新しい剪定ばさみ

通販で、新しい剪定ばさみを買いました。


バラの冬剪定をしすぎて、

右手が腱鞘炎になったので、

ラチェットタイプという、

テコの原理で少ない力で切れるという剪定ばさみです。


買うかどうか暫く迷っていたのですが、

思い切って買うことに決めたのです。


先週、Amazon で注文した品が届いたので、

週末に使ってみました。


IMG_4322_800x600.jpg


・・・でも、3本の枝を切っただけで、

使うのをやめました。


受け刃の部分(オレンジ色の下側の刃)が金属ではなくて、

プラスチック(?)製のようで、

スパッと切れないのです。


1cmも満たないバラの枝を切っても、

ぐにゃっと枝が潰れてしまい、

とても使えた代物ではありませんでした。


Amazon のレビューが高いものを

選んで買ったのに・・・


不良品なのか、

それとも、もともとそういう仕様なのか、

どちらなのかは分かりませんが、

お金を損した気分です。


バラはスパッときれいな切り口でないと

雑菌が入って枝が枯れてしまうので、

私は毎週ヤスリで刃を研いで、

使う前に刃除菌シートで拭いて

殺菌してから使っています。


そんな手間暇をかけても、

肝心の切り口がスパッとしていなければ

意味がありません。


やっぱりこういうものは通販ではなく、

実際に手に取ってみないとダメなのですね。


もったいないですけれど、

勉強代と思って諦めます。