事件が起きました

ボランティアで手伝っているガーデンに、
ガーデン荒らしが入りました。

金曜日の夜中、
3時くらいのことだそうです。

ガーデンに隣接しているアパートの住人が
大きな物音に驚いて、
窓から外の様子を見てみると、
なんと男性4人が歩道の石を外して、
ガーデンの中に投げ入れていたそうです。

ガーデン内のテーブルや
イスをめがけて投げていたそうで、
当たると大騒ぎして喜んでいたそうです。

このガーデンは、夕方になると
ゲートの鍵をかけて閉めているのですが、
男性たちは、そのゲート(鉄柵)を乗り越えて、
今度はテーブルやイスを投げて、
テラスの柵を壊して大騒ぎしていたそうです。

それを目撃した人は女性だったそうで、
外に出て注意でもして、
逆に襲われたら怖いと思い、
警察に通報したそうです。

でも、警官が来た時には、
すでに男たちは逃げていたそうです。


Jさんと目撃した女性から話を聞いて
私はこう尋ねました。

「若い子供たちが、ふざけていたのですか?」

「いいえ、大人だったわ」

「じゃ、酔っぱらっていたのでしょうか?」

「そうは見えなかったわ。
呂律も回ってたし、
足取りもしっかりしてたから」

「・・・・・・・」


酔っぱらってもいない、
しっかりした分別があるはずの大人が、
地域の人たちが協力して大切にしている庭を壊すなんて、
その動機が、さっぱり理解できません。

Jさんの話では、
朝9時頃にもう一度警察が来て、
壊されたものなどを検証した後、
近所の人たちが手伝ってくれて、
大急ぎで壊れたイスやテーブル、
テラスの手すりを直してくれたそうです。

そして、庭は10時にオープンする予定でしたが、
それよりも少し遅れて、
どうにかオープンにこぎつけたそうです。

壊された状態の写真、
近所の人たちが直してくれている写真、
直った後の写真を見せてもらいましたが、
どうしてこんなことができたものか、
目を疑うばかりです。

このガーデンは、13年くらい前に、
もともとゴミ溜めのようになっていた、
線路横にある、小さな急斜面でした。

そこをボランティアの人たちが協力して、
何年もかけて、ゴミを拾い、
石をどけて、土を改善し、
植物を植えて、はぐくんできた公園です。

大勢の人たちが時間をかけて、
自分たちの街に憩いの場を作ろうと、
手間暇と愛情をかけて作られたガーデンで、
そして近所の人たちも楽しんでくれている、
小さいながらも、
とても個性的で居心地のよい空間になっています。

それを壊す神経が、理解できません。

破壊衝動というものでしょうか?

何かを壊すことが、楽しいのでしょうか?

私たちに恨みがあって、
今週末のイベントを
滅茶苦茶にしようとしたのでしょうか?

いずれにせよ、近所の人たちの協力のおかげで、
無事に Open Square Garden を
終えることができましたが、
心の中は「ひどい・・・」の一言しか出てきません。

壊されたテラスの柵は、
今はこんな風に添え木をして、
タイラップで結ばれています。

07B07933-5C62-430B-931C-F0735A1C9D19.jpeg

写真がないのですが、
実は、この手すりの向こうは2mくらい低くなっていて、
そこに咲いている赤いバラを、
この手すりとネットに誘引していたのです。

手すりの横にあるテーブルに座ると、
ちょうど顔の位置に手すりの枠木があって、
そこに沿うように真っ赤なバラが咲いていました。

でも、柵ごと、
その赤いバラが折られてしまったのです。

急いで家に帰って、
麻ヒモと大きめの剪定バサミをもってきて、
無理やりもがれた枝や、
折れ曲がっている茎を整理し、
なんとか残っている枝を使って、
可能な限り誘引しました。

CBBFB48C-99AF-4E2D-9740-9992B5DCA604.jpeg

この柵(ネット)の向こう側がテラスになっていて、
あちら側からテーブルやイスや大きな石を、
この柵に向かって投げたようで、
テーブルやイスが柵ごと写真のこちら側に向かって
なぎ倒されていたそうです。

柵の右半分がなにもありませんが、
この時期のバラは冬の枝と違って
無理に曲げようとすると折れてしまうので、
誘引するのも、これが限界でした。

それよりも、バラが可哀想で・・・

せっかく見事な枝を伸ばして、
花を沢山咲かせてくれていたのに、
まだ蕾が沢山ついている枝が何本もあったのに、
全部、折り取られていました。

「ごめんね。人間を嫌いにならないでね」

そう話しかけながら、
ぶらりと下を向いて垂れ下がっている、
まだ蕾のついているバラを切っていました。

5E4DD263-04E3-4699-8AA8-D5E128EF06E8.jpeg

変な話に聞こえるかもしれませんが、
このバラにしてみれば、
真夜中に寝ているところを、
いきなり襲われて、
切りつけられたようなものです。

バラに意識があったなら、
さぞかし心細くて怖かっただろう・・・と思うと、
涙が込み上げてきました。

これから咲いたであろう蕾が沢山ついた枝を切りながら、
「かわいそうに。痛かっただろうに。
突然のことで、怖かっただろうに・・・ごめんね」
と、声をかけながら、
文字通り、泣く泣く枝を切っていました。


これが人間相手だったら立派な犯罪で、
傷害罪で重い罪になると思います。

警察だって、
本腰を入れて犯人を捜すでしょう。

でも、植物だから、
被害に遭ったのはモノだから、
警察はそこまで本気で犯人を捜す気はないようで、
検証だけして、帰っていったそうです。

植物にだって命はあるのに・・・と、
躍起になって文句を言うつもりはありません。

でも、その犯人はお咎めなしだから、
もしかすると、また同じことをするかもしれません。

13年前からこの公園を作り続けてきたJさんも、
これを見た時にはショックで、
思わず涙が出てきそうになった、
と話していました。

被害はモノだけだなく、
人の心にも傷を与えているのです。

でも、そういうキズは目に見えないし、
犯罪として立証することもできません。

そう思うと、やるせない気持ちになります。


にほんブログ村 花・園芸ブログ ガーデニングへ
posted by イチイ at 23:29Comment(6)誰かのためにできること

ひどいことになっていました

昨日1日、グラストンベリーでゆっくりしていた間に、
ロンドンではひどいことが起こっていました。

今週末はオープンスクエアガーデンと言う
イベントだと先日書きました。

ガーデンの入り口に、
朝から夕方までテントを張って、
訪れる人にリーフレットを渡したりする役目を、
昨日はJさんに任せていたので、
朝からガーデン行きました。

すると、Jさんが私の顔見るなり
こういったのです。

「昨日はとてもひどいことが
起きたんだよ!」

今まだ出先なので、
詳しいことを説明する時間がありませんが、
ガーデンの一鶴がこんなふうになっていたのです。

5E4DD263-04E3-4699-8AA8-D5E128EF06E8.jpeg

これだけじゃありません、

簡単に言いますと、
金曜の夜中に誰かが侵入して
庭を荒らしていたのです!

その荒らされ方が
びっくりするほどのもので
なんと警察沙汰になっていました。

また後で詳しくお話しさせてください。

にほんブログ村 花・園芸ブログ ガーデニングへ
posted by イチイ at 21:57Comment(0)日記