋の花で彩られているのが分かります。

72608A18-4A79-43E2-AFCF-4196C3CEAB90.jpeg

ところで、今日なんとなく気になったのですが、
こちらのデスクランプの横に飾ってあるもの、
ラーメン丼のように見えます。

119B7849-A7C2-454F-9ECC-DC7AFD2AF2B9.jpeg

近づいて見ても、
やっぱりラーメン丼にしか見えません(笑)

520302C4-8937-4321-A9E7-84F76393EA31.jpeg

ガイドさんも由来をご存じないそうで、
おそらく中国のものだろうとのことですが、
目的は良く分からないそうです。

模様が鮮やかだからか、
オーナメントとして扱われていましたが、
私の目には、ラーメン丼が、
あたかも重要なもののように飾られているようにしか見えず、
なんだかしっくりきませんでした。