自分の周りに、自分を笑顔にしてくれるものを置きたい

昨日は気分が落ち込んでいたこともあり、
せっかくのお天気だったのに
家から一歩も出ませんでした。

ネットサーフィンをしたり、
いまだに手続きが完了しないアパートに
置くための家具を探してみたり、
ベッドの上でゴロゴロしてみたり、
無為に過ごしていた1日でした。

そんな過ごし方をしていたのですが、
先日訪れた Fenton House で
気に入った水彩画があったのを思い出し、
その作家の絵が欲しいな・・・と
探してみたのです。

その画家は Helen Allingham という
19世紀後半から20世紀前半に活躍した女性で、
柔らかでありながら鮮やかな色合いと
わずかに霞がかったようなタッチが特徴の
優しい雰囲気の絵を描くのです。

Helen Allingham の絵は、
小さな水彩画でも百万円以上するので買えませんでしたが、
何かきれいな水彩画が欲しいな…と思い、
手頃な価格のものがないかネットで探してみたのです。

すると、Esty というサイトを見つけました。
色んな人たちが手作り品を販売しているサイトです。

そのサイトを2時間くらいかけて物色し、
幾つか気に入ったものを見つけたので、
思い切って購入しました。

今の部屋に飾ってもいいし、
アパートが手に入ったら、
アパート購入記念として部屋に飾ってもいいかな、
と思ったのです。

そして、4枚の絵を買うことにしました。

この下の2枚は、イギリス在住の方が描いた、
スケッチ的なイギリスの田園風景です。

616DFC8B-7962-4CE3-807B-BC0FCF3C6903.jpeg

これを描いた方は水彩画の教室を開いていて、
生徒さんたちの前でデモンストレーションとして
描いた絵を販売していました。

暗くて長い冬に観たら、
明るい春を思い出させてくれそうな、
明るい色の元気な絵のように思ったのです。


そして、この下の2枚は、
イタリアに住んでいる女性が描いたものです。

CB950EF2-60F4-4867-B211-2698404165BB.jpeg

こちらは「私は画家として協会に登録されています」
と書かれていましたので、
画家を本業としている人のようです。

写真だと分かりずらいかもしれませんが、
「さすがイタリア人!」と唸りたくなるような、
鮮やかな色彩センスに心惹かれました。

風景画のはずなのに、
まるで夢の国のような色合いで、
見ていると明るい気分になるような気がしたのです。


何もせずにゴロゴロしていたくせに、
お金ばっかり使って・・・と思いながらも、
「私のアパートに飾るんだもん!」と
自分に言い訳をしつつ、買ってしまいました。

1枚あたり20-30ポンドくらいなので、
100ポンド(約1万5千円)くらい使ってしまいました。

自己満足の無駄遣いだったかもしれませんが、
言い訳をさせていただくと、
自分の気持ちを明るくしてくれるもの、
を買いたかったのです。

明るい色彩の絵画が、
常に目に入るところにあったら、
それを目にしたときだけは
気持ちが明るくなるんじゃないかな?と思ったのです。

自分の周りに、
自分を笑顔にしてくれるものを置いておけば、
少しは Happy だと思える時間が増えるのではないか、
そんな期待を込めて買ったのです。

この写真だけだと分かりずらいと思いますので、
絵が届いたら、また写真をご紹介しますね。

にほんブログ村 花・園芸ブログ ガーデニングへ
posted by イチイ at 22:20Comment(8)考えたこと